目薬

目薬の上手な選び方・使い方

目薬は基本的に目の異常や目の疲れなどに対して目に直接入れる液体の薬で、大体が透明の液体です。

選び方としては、用途に応じたものを選ぶのが最もいいでしょう。例えばコンタクトで目が乾いたりごろごろする場合はコンタクト用の目薬にすることで、いつでも涙液の代わりを補充できるため、目の違和感が減ります。目のピント調節用のものは長いことパソコン作業をしていた人などに向いており、メントールなども入っているため爽快感も強いでしょう。最近は白目の充血を改善させる目薬や瞳をより綺麗に見せる目薬なども出てきているため、デートの前などに向いています。衛生的に利用したい場合や保存料が入っていないものがいいのなら数滴分や数日分だけが入った個包装の目薬もありますので、そちらを選ぶといいですね。

使い方としては、上を向いて目の中に1滴落とし、しばらく目頭を押さえて目を閉じます。あふれた分はティッシュやガーゼなどで押さえて拭き取り、また目に入らないようにしましょう。できれば事前に手を洗い清潔な状態にしておき、使用後はキャップをしっかり閉めておきます。さした跡にまばたきをする人もいますが、これはせっかくの目薬が目元から流れていくのでやめましょう。

目薬の副作用と注意点

注意点としては、とにかく清潔な状態にします。目薬のボトルは目元に持ってくるため、まつげやまぶたに触れないように気をつけましょう。雑菌が入って目薬が劣化することはもちろん、まぶたやまつげに傷をつけてしまうこともあります。また、古い目薬を使うと繁殖した雑菌によって眼病になってしまうこともありますから、有効期限を過ぎたのものや開封してしばらく使っていないようなものは避けたほうがいいものです。もし管理が難しい場合は防腐剤が入っていない使いきりタイプを選ぶのも方法でしょう。

副作用は飲む薬ほどひどくはありませんしあまり大きく出ることはありませんが、いくつかの障害があります。

ひとつは防腐剤によるもので、角膜に炎症をおこす場合もあるでしょう。角膜に炎症を起こすと大きな問題になったり失明することもありますから、防腐剤がないものを選ぶのも方法です。また、目の周りについた目薬を拭き取らないと目の周りの皮膚が荒れたり赤みを持ったりすることもあります。もしついてしまったら拭き取り、スキンケアも行っておきましょう。目の血管拡張剤が配合されている場合、白目が充血してしまうこともあるのです。ただ充血は一定割合で起きることなので、しばらくしても消えない場合は病院に行くようにしましょう。

目薬の飲み合わせ

目薬は目に入れる薬なので飲み合わせを考えることはない、というのは間違いです。

飲み合わせに関しては、緑内障の目薬を気管支喘息を持っている人が使用すると気道を閉塞させ、息ができなくなり呼吸困難になることがあります。緑内障の薬については医師に相談してから処方してもらうようにしましょう。また、心臓病などに影響をあたえることもありますので、この場合も医師に相談しておきましょう。

なお、2本以上の目薬を使用する場合は間に5分以上置きましょう。これは目薬の連続使用により目薬の成分が適切に目の中に残らなかったり、有効成分が広がりきらない可能性があるため、時間を置いてから目薬を指すことが望ましいためです。順番を指定されている場合はその順番を守って使用します。

目薬のうち80%は血中に吸収され、体中をめぐります。このため、もし処方されている薬があるのなら目薬処方の時に相談したり、目薬を処方されるときに常用薬を伝えるようにしましょう。目薬は目元の薬だからといって飲み薬とは影響がないというわけではありません。中には体調を大きく変えさせるような副作用が出ることもありますから、飲み合わせについてはよく調整しましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目薬一覧

次へ