下痢止め薬

下痢止めの効果・副作用/薬の選び方と飲み合わせの注意点

通勤、授業中、急な下痢は辛いものですよね。
しかし、下痢止め薬を服用する際は、注意が必要なことをご存知でしたでしょうか?

薬によって対応する下痢の種類も違い、場合によっては下痢止めを使うと危ない症状もあります。

ここでは、下痢止め薬の種類、効果、副作用などを医師が詳しく解説いたします。

下痢の種類


浸透圧性下痢


食べ過ぎや飲み過ぎによって起こる下痢です。

分泌性下痢


食中毒や感染症によって起こる下痢です。O157やノロウイルスなどが原因で起こります。

滲出性下痢


分泌性下痢と同じ食中毒や感染症によるものが原因です。

蠕動運動性下痢


食事や精神的ストレスによって、腸の動きが必要以上に活発になってしまうことによって起こる下痢です。

下痢止めの効果・作用


整腸


腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を整えます。抗生物質を飲むと腸内の善玉菌が減るため、下痢を予防するために内服することもあります。

腸内殺菌・腸内静菌作用


腸内の病原菌の増殖を抑え殺菌し、細菌による下痢に作用します。

原因となる菌はサルモネラ菌・病原大腸菌・カンピロバクターが代表的で、感染した場合、血便がみられることが多いです。

また、海外旅行などに行った際に感染することが多い、赤痢菌やコレラ菌も原因菌のひとつとなります。

腸の蠕動運動を調節する


腸の過剰な動きを抑え、過敏性腸症候群など多くの下痢の症状を改善します。
月経に伴う下痢が起こる場合も、腸の動きが過剰になっているので同様に症状を抑制する効果が期待できます。

腸粘膜を保護・腸管内の水分を調節する


腸粘膜の炎症をしずめ、分泌液が腸内に染み出すのを防ぎます。炎症により腸粘膜が傷つき、水分を吸収する力がなくなっている下痢を緩和します。

腹痛を抑える


乳糖の分解を助け、牛乳を飲むとお腹を壊す方の症状を改善します。

下痢止め薬の種類と選び方


ロペラミド


アセチルコリンの遊離を抑制し、腸の蠕動運動を抑制します。

クレオソート


大腸の過剰な蠕動運動の正常化・腸管内の水分調整・腸内静菌作用を持ちます。

オウバク


腸内静菌作用を持ち、健胃作用も有しています。

ロートエキス


腸の異常収縮を抑え、便の移行スピードを抑制します。腹痛を伴う下痢に効果的です。

べルべリン


腸粘膜保護作用や消炎作用、腸管内の水分過多を抑制する作用を持ちます。また、腸内の腐敗醗酵を抑える作用も有しています。

シャクヤク


腹痛を和らげる作用を持ちます。

下痢止めの副作用


下痢止めにも副作用があり、下痢止めに含まれる代表的な以下の成分が、副作用の原因となる場合があります。

木クレオソート


腸内の蠕動運動を抑制し、水分量を調整できる効果がありますが、腸内の環境は調整できません。

塩酸ロペラミド


下痢止めとしては高い効果を出しますが、効果が過剰に出たことによって便秘を引き起こす副作用を持っています。

上の「クレオソート」同様、腸内環境を整える作用はありません。

ロペラミド


アセチルコリンの放出抑制のより、眠気やめまいを引き起こす可能性があるため車の運転や転倒に注意してください。

副作用のリスクは低いとは言え、過剰な服用は便秘症状の引き金となる場合があるため、注意が必要です。

下痢止めを使う際にはこのような副作用に十分注意しましょう。

下痢止めを使用してはいけない場合


どのような原因であっても、薬の力よりも病気の勢いが強い場合は薬を飲んでも改善しません。
以下の下痢の場合、下痢止め薬の服用には注意してください。

ウイルス性の下痢:ノロウイルス・ロタウイルス


症状が激烈で、下痢止めが効かないばかりか、下痢止めを多量に飲んでしまうと、病原体の排出が遅れ、治癒を遅らせることもあります。

吐き気と下痢があり、周囲で同じような症状のある方がいる場合、感染性の下痢を疑い、下痢止めで無理に抑えることはせずに水分補給に努めてください。

細菌性の下痢:病原性大腸菌(O157など)


O157が一例として挙げられます。

「病原性大腸菌」の中でもO157大腸菌は、腸内でベロ毒素を出し、溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症(けいれんや意識障害)を引き起こすことがあります。

下痢止めを使用するとO157が腸内でより多くのベロ毒素を出すこととなり症状が重篤化します。

食中毒などによる下痢を発症しているときは、下痢止めを使うことのないよう十分注意しましょう

下痢止め薬と他の薬との飲み合わせの注意点


下痢止めと併用しない方が良い薬は以下になります。下痢止めにロペラミドが含まれている場合は注意が必要です。






  
























薬の種類 名称注意点
制酸剤 ケイ酸アルミニウム ロペラミドの効果が減弱する恐れがあるため、投与時間をずらすなどの注意が必要
抗ウイルス薬 リトナビル ロペラミドの効果が増強されることがある
抗不整脈薬 キニジン ロペラミドの効果が増強されることがある
抗真菌薬 イトラコナゾール ロペラミドの効果が増強されることがある
中枢性尿崩症治療薬 デスモプレシン デスモプレシンの作用が増強することがある



下痢止めの成分・使用法・用量・飲み合わせに十分注意し服用してください

医療機関に行くべき下痢の判断基準


嘔吐・下痢が強く、水分を取ってもすぐ出てしまう


尿量が減っている場合や意識がもうろうとしている場合は脱水症状が疑われます。原因に関わらず点滴での水分補給が必要です。

強い腹痛や血液の混じった便、黒っぽい泥のような便が出る


腸に強い炎症や出血があることを疑うので、受診が必要です。

同じものを食べた人に下痢や腹痛が発生している場合


食中毒の可能性があります。放置すると被害が拡大する恐れがあり、保健所などと協力して原因究明と治療を進める必要があります。

下痢止め薬以外で下痢を止める方法


ツボ


いずれも少し痛い程度に押します。下痢になった際は、是非押してみましょう。






  
















名称 場所
関元
おへその約9㎝下。おへそと恥骨の間。
天枢
おへそから左右に、指2~3本分離れたところ。内蔵の働きを整えるため、便秘と下痢両方に効果がある。
下痢点
手の甲、薬指と中指の骨の付け根の合わさった部分付近。下痢の時に指で押すと痛みを感じます。
合谷
手の甲、親指と人さし指の骨の付け根の合わさった部分付近。



食べ物


ビフィズス菌、乳酸菌、オリゴ糖などを含む、善玉菌を増やす役割のある食べ物が有効です。

■ おすすめの食材
・牛乳
・チーズ
・ヨーグルト
・ぬか漬け
・キムチ
・納豆
・麹
・甜菜(サトウダイコン)
・甘酒

上記の成分を含む食品は腸内環境の改善に有効ですが、即効性は期待しにくいと思われます。

まとめ


下痢止めの薬を常に持っていると、試験など緊張する場面や外出時に心強いものですが、いつもと違う下痢の場合は安易に下痢止めを内服せず、早めに受診を検討してください。

(監修:Doctors Me 医師)
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する薬カテゴリ

下痢止め薬一覧