女性薬 命の母ホワイト

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2017/01/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 5
  • 7
商品特長 生理、妊娠、出産などで女性ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる症状を改善するお薬です
11種類の生薬が血行を促し体を温めることで生理時の痛み(生理痛)や頭痛、腰痛やイライラなどの心身不調や生理不順、冷え症などを改善していきます
作用・効能 月経痛、月経不順、ヒステリー、腰痛、頭痛、貧血、冷え症、血の道症-注1)、肩こり、めまい、動悸、こしけ-注2) 注1)「血の道症」とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴ってあらわれる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである 注2)「こしけ」とは、おりもののことである
成分・分量 1日量(12錠)中
トウキ末・・・・・300mg
センキュウ末・・・200mg
シャクヤク末・・・300mg
ブクリョウ末・・・200mg
ソウジュツ末・・・200mg
タクシャ末・・・・150mg
ケイヒ末・・・・・200mg
ボタンピ末・・・・200mg
ダイオウ末・・・・200mg
トウニン末・・・・100mg
ニンジン末・・・・・50mg

添加物として、ケイ酸Al、タルク、炭酸Ca、酸化チタン、ゼラチン、アラビアゴム、白糖、ミツロウ、カルナウバロウを含有する
問い合わせ先 小林製薬
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

1回4錠 1日3回毎食後に水またはお湯で服用してください

(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸収しやすいため、服用のつどキャップをしっかりしめること
●15才未満は服用しないこと

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳をさけること

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(5)胃腸が弱く下痢しやすい人

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位/  症  状
 皮 ふ/発疹・発赤、かゆみ
 消化器/胃部不快感、食欲不振、吐き気、便秘、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること:下痢

4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり、品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
(6)乾燥剤は服用しないこと
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 手足の冷えと悪寒は風邪の始まり

    手足の冷え・悪寒

    冷え性で困るというほどではないのですが、私は比較的手足の冷えを感じやすい方だと思います。冬場になると、手袋や靴下の二重履き、それにカイロは欠かせませんでした。 30代の半ばを過ぎてから特にこうした手足の冷えを感じるようになりましたが、その頃から強く冷えた後に背筋や頭に悪寒を感じると、程なく風邪に見舞われるようになりました。病院で看てもらった際、体力と抵抗力が低下してきているために冷えが悪寒となっ…続きをみる
  • 貧血の治療は婦人科病院でも出来る!

    貧血・病院

    以前、献血をした時に「あなたの血液は、薄くて輸血には使えません。」と、言われた事が有りましたが日常の生活に困る事も無かったのでそのままにして居ました。その後、随分経ってからですが産婦人科で検診を受けた時に、かなり酷い貧血だとわかり長い間、病院に通う事になりました。薬を飲み続けて病院に行くたび血液検査をしてもらい、良くならないという結果を聞いてはがっかりして帰るという日々が続きました。私は食べ物の…続きをみる
  • 冷え性でかゆい

    Doctors Meの冷え性体験談 30代女性

    何年か前から、洋服を脱いで肌が外気に触れた途端に体の表面がたまらなくかゆいと感じる日々が続きました。夏よりも冬にその症状は頻繁に出ていました。かゆいので肌が傷になるほどに掻きむしってしまい、いつも家族に体が傷だらけだよと言われていました。かゆい辛さよりも痛みの方がまだ我慢できるため、痛くなるまでかくのです。 この症状が長年にわたり悩まされている冷え性と関係があるのではないかと思い、出来ることはな…続きをみる
  • のぼせた時の治し方は?

    のぼせ・治し方

    私は最近同僚と温泉旅行に行ったのですが、そこで同僚がのぼせてしまいました。意識が朦朧としていた同僚に対して私は慌てるだけで、近くにいた人に助けてもらったのですが、そのときに教わったことをまとめました。 まずのぼせとは体が温まりすぎたことで血圧や血液循環が変化することでおこるもので、治し方はまず、動き回らせず、風通しのよいところで横にさせることです。動き回った場合血圧や血液循環が元に戻らず、余計に…続きをみる

関連する病気のコラム