カイゲンのどスプレー

薬効分類
口・のどの薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 私たちが常に行っている呼吸。このときの空気の通り道を「気道」といいます。気道では、せん毛と粘液によって、吸い込んだ空気から、ほこりや細菌などを取り除くとともに、のどに適当な湿り気を与えています。ところが、のどを使いすぎたり、汚れた空気やタバコなどの刺激によって、この機能がおとろえ、のどが炎症をおこして、痛くなったり、はれたり、荒れたりします。のどが乾いてきたな、イガイガするな、と思ったら炎症の始まりです。こんなときにはカイゲンのどスプレーで早めにお手当してください。
 カイゲンのどスプレーの、甘味と清涼感のある液体が、のど粘膜に直接作用して、荒れたのどをラクにします。本品はスリムなボトルで携帯にも便利です。
作用・効能 のどの炎症によるのどのいたみ・のどのあれ・のどのはれ・のどの不快感・声がれ
成分・分量 本製品1mL中
〔成  分〕 ポピドンヨード
〔分  量〕 4.5mg
〔はたらき〕 ヨウ素が遊離することにより、殺菌作用を示します。

添加物としてヨウ化カリウム、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、プロピレングリコール、グリセリン、l-メントール、香料を含有します。

<成分・分量に関する注意>
本剤の使用により、銀を含有する歯科材料(義歯等)が変色することがあります。
問い合わせ先 池田薬品工業株式会社
業界カテゴリ

口腔内殺菌消毒薬

用法・容量について

1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)ノズルをのどの患部に向けて、「アー」と声を出しながら2~3回直射してください。
   (息を吸いながら使用すると、液が気管支や肺に入るおそれがあります。)
(2)本剤はのどの患部への直接噴射のみに使用し、キズややけどへの使用や内服はしないでください。
(3)目に入らないように注意してください。(噴射に際しては、軽く目を閉じてください。)万一目に入った場合には、すぐ水又はぬるま湯で洗い、ただちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)用法・用量を厳守してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください
  本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (2)授乳中の人。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の症状のある人。
    口内のひどいただれ
 (5)次の診断を受けた人。
    甲状腺機能障害
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
      口   : あれ、しみる、灼熱感、刺激感
    消 化 器 : 吐き気
    そ の 他 : 不快感
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕ショック(アナフィラキシー)
 〔症   状〕使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因となったり品質が変わります。)
(4)衣服等に付着したときは、すぐに水で洗い流してください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)冬季(低温時)には、液の粘度が高くなり出にくいことがあります。
   そのときは手のひらなどで温めてから使用してください。
(7)容器または外箱に表示の使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 薬を飲んだら急性喉頭炎が治りました

    急性喉頭炎・薬

    半年前に急にのどが痛くなったことがあります。軽い咳が続き、ひどくかすれた声になってしまいました。熱もあるので病院に行きました。 医者からは急性喉頭炎だろうと言われ、薬は抗生剤を処方されました。薬を飲んだら喉頭炎はすぐに良くなりました。 その後が良くなかったです。症状が治まったらもう大丈夫だろうと考えて友人の誘いに乗って遊びに行ってしまいました。夜遅くまで飲んでいたら、翌朝、急性喉頭炎がぶり返しま…続きをみる
  • たまたま家にあった湿布で喉の痛みが嘘のように消えた

    喉の痛み・湿布

    私は喉の痛みが出る事が多く、ずっと悩んでいました。喉が痛くなると、喋ったり物を食べたりするのも辛くなります。特に朝起きた時、喉がガラガラで憂鬱になります。風邪を引いた時はもちろんですが、そうじゃない時でもなってしまう事があるんです。喉が強くないらしく、炎症を起こしやすいんです。 これをどうにかしようと思っていたのですが、今までは薬などを飲んでいました。しかし、薬を飲み過ぎるのも良くないという事で…続きをみる
  • 喉の乾燥にはガムや飴!

    喉の乾燥・ガム

    喉の乾燥は冬場の大敵です。乾燥は本当に風邪を引く原因になるもので、私はいつも喉から風邪をひいてしまいます。 エアコンのきいている部屋や電車の人混みなどに行かなければならないときには、もちろんマスクなども必要ですが、それに加えて必ずガムや飴を食べて喉の乾燥を潤したり、ウイルス予防をしています。絶対に風邪をひけない受験前や就活中、大事な試験前なども予防とともに集中力もアップするので一石二鳥です。 ガ…続きをみる
  • 喉の痛みと体のだるさの症状について

    喉の痛み・体のだるさ

    喉の痛みと体のだるさが続き、風邪をひいたのだと思い市販の薬を飲んでいました。 しかし一週間ほど飲み続けても全く効果はなく、日に日に痛みが増していき、声が出せない状態になりました。なにか深刻な病気が隠されていると確信した私は、内科を受診しました。すると喉の検査を主に行うことになったのですが、その場で扁桃腺炎になっていることが判明しました。扁桃腺に細菌が侵入した結果痛みの症状を引き起こしているので…続きをみる

関連する病気のコラム