クールワン鼻スプレー

薬効分類
鼻・耳の薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 アレルギー性鼻炎や急性鼻炎による鼻水や鼻づまりなどは大変不快な症状です。
クールワン鼻スプレーは噴霧すると霧状の小さな粒子が鼻腔内にいきわたり、鼻水や鼻づまりに効果をあらわします。
一定量の薬液が噴霧できるスプレーで、一度スプレーした液は容器内に逆流しませんので衛生的です。
作用・効能 アレルギー性鼻炎、急性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和: 鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重
成分・分量 クールワン鼻スプレーに配合されている成分には次のような働きがあります。
100mL中
 〔成  分〕 ナファゾリン塩酸塩
 〔分  量〕 50mg
 〔働  き〕 鼻腔内の血管を収縮させ、うっ血や炎症を抑え、鼻づまりを改善し
        ます。

 〔成  分〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
 〔分  量〕 500mg
 〔働  き〕 アレルギーによる鼻づまり、鼻水を楽にします。

 〔成  分〕 ベンザルコニウム塩化物
 〔分  量〕 10mg
 〔働  き〕 殺菌作用により、細菌による鼻粘膜の炎症を抑えます。

添加物として、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、リン酸二水素K、リン酸水素2K、クエン酸、塩化Na、香料、アルコールを含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

鼻炎用点鼻薬

用法・容量について

    〔年   齢〕  大人(15歳以上)
    〔1回使用量〕  1~2度
    〔1日使用回数〕 6回を限度として鼻腔内に噴霧してください。なお、適
             用間隔は3時間以上おいてください。

    〔年   齢〕  7~14歳
    〔1回使用量〕  1~2度
    〔1日使用回数〕 6回を限度として鼻腔内に噴霧してください。なお、適
             用間隔は3時間以上おいてください。

    〔年   齢〕  7歳未満
    〔1回使用量〕  使用しないでください。
    〔1日使用回数〕 使用しないでください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用しますと、かえって鼻づまりを起こすことがあります。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)点鼻用にのみ使用してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の診断を受けた人。
     高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症 状〕
     皮 膚  : 発疹・発赤、かゆみ
      鼻   : はれ、刺激感
3.3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にカバーをして保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 急性鼻炎にはステロイド系の鼻炎薬が一番

    急性鼻炎・ステロイド

    急性鼻炎のせいで、突然くしゃみや鼻水が止まらなくなることがあります。家にいるときならまだ我慢できるのですが、仕事中に急性鼻炎の症状が始まると最悪です。大切なお客様と電話で話している途中で大きなくしゃみを連発してしまい、相手から笑われてしまったこともあります。気づかないうちに鼻水が垂れているところを同僚に指摘されて、大勢の前で恥をかいたこともありました。 少しでも症状を軽くしようとして、今までにた…続きをみる
  • 花粉症の血液抗体検査にかかった費用

    花粉症 検査 費用

    1年程前、鼻水が止まらなくなり、花粉症になったのかと思い病院で検査を受けることにしました。血液抗体検査、パッチテスト、鼻の粘膜の3種類がありました。血液抗体は血液の採取、パッチテストは皮膚をひっかいて薬品を乗せ、肌が赤くなる範囲で判断し、鼻の粘膜は鼻の中に綿棒を突っ込むという痛そうなものでした。なので、一番無難な方法の血液抗体検査を受けることにしました。 採取される血液の量も少なくて、痛みもない…続きをみる
  • 急性鼻炎の応急処置に点鼻薬を使った

    急性鼻炎・応急処置

    花粉症の季節になり、急に鼻づまりがするようになったので、それ専用の点鼻薬を使って応急処置をしていました。 しかし薬を使い続けていても効果が現れず、ひどくなる一方だったので、何とかして対策ができないかを調べていました。すると私のような鼻づまりの場合、市販の薬品を使うよりも病院に行って薬を処方してもらうことが一番だということがわかったので、すぐに病院に行きました。耳鼻咽喉科にてみてもらうと、急性鼻炎…続きをみる
  • 両方の辛い鼻づまりの原因とは

    鼻づまり・両方

    鼻水がぐずぐずと出ることがあり、両方の鼻が同時に詰まってしまうことがありました。 このような鼻づまりが起きた時には、とにかく耐えるしかなく、口呼吸で口が乾燥してしまうという負の連鎖が起きている状態でした。この不快な鼻の症状は、夜寝る前に起こることが多く、朝方になると治っているということがほとんどでした、病院に行くほどの体の異常でもなかったので、ネットでこの症状に対する対処法を調べていくと、うな…続きをみる

関連する病気のコラム