女性用の薬

女性用の薬の上手な選び方・使い方

女性特有の薬として、生理痛の薬をあげることができます。辛い生理痛を解消する薬の種類としては、鎮痛薬と女性ホルモン薬、漢方薬などをあげることができます。

鎮痛薬は、その名からイメージできる通り、生理痛による痛みを解消するための薬で、イブプロエンやアセトアミノフェン、カフェインなどを含んだものがあります。頭痛などの痛みが激しい場合は、催眠鎮痛成分であるイブプロフェンやアセトアミノフェンなどが含まれる薬を使用し、むくみが激しい場合には利尿作用のあるカフェインが含まれるものを選ぶと良いでしょう。

生理痛はプロスタグランジンという物質の過剰分泌により発生します。プロスタグランジンは子宮の筋肉を収縮させる作用があるため、この物質が過剰に分泌されると子宮が収縮して激しい痛みが起こるのです。女性ホルモン薬は、このプロスタグランジンの分泌を抑える作用があります。腹部に痛みを感じるようであれば、女性ホルモン薬を使用するのが得策です。

漢方薬に関しては、個人の体質を改善する効果があります。生理痛の症状としても発生の仕方は様々で、それに合わせた漢方薬があります。漢方薬の種類は多岐にわたるので、漢方医や薬剤師などに相談して選ぶのが良いでしょう。

女性用の薬の副作用と注意点

生理痛の痛みを抑える効果のある、イブプロフェンは時に副作用を発生させることがあります。代表的な副作用としては、眠気やめまい、腹痛などをはじめとした胃腸の症状時などがあり、時には、皮膚にブツブツができたり、発赤症状が出たり、かゆみ、青あざなどの皮膚症状、息切れなどの症状などが出る可能性もあります。また、ごく稀にではありますが、全身のかゆみや、じんましん、息苦しさ、顔が青ざめる、冷や汗が出るなどのアナフィラキシーショック状態になったり、高熱やただれの発生する、スティーブンスジョンソン症候群、呼吸がゼーゼー・ヒューヒューとなる喘息症状が現れたりすることもあります。このような症状が発生した場合には即座に薬の服用を中止して、医師に相談するようにしてください。

また、女性ホルモン薬による副作用も幾つか報告があがっています。主な症状としては、発疹、顔のむくみ、食欲の低下、頭痛・めまい・肩こり、全身のだるさ、発汗、発熱、吐き気などです。これらの症状は、更年期障害や自律神経失調症の症状と似たようなものとなります。

漢方薬については、ゆっくりと効果が現れる分、副作用についてもあまりないと言われていて、安心して使用できます。

女性用の薬の飲み合わせ

生理痛を緩和させる成分である、イブプロフェンは、薬の飲み合わせに注意が必要です。特に注意が必要な人は、消化性潰瘍、肝機能障害、喘息のある人です。ワルファリン・アスピリンなどの血液をサラサラにする薬や、リチウムなどの安定剤、メトトレキサートというリウマチの薬や、血圧をコントロールする薬、利尿剤、糖尿病の薬などは、イブプロフェンと一緒に服用すると、作用が増強したり、お互いの効果を下げてしまったりする可能性があるのです。また、他の解熱鎮痛剤との併用も避けた方が良いといわれています。

女性ホルモン薬についても、飲み合わせには慎重になる必要があります。例えば、結核の薬のリファンピシン、てんかんの薬のフェノバルピタール、フェニトイン、テグレトール、各種抗生物質などを同時に服用した場合は、薬の作用が弱まる可能性があります。女性ホルモン薬と抗真菌薬のフルコナゾールやボリコナゾール、解熱鎮痛薬として知られるアセトアミノフェンなどを同時に服用すると、お互いの作用を増強させるといわれています。また、血糖降下薬、子宮内膜症治療薬のブセレリン、抗てんかん薬のラモトリギンなども注意が必要です。

漢方薬については、ほとんどの西洋薬と併用できるといわれているため安心して服用できます。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する薬カテゴリ

女性用の薬一覧