しみ・そばかす・全身倦怠用薬

しみ・そばかす・全身倦怠用薬の上手な選び方・使い方

しみ・そばかす・全身倦怠用薬というと、特に美容の意識の高い女性向けに作られていることが多いでしょう。上手な選び方としては、何よりも効果を重視し、配合されている成分の種類や有効成分の配合量が多いものを選びたいところです。効果が高いのは有効成分が多いお薬ですが、配合量や機能的な最新の栄養素に比例して価格が高くなる傾向があります。

アスコルビン酸は肌荒れやニキビ・吹き出物などの改善に効果的で、肌に透明感を与えてくれるでしょう。配合量が多いほうが効果が高く、効果も高くなります。ビタミンCと呼ばれることもあります。

L-システインとはアミノ酸の一種で、肌のメラニン色素の生成を防ぎ、肌をより白くさせる効果があります。アミノ酸の一種なのであまり抵抗感もなく、シミやそばかすの元になるメラニン色素の生成を妨げてくれます。これによりシミやそばかすなどが薄くなるでしょう。

中にはビタミンB群が配合されているものもあり、しばらく飲み続けることで徐々に効果が改善します。ビタミンB群が配合されているもののほうが疲労回復効果も高くなり、美肌効果も高めて肌の新陳代謝も促進してくれます。全身倦怠用薬としての効果を重視するなら、できればビタミンB群も配合されている薬のほうがいいでしょう。

しみ・そばかす・全身倦怠用薬の副作用と注意点

副作用に関してはあまり心配する必要はないのですが、飲み過ぎは体によくありません。悪心や下痢などの副作用が出ますから、1日の限度となる量を守って飲むようにします。

成分は様々ですが、大体の場合はビタミンCとL-システインです。どちらも過剰摂取しても大体は消化・吸収され、余計に摂取した栄養分は排出されます。このため、過度に心配することはありません。ただ、過剰摂取してなんらかの副作用と思われるものが出た場合は医師に相談しましょう。

使い方は1日に指定された量を摂取するということです。錠剤なら粒単位、粉なら一袋単位で指定されます。できるだけ回数を分割して取るようにしましょう。例えば1日6錠となっている場合、朝・昼・夜の毎食後に2錠ずつ飲むというのが効果的です。ただ、1日に1回しか服用する時間がないというのなら、1回で6錠飲んでも構わないというお薬もあります。なお、胃に負担をかけることはありませんが、胃の弱い人や初めて飲む人は食後に飲む方がいいでしょう。

すぐに効果が出るというものではなく、このお薬は継続して利用する必要があります。大体3ヶ月ほど毎日続けて服用して初めて効果が出るのです。毎日の習慣にすることを心がけ、長期的に継続的に飲むことを習慣づけましょう。

しみ・そばかす・全身倦怠用薬の飲み合わせ

シミ・そばかす・全身倦怠用薬というジャンルのお薬はだいたいビタミン類とL-システインと呼ばれるアミノ酸の一種なので、あまり過剰摂取や様々な薬との飲み合わせなどは考える必要がありません。

ただし、悪心や嘔吐、腹痛、湿疹などができた場合は医師に相談します。相談するときには説明書などを持って行き、直前の服用について説明します。特に大きな副作用となるようなものや飲み合わせでの禁忌となるようなものがないので、診察によって他の病気やアレルギーなどが見つかることがあるかもしれません。また、長いこと飲んでも効果がない場合は説明書を持って病院に行き、医師に相談するようにします。

より効果が出やすいのはビタミンCの薬やサプリメントなどを一緒に取ることです。ビタミンCは肌の状態を改善してくれる上、あまり副作用もないため少し多めにとってもあまり問題がありません。ただ、体調が悪くなる場合は過剰摂取である場合もありますから、体調を確認しながら摂取しましょう。

シミやそばかすに関しては、内服もそうですが外用薬、スキンケアなども併用するとさらに効果が高くなるでしょう。美白スキンケアを利用することで、更に効果が高まります。UVケアとしての紫外線カットによってシミを薄くすることも忘れないようにしたいところでしょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しみ・そばかす・全身倦怠用薬一覧