サンテ抗菌新目薬

薬効分類
目薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 目が赤い、ゴロゴロする、目やにが出る、まぶたの縁や裏側の一部が化膿
して痛い…。
結膜炎は細菌が原因で起こることが多く、ものもらいはまぶたの皮脂腺や
まつげの根元に細菌が入り込んで、化膿性の炎症を起こす目の疾患です。

サンテ抗菌新目薬は、抗菌剤である持続性サルファ剤(スルファメトキサ
ゾール)を配合した目薬です。粘稠化剤(ヒプロメロース)を配合して目の
中の滞留時間を長くしたことにより、スルファメトキサゾールの抗菌力を
高めました。さらに、目のかゆみ、炎症、組織代謝に有効な3つの成分も
配合しました。
結膜炎やものもらいの改善にお役立てください。
作用・効能 結膜炎(はやり目)、ものもらい、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかゆみ
成分・分量 スルファメトキサゾール             4.0%
クロルフェニラミンマレイン酸塩        0.03%
グリチルリチン酸二カリウム          0.25%
タウリン                    0.5%


<成分・分量に関連する注意>
本剤は点眼後、ときに口中に苦味または甘味を感じることがあります。
これは主成分スルファメトキサゾールおよびグリチルリチン酸二カリウムが、
涙道を通って口中に流れ出てくることによるもので、
品質などの異常によるものではありません。

添加物として、エデト酸ナトリウム水和物、ヒプロメロース、塩化ベンザルコニウム、
pH調節剤を含有します。
問い合わせ先 参天製薬株式会社
業界カテゴリ

一般点眼薬

用法・容量について

1回1~2滴、1日3~5回点眼してください

●次の注意事項をお守りください。
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)容器の先を、目やまぶた、まつ毛に触れさせないでください
   (目やにや雑菌などの混入のため、薬液が汚染または混濁することがあります)。
   また、混濁したものは使用しないでください。
(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないで下さい。
(4)点眼用にのみ使用してください

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

長期連用しないでください。

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
   はげしい目の痛み

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
    関係部位   症 状
    皮ふ     発疹・発赤、かゆみ
    目      充血、かゆみ、はれ、しみて痛い

3.3-4日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書をもって
  医師。薬剤師または登録販売者にご相談ください。

その他の注意

◇上記以外の記載内容◇

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
   製品の品質を保持するため、自動車の中や暖房器具の近くなど高温となる
   場所に放置しないでください。また、高温となる場所に放置したものは、
   容器が変形して薬液が漏れたり薬液の品質が劣化しているおそれがあります
   ので、使用しないでください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)他の人と共用しないで下さい。
(5)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。また、使用期限内であっても、
   開封後はできるだけ速やかに使用してください。
(6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の点眼口周囲やキャップの内側に
   白くつくことがあります。その場合には清潔なガーゼで軽くふき取って
   使用してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 花粉症の血液抗体検査にかかった費用

    花粉症 検査 費用

    1年程前、鼻水が止まらなくなり、花粉症になったのかと思い病院で検査を受けることにしました。血液抗体検査、パッチテスト、鼻の粘膜の3種類がありました。血液抗体は血液の採取、パッチテストは皮膚をひっかいて薬品を乗せ、肌が赤くなる範囲で判断し、鼻の粘膜は鼻の中に綿棒を突っ込むという痛そうなものでした。なので、一番無難な方法の血液抗体検査を受けることにしました。 採取される血液の量も少なくて、痛みもない…続きをみる
  • 乾燥の時期はドライアイに注意

    ドライアイ・時期

    変化に気づいた時期は4~5年前。自転車で走っていたら、前が見えないくらい涙が出て来て止まらない。「何か変、目の病気かな?」と、思いながらも、涙が出るだけだから・・と、しばらく放っておきました。 相変わらず、涙をぬぐいつつ生活していたのですが、これってドライアイでは?と思いあたるきっかけになったのが、ちょうどその時期にあったテレビのドライアイ特集でした。チェック項目10個のうち5個も当てはまったか…続きをみる
  • 疲れ目を冷やすことはよい

    疲れ目・冷やす

    仕事でも趣味でも1日中パソコンを使う作業なので、疲れ目になりやすい体質です。少しくらい良いかと放置していると、肩こりまで誘発して起き上がれない程の頭痛になる事も以前はよくありましたが、最近では温冷を使い分ける事で、体調の悪い日がかなり軽減されました。 そもそも疲れ目と言うのは、肩こりと同じ様なもので、血行が悪くなったり、筋肉が強張った状態の事です。そうなると当然、温めた方が重度の眼精疲労には覿面…続きをみる
  • テレビゲームのやりすぎで眼精疲労と時々頭痛

    眼精疲労・頭痛

    もう20年も前の話です。当時、テレビゲームにはまり込んでいて、学校から帰ったらゲーム。休日の時は朝から晩までゲームをしていました。そんなある日の事、目がしょぼしょぼするんです。目のあたりが熱いような感じもします。それでもゲームをし続けていると、頭痛がしてきました。眼精疲労だと気が付いたのは学校からのプリントでした。ゲームをやりすぎると目が悪くなり眼鏡が必要になることもあります。そう書いてありまし…続きをみる

関連する病気のコラム