宇津救命丸金粒

薬効分類
鎮静薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
商品特長 1 直径2ミリの小さな粒ですから、乳幼児でも無理なく服用できます。
2 配合生薬のすぐれた作用により、乳幼児特有の「疳」といわれている症状におだやか
  な効きめを現します。
3 幼児は勿論のこと、14才のお子さままで幅広い年齢層にご使用いただけます。
作用・効能 小児五疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳吐き こんなときに   かんむし:自分の思い通りにならないと、すぐじれて怒ったりキーキー泣く。  夜泣き:昼間の外出などで興奮し、夜中に突然泣き出し、なかなか泣き止まない。  下痢・消化不良:かぜをひいたり、食べ物や飲み物があわなかったりすると、すぐおなかをこわす。  食欲不振・胃腸虚弱:生まれつき胃腸の弱い赤ちゃんが消化不良や食欲不振をおこす。
成分・分量 1日量(60粒)中
  [成       分]              [分 量]
 ジャコウ  (麝 香) 雄麝香鹿の腺分泌物     3.0mg
 ゴオウ   (牛 黄) 牛の胆嚢結石       12.0mg
 レイヨウカク(羚羊角) 羚羊の頭角        30.0mg
 ギュウタン (牛 胆) 牛の胆汁末        12.0mg
 ニンジン  (人 参) オタネニンジンの根   112.8mg
 オウレン  (黄 蓮) 黄蓮の根茎        60.0mg
 カンゾウ  (甘 草) 甘草の根茎        60.0mg
 チョウジ  (丁 字) 丁字の花蕾         9.0mg

添加物として、寒梅粉、白糖、金箔、香料を含有します。
問い合わせ先 宇津救命丸
業界カテゴリ

鎮静薬

用法・容量について

いずれも1日3回、食前に服用してください。
[年   齢]     [1回服用量]   [1日服用回数]
3ヶ月以上 1才未満    3粒        3回
1才以上  3才未満    6粒        3回
3才以上  5才未満    8粒        3回
5才以上  8才未満   10粒        3回
8才以上 11才未満   15粒        3回
11歳以上15才未満   20粒        3回
3ヶ月未満           服用させないこと

乳児は授乳の際に乳頭につけ、母乳とともに与えるか、又は少量の砂糖・ジュースなどと
服用されても結構です。
(1)定められた用法及び用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)幼児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。

注意事項

1.次のお子さまは服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)次の症状のあるお子さま。
   はげしい下痢、高熱
2.次の場合は、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)ひきつけ、下痢、消化不良、乳吐きに5~6回服用しても症状がよくならない場合。
(2)小児五疳、かんむし、夜泣き、食欲不振、胃腸虚弱に1ヶ月間服用しても症状が
   よくならない場合。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

  • スパロミンエース

    痛み・熱・生理痛にイブプロフェン配合の非ピリン系・非アスピリン系の鎮痛解熱薬頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関… 続きを読む

  • パルミン

     本剤は、漢方製剤酸棗仁湯のエキス製剤で、心身が疲れて眠れない場合に用いると効果があります。精神的に色々な苦痛や訴えが… 続きを読む

  • 宇津救命丸

    1 直径2ミリの小さな粒ですから、乳幼児でも無理なく服用できます。2 動物性生薬(ジャコウ、ゴオウ、レイヨウカク、ギュ… 続きを読む

  • 宇津救命丸「糖衣」

    1 乳幼児がより服用しやすいように、甘い糖衣でコーティングしました。2 貴重な動物性生薬(ゴオウ、レイヨウカク、ギュウ… 続きを読む

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 漢方で睡眠障害を克服した友人

    睡眠障害・漢方

    人生の3分の1を占めるといわれている睡眠ですが、何かしらのトラブルを抱えている人も多いと思います。睡眠障害には、なかなか眠れない・眠りが浅い・いったんは眠れるものの短時間で起きてしまい、そのあと眠れない等の症状が挙げられます。でも不眠症で悩んでいても睡眠導入薬などの西洋薬には頼りたくないという声もよく聞かれます。そのような場合には漢方薬を試してみるのもいいかもしれません。 漢方薬は睡眠障害を完治…続きをみる
  • 何科?睡眠障害を受診するには

    睡眠障害・何科

    全く眠れない日が2週間も続いていました。睡眠障害になったのかな?と思いましたが、病院は何科へ受診しに行けばいいのかわかりませんでした。そもそも、睡眠障害になった理由が全く分かりませんし、元々、寝つきがよくないので、寝るまでに時間がかかります。 「寝つきが悪い」というのも睡眠障害になった理由とすれば、「寝つきが悪い」という事の相談は何科へ行けばいいか考えました。 友人に「睡眠障害は何科に受診したら…続きをみる
  • 「治らない…」長年染みついた睡眠障害

    睡眠障害・治らない

    筆者も長年、ひどい睡眠障害が治らないことに悩まされています。ネットで検索しても、睡眠障害は治らないとか治りにくいとか言う情報が多いので、完治してほしいとは思っていますが、半ばあきらめています。入眠障害や中途覚醒とも簡単に治らない睡眠障害ですが、睡眠時間や生活時間がずれてしまったような睡眠障害は、それ以上に治らない、または治す良い方法が少ないようです。 ただここ数年で、睡眠導入剤も以前のものと比べ…続きをみる
  • 深刻な睡眠障害の自覚症状

    睡眠障害・自覚症状

    私が体験した睡眠障害の自覚症状は、寝つきが悪い、途中で目が覚めてまた眠ろうとしてもなかなか寝付けないなどといったものでした。寝ても悪夢をずっと見ているせいか朝起きてもしっかり眠ったという感覚は無く、体がだるく頭の中がすっきりしないため、昼間は眠くて仕事もはかどりませんでした。 睡眠障害の中でも一番きつかった自覚症状は夜中、食べ物を食べてしまうという行動でした。朝起きると、夜中に起きて食べ物を食べ…続きをみる

関連する病気のコラム