鼻・耳の薬

鼻・耳の薬の上手な選び方・使い方

くしゃみや鼻水の過多、耳の痒みの原因として、花粉やハウスダスト、PM2.5、黄砂などのアレルギーの原因となる物質やウイルス・細菌などの侵入によって起こる炎症が挙げられます。
市販の薬では、こういった炎症を抑える抗ヒスタミン作用を主としている薬が多いです。抗ヒスタミン薬は大きく分けて第一世代と第二世代に分けられます。第一世代の抗ヒスタミン薬は脳への移行率が高く、中枢神経抑制作用による眠気が強く現れやすいです。

それと比較して第二世代の抗ヒスタミン薬は脂溶性を低くすることで脳への移行率を下げているため眠気の発現が少ないものが多いです。また、抗ヒスタミン薬には無水カフェインを含んでいるものもあります。この無水カフェインは中枢神経興奮作用をもつため抗ヒスタミン作用による眠気を緩和し、加えて血管の収縮作用による鼻水量の減少や鼻づまりを和らげる働きも持つことから配合されています。耳へ直接適用する市販の点鼻薬では耳漏や耳痛、中耳炎などに使用する薬もあります。主な効果・効能としては鎮痛・殺菌・鎮痒作用です。しかし、これらの作用は対症療法であり一時的な鎮痛なので、長く痛みが続く場合は受診し原因療法を行うことをお勧めします。

鼻・耳の薬の副作用と注意点

アレルギーの薬でよく見られる副作用として、眠気があります。
眠気は第一世代抗ヒスタミン薬であるジフェンヒドラミンやクロルフェニラミンなどで強く出ることがありますので、服用する際は車の運転は避けるようにしてください。また、飲酒は副作用を強くする恐れがあるため、服用する際には飲酒は避けてください。
第二世代抗ヒスタミン薬であるアゼラスチンやオロパタジンなどは第一世代抗ヒスタミンよりも副作用は改善されいていますが、個人によっては眠気が強く出る可能性があるので、車の運転などでは注意が必要です。
抗ヒスタミン薬は抗コリン作用(尿閉や眼圧上昇、口の渇きなど)が出るものもあります。緑内障や前立腺肥大症と診断されている方は、これらの病気を悪化させる可能性があるため、服用の前に薬局や医療機関での相談をお勧めします。
市販の点鼻薬の多くには血管収縮剤と呼ばれる成分が含まれ、この成分によっても鼻づまりの改善になる一方で、連用により薬剤に対する耐性ができ徐々に効果の持続時間が短くなります。こうして使用回数が多くなり、さらに連用してしまうことに繋がります。その結果かえって腫れてしまい、点鼻薬性鼻炎になってしまうことがあります。点耳薬の使用方法は、まず手を清潔にし、耳に分泌物が溜まっている場合は綿棒などで取り除き、点耳薬の用法・用量の項目をよく読み使用してください。
この時の注意点として、薬剤が冷たいと、三半規管を刺激してしまい、めまいを引き起こす原因となることがあるので、冷たい場合は体温に近い温度になるまで温めて使用してください。

鼻・耳の薬の飲み合わせ

他のアレルギー用の薬と飲み合わせますと、薬の作用が強く出たり、眠気や尿が出にくくなる、吐き気などの薬の副作用が強く現れるおそれがありますので、飲み合わせは避けてください。特に、抗ヒスタミン作用のある成分(アゼラスチン、ジフェンヒドラミン、クロルフェニラミンなど)には注意が必要です。これらの成分は、アレルギー用の薬の他にも、かぜ薬や鎮咳去痰薬、乗り物酔いの薬の中にも含まれていることがあります。抗アレルギー薬をお酒と一緒に飲むと、中枢神経系を強く抑制してしまうため、併用は避けてください。鼻炎用の薬には、血管収縮成分として含まれる塩酸プソイドエフェドリンや塩酸フェニレフリンなどの交感神経興奮薬はテオフィリンやステロイド薬、利尿薬との併用で血清カリウム値の低下などの作用が増強する恐れがあるため注意してください。

アレルギー用の薬として、他に抗炎症作用のグリチルリチン酸があります。グリチルリチン酸はカンゾウの成分ですが、カンゾウを摂り過ぎてしまうと、偽アルドステロン症を引き起こし、血清カリウム値の低下や血圧上昇、浮腫がみられるようになります。また、ミオパシーという四肢痙攣・麻痺、脱力感などの異常が起こることもあります。漢方やかぜ薬などにはカンゾウが含まれていることがあるため、カンゾウによる副作用が強く出てしまう可能性があります。カンゾウを含む製品を服用する方は、服用前に成分を確認し、心配な方は薬剤師の方に相談するようにしてください。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻・耳の薬一覧