胃腸薬

胃腸薬の上手な選び方・使い方

胃がもたれる、胸焼けがする、吐き気がする、食欲不振などの症状を改善するお薬です。
胃もたれの原因としては食べ過ぎや胃の疲れなどがあります。胃内の食べ物の消化を手助けする消化薬として(アミラーゼ)、(リパーゼ)があります。
胸焼けの原因には胃酸の分泌過多、胃酸の食道への流入があり、胃内の胃酸の分泌を抑える薬としてH2ブロッカー(ファモチジン、ラニチジン等)やガストリン拮抗薬(ピレンゼピン)、抗コリン薬(チキジウム、ロートエキス)などが挙げられます。胃酸分泌を抑える作用はH2ブロッカーが強力な胃酸分泌抑制作用を示し、ガストリン拮抗薬、抗コリン薬はそれよりも弱い胃酸分泌抑制作用を示します。また胃酸を中和する制酸薬(水酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム等)があります。
胃酸や疲れにより胃が荒れている場合には、胃の粘膜を保護する薬として(スクラルファート)、(テプレノン)などがあります。自分の症状に当てはまる薬剤を選択し、正しく服用することが重要です。市販されている胃腸薬の剤形には口腔内崩壊錠や散剤、液剤などさまざまなものがある製品もあり、飲みやすいものを選ぶのもよいでしょう。服用を続けても症状が改善しない場合や、症状が悪化した際にはお近くの医療機関へ受診、相談をするようにして下さい。

胃腸薬の副作用と注意点

胃酸の分泌を抑える薬の副作用には消化器症状が多くみられ、腹痛や下痢などがあります。強力な胃酸分泌抑制作用ををもつH2ブロッカーは心臓の筋肉にも作用し、不整脈や血圧低下、めまい、立ちくらみなどが起こることもあります。
高齢者には認知機能の低下やせん妄などの副作用が起こることもあり、心臓病のひとや、高齢者には特に注意が必要です。抗コリン薬は胃の蠕動運動も抑制するために胃の働きが弱くなっているひとが服用すると悪化する事があります。
制酸薬には大きな副作用はありませんが、炭酸水素ナトリウムを含む製品は服用することで胃酸と反応し、塩化ナトリウムになるため、高血圧や塩分制限のあるひとには注意が必要です。また、腎臓の悪いひとや高マグネシウム血症にひとは症状が悪化する事があるので注意が必要です。胃の粘膜を保護する薬の副作用には口の渇きや便秘があります。決められた飲み方を守って使用してください。なお、胃腸薬は、15歳以上を対象とするものが多く、妊婦や妊娠中の人、授乳中の人も使用できないか、医師などと要相談となっていますので、注意が必要です。また、使用を続けても症状が改善しない場合や症状が悪化する場合には速やかに医療機関への受診をするか、相談をするようにして下さい。

胃腸薬の飲み合わせ

H2ブロッカーのシメチジンを含む製品は併用薬の分解を遅らせ、テオフィリンやカフェインなどの血中濃度を上昇させ、嘔吐、頭痛、頻脈などが現れるため注意が必要です。
カフェインはコーヒーやチョコレートのような食品にも含まれているため、これらの食品の過剰摂取は控えるようにしましょう。制酸薬の多くは、アルミニウム、マグネシウム、カルシウムを多く含んでいるのでテトラサイクリン系抗生物質と併用することでテトラサイクリン系抗生物質の吸収を阻害するため注意が必要です。
牛乳を飲むことによって高カルシウム血症を引き起こすこともあります。また、制酸薬は胃酸を中和する薬のため炭酸飲料を同時に飲むと胃酸ではなく炭酸を中和し本来の働きが弱まることがあるので制酸薬服用の前後2時間は炭酸飲料を控えるようにしましょう。抗コリン薬を含む製品は、風邪薬や鼻炎用内服薬にも含まれていることがあるため、併用することで口渇、便秘、吐き気、頭痛、めまい等の副作用が強く現れることがあるため、注意が必要です。また、ロートエキスを含む製品はフェノチアジン系の安定剤や三環系抗うつ薬と服用することで互いの作用が増強し副作用が現れやすくなる恐れがあります。常用薬がある場合には医師、薬剤師に相談し、一緒に服用してもよいかを確認しましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する薬カテゴリ

胃腸薬一覧