発毛・養毛薬

発毛・養毛薬の上手な選び方・使い方

現在薄毛や脱毛に悩み、その改善を望む人はとても多くなっています。一口に薄毛といっても症状は千差万別です。そのため個々人にあった発毛、養毛の薬を選んでいく必要があります。まず脱毛の程度が軽微で、最近以前より少し薄毛が気になり始めたという方は、頭皮環境を整える必要があります。薬用シャンプー等を用い、頭皮を清潔に保った上で、髪を作り出す毛母細胞や毛乳頭細胞に作用する薬を用いると脱毛が減る可能性があります。この薬は、頭皮の血管を拡張させ、血流を増大させることで、頭皮全体に栄養分を循環させ、発毛を期待しようというものです。一方、細く短い髪が抜け、急激に脱毛が増えているような症状の場合は、体内のホルモンが正常に働いていない可能性があります。ホルモンの分泌と働きが過剰になってしまったために、髪の成長を妨げ、正常な育毛のサイクルが狂ってしまい、薄毛や脱毛といった症状を引き起こしていると考えられます。このような場合には過剰に作用しているホルモンの分泌、働きを抑制する薬を用いると効果が期待できます。発毛、養毛薬には頭皮に直接散布するタイプのものや、錠剤を内服するものがあります。生活のリズム、ストレス、飲酒、喫煙といった要素も薄毛や脱毛に影響を与えている可能性がありますので、まず医師等の問診を受けた上で、自分にあった発毛、養毛のプランを立て、薬を選択していくことが大切です。

発毛・養毛薬の副作用と注意点

発毛、養毛の薬は副作用が起きることがありますので注意が必要です。髪を作る毛母細胞や毛乳頭細胞に直接働きかけ、血管を拡張し、正常に栄養を循環させ発毛を促進するタイプの薬は、頭皮のかゆみ、かぶれといった接触皮膚炎の他、にきび肌荒れ、じんましん、脂濡性皮膚炎等の症状を引き起こす可能性があります。さらに血管を拡張する効果がありますので、低血圧の方が過剰に用いることで血圧が低くなりすぎてしまうということも考えられます。また体内で働く過剰なホルモンの分泌、作用を抑制するタイプの薬の副作用としては、精子の減少、性欲減退、勃起不全の他、乳房肥大といった女性化の症状が起きることがあります。また重篤な肝機能の低下や障害を引き起こす可能性も考えられます。このような副作用を起こさないためにも、薬の用量、用法を守っていく必要があります。そのためにまず、適切な医療機関等で診療を受けた上で、医師の指導のもとで、個々人の症状にあった薬を処方してもらうということが重要です。また発毛、養毛には時間がかかります。個人の薄毛、脱毛の状態によって効果が出始める時期は様々です。すぐに効果がでないからといって薬をやめてしまったり、量を減らしてしまうと、発毛や養毛につながりません。また薬を継続し、粘り強い治療は勿論ですが、食生活や睡眠などを見直し、ライフスタイルトータルでの育毛の対策をしていくことが必要です。

発毛・養毛薬の飲み合わせ

発毛、養毛の薬は飲みあわせに注意する必要があります。頭皮の血管を拡張し、血流を増大させ、毛母細胞や毛乳頭細胞に作用して、頭皮全体に栄養を行き渡らせることで発毛や養毛を促進していくタイプの薬は、低血圧を招く可能性があります。そのため、血圧を低くする効果のある降圧剤を使用している方が併用することで、血圧が低くなりすぎてしまう危険があります。また薬を飲むことで肝臓に少なからず負担がかかっていますので、アルコールと一緒に服用することで重篤な肝機能障害を起こすことがありますので注意が必要です。その一方で体内のホルモンの過剰な分泌、作用を阻害し、発毛や養毛の正常なサイクルを取り戻すタイプの薬の場合は、飲みあわせについての危険は軽微です。これは既に薬物認可のための臨床試験でも証明されており、薬の飲みあわせによる体内での作用を調べる薬物相互作用で「問題なし」との結論を得ています。したがってこのタイプの薬の飲みあわせについては過度に神経質になる必要はありませんが、薬の成分が一時的に肝臓に作用しますので、服用前後にアルコールを摂取することは望ましくありません。またお茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるカフェインが、薬の有用な成分の吸収を妨げてしまう可能性がありますので、水やお湯で服用するように心掛けてください。発毛、養毛の薬を用いる場合は、医師に相談し、綿密な計画の上で薬を用いることが大切です。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する薬カテゴリ

発毛・養毛薬一覧