心臓・血管・血液の薬

心臓・血管・血液の薬の上手な選び方・使い方

心臓や血管、血液の内服薬は、循環器科や心臓血管外科など、適切な医療機関の医師から処方してもらう方法が適しています。胸が苦しいなど、体調に異変を感じたならば、医療機関で診察を受けて、症状に合う内服薬を処方してもらって服用しましょう。中には、心筋梗塞や狭心症など、重篤な心臓の疾患の可能性もあります。早めに診察を受けて内服薬を飲むことによって、体調不良の症状を緩和させることができます。早期発見のためにも、適切な医療機関を探して診察を受けましょう。

尚、内服薬を処方された場合には、正しい服用法を心がけるべきです。食前や食間、食後など、内服薬によって飲むタイミングが異なります。正しく服用することが重要ですから、医師の説明をよく聞いて、内服薬に関する指示を守りましょう。また、内服薬を飲む回数を守ることも大事です。飲み忘れたり、過剰に飲むことがないように、必ず数を確認しておくように心がけましょう。複数の内服薬を処方されたなら、数を間違えないように、小型のケースなどを使って管理すると便利です。一日分や一週間分など、管理しやすい単位で内服薬の数を確認しましょう。家族に確かめてもらう方法もおすすめできます。

心臓・血管・血液の薬の副作用と注意点

心臓や血管、血液の内服薬を服用している時に、副作用を発症するケースがあります。もしも内服薬を飲んだ後に気分が悪くなったり、胃の痛みなどを発症したら、ただちに服用を中止すべきです。そのまま飲み続けていると、さらに深刻な症状を発症する恐れがあります。しばらく横になったり、安静を保つように心がけて、体調が元に戻るまで待機しましょう。また、心臓や血管、血液の内服薬を飲んで副作用を発症したならば、かかりつけの医師を訪れて診察を受けるべきです。内服薬を持参して、どのような副作用を発症したのか詳しく説明することが重要です。心臓や血管、血液の疾患を治すために服用していますから、ほかの内服薬を処方してもらいましょう。自分の判断で分量を減らすことは避けるべきです。

湿疹や蕁麻疹など、皮膚に副作用の症状が発症する場合も見受けられます。内服薬が原因で副作用を発症したならば、市販の塗り薬などを塗ることは控えましょう。必ずかかりつけの医師に相談して、適切な処置を受けることが大事です。症状に合わせて、外用薬を処方してもらうことができます。医師から外用薬を処方された時は、ほかの患部に付着しないように慎重に塗るべきです。

心臓・血管・血液の薬の飲み合わせ

心臓や血管、血液の内服薬は、飲み合わせに注意する必要があります。内服薬を処方してもらう場合には、飲み合わせのアドバイスを医師から受けましょう。柑橘類のジュースなど、飲み合わせを回避すべき飲み物があるからです。食前や食間、食後など、注意すべきタイミングがありますので、詳しい説明を受けることをおすすめします。飲み合わせに注意すべき飲み物を摂取すると、さまざまな症状を発症する恐れがあります。もしも具合が悪くなったりしたら、速やかにかかりつけの医療機関を訪れて、医師に相談することが大切です。内服薬を処方してもらったら、気をつけたい飲み合わせについて、詳しい説明を求めるようにしましょう。

さらに、アルコールとの飲み合わせは回避すべきです。心臓や血管、血液の内服薬を飲む場合には、アルコールとの飲み合わせを避けるべきですから、飲み会の予定がある場合には医師に相談してアドバイスを受けましょう。自分の判断で内服薬の分量を減らさなくて済むように、飲み会の前に医療機関を訪れて、医師に適切な指示をもらうべきです。万が一、飲み合わせによって気分が悪くなったら、すぐに診察を受けて迅速な処置を受けるようにしましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する薬カテゴリ

心臓・血管・血液の薬一覧