ポレガード

薬効分類
アレルギーの薬

最終更新日:2016/11/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長  ポレガードは、花粉やハウスダスト等によるアレルギー性鼻炎や食物等のアレルギーによるじんましん、湿疹・かぶれ等アレルギー症状に使用するお薬です。かぜ等の鼻炎症状や虫さされや化膿等による皮膚のはれ、かゆみには使用しないで下さい。症状がアレルギーによるものかどうかわからない場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
作用・効能 花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻みず、鼻づまり じんましん、湿疹・かぶれによる次の症状の緩和:皮膚のはれ、かゆみ
成分・分量 4錠(成人1日服用量)中、次の成分を含有します。
〔成  分〕             〔分  量〕
 アゼラスチン塩酸塩          2mg

添加物として、乳糖、セルロース、クロスCMC-Na、二酸化ケイ素、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、三二酸化鉄を含有します。
問い合わせ先 アスゲン製薬株式会社
業界カテゴリ

内服アレルギー用薬

用法・容量について

下記1回量を1日2回、朝食後及び就寝前に服用してください。
 〔年 齢〕 成人(15歳以上)
 〔1回量〕 2錠

 〔年 齢〕 小児(15歳未満)
 〔1回量〕 服用しないこと

ただし、鼻炎の症状に用いる場合は1週間、皮膚の症状に用いる場合は3日間服用しても症状の改善がみられない場合には服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)花粉などの季節性アレルギー性鼻炎による症状に使用する場合は、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。
(2)早めに飲み込んでください。長く口中にとどめると苦味を感じることがあります。これは成分自身の苦味によるものです。又、服用後にも苦味を感じることがあります。
(3)錠剤の取り出し方
   錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等、思わぬ事故につながります。)

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください
 (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (2)15歳未満の小児。
 (3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
  他のアレルギー用薬(皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬を含む)、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬)
3.服用前後は飲酒しないでください
4.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)
5.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
6.長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)高齢者。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)アトピー性皮膚炎、又はアトピー素因があると診断を受けた人。
 (5)気管支ぜんそくの診断を受けた人。
 (6)発熱やせき、黄色で粘りのある鼻みずなどのかぜ症状がある人。
 (7)鼻炎の場合でアレルギー性鼻炎か、かぜによる鼻炎かわからない人、又は、皮膚の症状が「じんましん、湿疹・かぶれ」によるものか、虫さされや化膿等他の原因によるものかわからない人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤
    消化器   : 吐き気・嘔吐、口内及び口周囲のあれ、食欲不振、胸やけ、
            胃部不快感、腹痛
    精神神経系 : 倦怠感、めまい、頭痛、手足のしびれ
    循環器   : 動悸
    呼吸器   : 息苦しさ
    泌尿器   : 頻尿、排尿困難、血尿
    肝臓    : 全身のだるさ、皮膚や白目が黄色くなる
    その他   : 顔面のほてり、鼻乾燥、浮腫、月経異常
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください:口のかわき、便秘、下痢、眠気
4.じんましん、湿疹・かぶれなどの皮膚の症状の場合で、症状の軽減が見られるが繰り返し症状が起こるなど1週間以上症状が持続する場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.鼻炎の症状の場合で2週間以上服用する場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して服用してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 突然の蕁麻疹はアレルギー検査で原因がわかるかも

    蕁麻疹・検査

    昨年、友人たちと沖縄へ旅行に行った時のことです。夕食は沖縄料理の店でラフテーやミミガー、ゴーヤチャンプルー、刺身の盛り合わせなどを食べました。 ところがホテルに戻って部屋でくつろいでいたとき、突然気分が悪くなって吐いた後、両腕に蕁麻疹がぶわーっ出たのです。あわててフロントに相談して教えてもらった救急病院に駆け込みました。注射を打ってもらって1時間もすると蕁麻疹がさーっと消えたのでホテルに戻りまし…続きをみる
  • 鼻づまりで酸欠になり頭痛と眠気に襲われる

    鼻づまり・眠気

    鼻づまりが酷い時は鼻呼吸できず口呼吸ばかりになってしまいます。私の場合この状態が続くと頭全体に十分な酸素が行かず、軽い酸欠のような状態になってしまいます。私はアレルギー性鼻炎が酷いため、けっこう頻繁にこのような状態が起こります。 長距離マラソンをした時と同じような感覚で、頭がぼんやりしてきて軽い眠気が襲ってきます。さらにひどい時などは熱が出た時と同じぐらい激しい頭痛になる時もあります。 このよう…続きをみる
  • 鼻炎は何科に行けばよいか

    鼻炎・何科

    「鼻水が止まらない」、「鼻が詰まる」、「ムズムズしてクシャミが出る」などの鼻炎の症状は風邪をひいた際などに表れる場合があります。その他、花粉やハウスダストなど、ホコリやアレルギー性のものが原因となる鼻炎もあります。時には頭痛も併発してしまうこれらの不快な鼻の症状を治すには、何科に通うのが良いのでしょうか。 これらを改善させるためには、耳鼻科や耳鼻咽喉科に通うのがおすすめです。耳鼻科や耳鼻咽喉科は…続きをみる
  • 鼻づまりが原因のめまいについて

    鼻づまり・めまい

    毎年、2月の末あたりから、花粉症のせいで体が風邪の罹り始めのように、すごくかったるくなり、嫌な季節が来た事を実感してました。 今年の花粉は、杉の生育状態がいいというニュースを聞いていたので、事前に耳鼻科クリニックに行って予防薬を処方してもらおうと思っていたら、仕事が忙しくて中々行けずに、花粉症の時期に突入してました。 外出の時はマスクをして、市販の飲み薬と点鼻薬で対策を立ててましたが、鼻水で鼻づ…続きをみる

関連する病気のコラム