女性薬 命の母ホワイト

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2017/01/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 5
  • 7
商品特長 生理、妊娠、出産などで女性ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる症状を改善するお薬です
11種類の生薬が血行を促し体を温めることで生理時の痛み(生理痛)や頭痛、腰痛やイライラなどの心身不調や生理不順、冷え症などを改善していきます
作用・効能 月経痛、月経不順、ヒステリー、腰痛、頭痛、貧血、冷え症、血の道症-注1)、肩こり、めまい、動悸、こしけ-注2) 注1)「血の道症」とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴ってあらわれる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである 注2)「こしけ」とは、おりもののことである
成分・分量 1日量(12錠)中
トウキ末・・・・・300mg
センキュウ末・・・200mg
シャクヤク末・・・300mg
ブクリョウ末・・・200mg
ソウジュツ末・・・200mg
タクシャ末・・・・150mg
ケイヒ末・・・・・200mg
ボタンピ末・・・・200mg
ダイオウ末・・・・200mg
トウニン末・・・・100mg
ニンジン末・・・・・50mg

添加物として、ケイ酸Al、タルク、炭酸Ca、酸化チタン、ゼラチン、アラビアゴム、白糖、ミツロウ、カルナウバロウを含有する
問い合わせ先 小林製薬
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

1回4錠 1日3回毎食後に水またはお湯で服用してください

(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸収しやすいため、服用のつどキャップをしっかりしめること
●15才未満は服用しないこと

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳をさけること

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(5)胃腸が弱く下痢しやすい人

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位/  症  状
 皮 ふ/発疹・発赤、かゆみ
 消化器/胃部不快感、食欲不振、吐き気、便秘、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること:下痢

4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり、品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
(6)乾燥剤は服用しないこと
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 冷え性は何科を受診するのか

    Doctors Meの冷え性体験談 20代女性

    冷え性が悪化したことに気づいたのは、一度鬱病になって回復してきた頃です。 それまでは家に籠ることも多く手先の冷えなどに気づく余裕がなかったのですが、身体を動かせるような状態になってきたところで、全身のむくみで睡眠を妨げられたり、肩こりが酷いなと感じ始めました。その原因は恐らく冷え性にあると思い、しかしその時点では、何科にかかればいいのかよくわかりませんでした。 やがてその冷え性と並行して、ほてり…続きをみる
  • 貧血に効果的な飲み物とは

    貧血・飲み物

    私はすごく低血圧で良く貧血を起こしていました。なにかに肘をぶつけたり学校の集会で立っているだけで貧血を引き起こし倒れてしまうこともありました。私の家系は母も祖母も貧血持ちだったため、相談したところ鉄分の入った飲み物をとると良いと教えてもらいました。それから、コンビニやスーパーで売っている鉄分の含まれた飲み物を意識して購入するように心がけ、朝は鉄分豊富なほうれん草を含むお手製のドリンクを飲むように…続きをみる
  • ストレスで生理不順そして不正出血も

    生理不順・不正出血

    私が生理不順で検査を受けたのは、結婚を目前に控えたときでした。28歳だった当時、不妊の可能性を調べるのと同時に長く患っていた生理不順と不正出血のことを相談しました。 検査は比較的簡単で、時間もかかりませんでした。結果を聞くために診察室に呼ばれたときはとてもドキドキしましたが、自分に異常があるわけがないと変な自信も持っていました。 しかし、結果は排卵障害と子宮内膜症がみつかり妊娠しづらいというもの…続きをみる
  • 生理不順の治し方は生活習慣から

    生理不順・治し方

    生理不順の治し方としては、まずは婦人科にかかって相談してみるのがいちばんです。私が生理不順になったときには、「もしかして悪い病気なのでは?」「子宮に何かできていたらどうしよう」と不安が広がり、さらにストレスになったのがよくありませんでした。 不安に思っていても仕方ないので病院に行って診てもらったところ、女性のお医者さんで、「特に問題はないので、疲れやストレスを軽減するようにしてみて下さい」とアド…続きをみる

関連する病気のコラム