新セルベール整胃<錠>

薬効分類
胃腸薬

最終更新日:2016/12/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 最近、胃が弱ってきたと感じる、このような方におすすめです。
・食後に胃もたれを感じることが多くなった方
・少ない量でも食べすぎたと感じるようになった方
新セルベール整胃〈錠〉は、3つの働きで胃もたれなどの弱った胃の症状を改善します。
守 る  胃の粘膜を覆ったベール「胃粘液」を増やして、胃を守ります。
動かす  胃の運動を活発にします。
消化する 脂肪を分解して、消化する力を高めます。
新セルベール整胃〈錠〉は、1回1錠で効く飲みやすい錠剤です。
作用・効能 胃もたれ、食べすぎ、飲みすぎ、胸やけ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、はきけ(むかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、胸つかえ
成分・分量 成人1日量3錠中に次の成分を含みます。
 〔成  分〕 テプレノン
 〔含  量〕 112.5mg
 〔働  き〕 胃粘液を増やして食事や胃酸による刺激から胃を守ります。

 〔成  分〕 ソウジュツ乾燥エキス(原生薬としてソウジュツ)
 〔含  量〕 150mg(1.5g)
 〔働  き〕 弱ってしまった胃の運動を活発にします。

 〔成  分〕 コウボク乾燥エキス(原生薬としてコウボク)
 〔含  量〕 83.4mg(1.0g)
 〔働  き〕 弱ってしまった胃の運動を活発にします。

 〔成  分〕 リパーゼAP6
 〔含  量〕 14.7mg
 〔働  き〕 胃もたれの主な原因となる脂肪の消化を助けます。

[添加物]
タルク、ビタミンE、部分アルファー化デンプン、エリスリトール、ケイ酸Ca、ポビドン
問い合わせ先 エーザイ株式会社
業界カテゴリ

制酸薬

用法・容量について

次の量を食後に水またはお湯で服用してください。
 〔 年  齢 〕 成人(15歳以上)
 〔1 回 量 〕 1錠
 〔 服用回数 〕 1日3回

 〔 年  齢 〕 小児(15歳未満)
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔 服用回数 〕 服用しないこと

注意事項

①次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)高齢者
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (5)次の診断を受けた人
    肝臓病
②服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹、発赤、かゆみ
    消 化 器 : 腹部膨満感、はきけ、腹痛
    精神神経系 : 頭痛
    そ の 他 : 皮下出血
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕肝機能障害
 〔症   状〕発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、
        全身のだるさ、食欲不振等があらわれます。

③服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 便秘、下痢、口のかわき
④2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管及び取扱上の注意

①直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
②小児の手の届かない所に保管してください。
③他の容器に入れ替えないでください。また、本容器内に他の薬剤等を入れないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
 ・ピルケース等に入れ替えることにより、製品や容器の品質に影響をおよぼすことがあります。
④湿気により錠剤の外観が変化するおそれがありますので、ぬれた手で触れないでください。
⑤容器内の詰め物は、輸送中の錠剤破損防止用です。容器のキャップを開けた後は捨ててください。
⑥使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
⑦使用期限内であっても一度容器のキャップを開けた後は、品質保持の点から6ヵ月以内を目安に使用してください。箱の内ブタの「開封年月日」欄に、開封日を記入してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 胸焼けしたらお茶に潰した梅干しを入れて飲みます

    胸焼け・梅干

    胃酸の分泌などによって、胃に刺激を与えることで起こる胸焼けは、だれでも体験したことのある症状ではないでしょうか。私も実際、食べ過ぎやストレスでよくなっています。薬で抑えることはできますが、一過性に過ぎずやはりなにかほかにいい方法はないかと思い、母親に聞いてみると・・・なんと、胸焼けには梅干しがいいそうです。 確かに、今思えば子供のころ胃が痛かったり食欲がないときはよく食べさせられていました。 そ…続きをみる
  • 消化不良にならないために私がしている対策

    消化不良・対策

    わたしはときどき、胃が重くなって気持ち悪くなり吐いてしまったり、おなかが痛くなって下痢を起こすことがあります。消化不良の典型的な症状でしょう。 こうした症状の対策として最近は、まず寝る前に食べることをやめるようにしています。できるだけ就寝の二時間前までには夕食を終えるように心がけているのです。 またわたしはわりと早食いなのですが、食べる際にはよく噛む癖をつけようと頑張っています。面倒くさいとも思…続きをみる
  • 二日酔いで吐く時に気をつけたこと

    二日酔い・吐く

    お酒が大好きで、吐くまではいかないもののいつもかなりの量を飲んでいるので、二日酔いになることも多くて、いろいろ試してみましたが、あまり効果のないものが多かったです。 でも、効果のあったものももちろんあって、それは、スポーツドリンクです。何も食べたくないし、頭も痛いと言うときは、スポーツドリンクをたくさん飲んで、尿が早く出るようにします。そのあとは市販薬を飲んで安静にします。 次の日が休み出ない限…続きをみる
  • 空腹時の胃痛…放置すると一日中苦しむかも?

    胃痛・空腹時

    私は、空腹時やそのまま放置すると胃が痛くなったり、ガスが溜まってしまうことがあります。 この症状を一番強く感じた瞬間は、大学生の頃に行った研修中のときです。お昼の時間に移動をしていたため、遅い昼食になってしまいました。しかし胃の中が空っぽの状態で、いきなり食べ物を胃の中に入れたため、胃痛と腸内にガスが溜まってしまいました。身体がびっくりしてしまったのでしょうか。その一日は痛みが続き、苦しい思いを…続きをみる

関連する病気のコラム