痔の薬

痔の薬の上手な選び方・使い方

痔は肛門周辺の炎症であるため、症状を和らげるために消炎作用のあるものが使用されます。消炎作用をもつもののとして酢酸ヒドロコルチゾンや酢酸プレドニゾロンのようなステロイド薬があり、指示通りの使用であれば安全です。ステロイドを使用するのに抵抗がある、症状が軽いという方は、ステロイドを含まないもの(グリチルレチン酸、リドカインなど)もあります。痔の薬には炎症に伴う痛みや痒みを抑えるために局所麻酔薬(リドカインなど)や抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミンなど)、また出血を抑えるための止血薬(テトラヒドロゾリンなど)、抗菌成分(クロルヘキシジン)、ビタミン剤なども含まれています。痛みや痒みの程度を薬剤師に伝えていただければ、対応する成分が配合されている製品の剤形を選択できますので相談してください。
痔の薬は外用剤が主体であり、坐薬と軟膏のものがあります。使い分けとしては、坐薬では肛門内の炎症に対して用い、軟膏の場合は肛門の外側の炎症に対して用いるのが適しています。また、注入用軟膏では肛門内側の痔には注入、肛門外側の痔では塗布というように使い分けも可能です。特に内部が切れている場合では、注入用軟膏という剤形がおすすめです。
痔の薬は、炎症の緩和が目的であり、細菌が感染した際の治療には対応はできないので、その場合は医療機関へ受診してください。

痔の薬の副作用と注意点

痔の薬は、患部が化膿している人への使用は症状の悪化の恐れがあるため、適していません。痔の薬には、ステロイド薬を含有しているものがありますが、短期間の使用であれば問題ありません。しかし、長期にわたって使用し続けると、ステロイドによる副作用が出る場合があります。特にステロイド薬は免疫を抑える作用がありますので、感染症を誘発する恐れがあります。痔の薬は長期に渡って使うのは避け、薬を使っても症状が改善しない場合には、医療機関や薬局の方へ相談してください。ステロイド薬によるその他の副作用として、皮膚が赤みを帯びたり、薄くなったりします。また、色素沈着による黒ずみや脱毛、ホルモンバランスの不調、筋力の低下などがあります。ステロイドは血圧上昇や耐糖能異常に関わっているため、高血圧や心臓病、糖尿病の診断を受けた患者は、使用前に一度薬剤師に相談してください。
ステロイド薬を含有していないもので、注意すべき成分としてグリチルレチン酸があります。グリチルレチン酸はカンゾウのグリチルリチン酸から生成したものであり、カンゾウと同様に抗炎症作用などを有しております。副作用も類似しており、偽アルドステロン症による血清カリウム値の低下や血圧上昇、浮腫が起こる可能性があります。また、脱力感やしびれなどが起こるミオパチーにも注意が必要です。腎臓病や高血圧、心臓病の診断を受けた人は、使用前に医師や薬剤師、登録販売業者に相談してから使用を考えてください。

痔の薬の飲み合わせ

外用としてステロイド薬を使用する場合は、主に局所に作用しますが、長期にわたって使用したり、内服のステロイド薬を併用していると、全身症状が出る可能性があります。ステロイド薬による副作用は様々ありますので、注意が必要です。ステロイド薬はナトリウムを体内に蓄える一方で、カリウムを排泄し続け、浮腫の原因となりえます。カリウムの喪失を防ぐために、カリウムの豊富なバナナ、トマトなどの果物や野菜をこまめに摂るようにしてください。

グリチルレチン酸は、カンゾウのグリチルリチン酸と類似した作用・副作用をもっているため、カンゾウやグリチルリチン酸を含む商品と服用すると、偽アルドステロン症やミオパチーなどの副作用が起こりやすくなります。偽アルドステロン症による血清カリウム値の低下や血圧上昇、浮腫は腎臓病や高血圧、心臓病の病状を悪化させる可能性があるため、併用に注意してください。

内服用の痔の薬の中には、寫下作用をもつセンナやダイオウが含まれていることがあります。これらの生薬にはセンノシドが含まれており、寫下作用を有する薬を併用すると、作用が増強して下痢になる可能性があります。センノシドを含む内服用の痔の薬を服用する前に、一度薬剤師へ相談してから服用するようにしてください。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痔の薬一覧