アンミナイト

薬効分類
鎮静薬

最終更新日:2016/12/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 7
作用・効能 一時的な不眠の次の症状の緩和:寝つきが悪い,眠りが浅い
成分・分量 1日量(1瓶30mL)中
ジフェンヒドラミン塩酸塩50mg

添加物:エリスリトール,スクラロース,カラメル,安息香酸Na,クエン酸Na,香料,エタノール,バニリン,D-ソルビトール,pH調節剤2成分,その他1成分
問い合わせ先 ゼリア新薬工業株式会社
業界カテゴリ

鎮静薬

用法・容量について

寝つきが悪い時や眠りが浅い時,次の量を1日1回就寝前に服用する。
 〔 年  齢 〕 成人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 1瓶(30mL)

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと。

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)1回1瓶(30mL)を超えて服用すると,神経が高ぶるなど不快な症状があらわれ,逆に眠れなくなることがある。
(3)就寝前以外は服用しないこと。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)

1.次の人は服用しないこと
 (1)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (2)15才未満の小児。
 (3)日常的に不眠の人。
 (4)不眠症の診断を受けた人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
   他の催眠鎮静薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと
  (眠気をもよおして事故を起こすことがある。また,本剤の服用により,翌日まで眠気が続いたり,だるさを感じる場合は,これらの症状が消えるまで,乗物又は機械類の運転操作をしないこと。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
5.服用前後は飲酒しないこと
6.寝つきが悪い時や眠りが浅い時のみの服用にとどめ,連用しないこと

注意事項

1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)高齢者。(高齢者では眠気が強くあらわれたり,また反対に神経が高ぶるなどの症状があらわれることがある。)
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の症状のある人。排尿困難
 (5)次の診断を受けた人。緑内障,前立腺肥大
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   皮 : 発疹・発赤,かゆみ
    消 化 器 : 胃痛,吐き気・嘔吐,食欲不振
    精神神経系 : めまい,頭痛,起床時の頭重感,昼間の眠気,気分不快,
            神経過敏,一時的な意識障害(注意力の低下,ねぼけ様
            症状,判断力の低下,言動の異常等)
    循 環 器 : 動悸
    泌 尿 器 : 排尿困難
    そ の 他 : 倦怠感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
    口のかわき,下痢
4.2~3回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

その他の注意

翌日まで眠気が続いたり,だるさを感じることがある。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手のとどかない所に保管すること。
(3)他の容器に入れかえないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 不眠症に効く漢方はあるか?

    Doctors Me 不眠症体験談

    不眠症は現在薬物投与による治療が主流で、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には即効性があり高い効果がありますが、できるだけ睡眠薬に頼りたくないと考える人も少なくないため、不眠症治療に漢方薬も使用されています。 漢方の考え方では、不眠は体を構成している気や血、水、五臓六腑のバランスが乱れることによって起こるとされているため、バランスを整えることが重要としています。漢方薬を使用することで、強制的に眠らせるよ…続きをみる
  • 「治らない…」長年染みついた睡眠障害

    睡眠障害・治らない

    筆者も長年、ひどい睡眠障害が治らないことに悩まされています。ネットで検索しても、睡眠障害は治らないとか治りにくいとか言う情報が多いので、完治してほしいとは思っていますが、半ばあきらめています。入眠障害や中途覚醒とも簡単に治らない睡眠障害ですが、睡眠時間や生活時間がずれてしまったような睡眠障害は、それ以上に治らない、または治す良い方法が少ないようです。 ただここ数年で、睡眠導入剤も以前のものと比べ…続きをみる
  • 深刻な睡眠障害の自覚症状

    睡眠障害・自覚症状

    私が体験した睡眠障害の自覚症状は、寝つきが悪い、途中で目が覚めてまた眠ろうとしてもなかなか寝付けないなどといったものでした。寝ても悪夢をずっと見ているせいか朝起きてもしっかり眠ったという感覚は無く、体がだるく頭の中がすっきりしないため、昼間は眠くて仕事もはかどりませんでした。 睡眠障害の中でも一番きつかった自覚症状は夜中、食べ物を食べてしまうという行動でした。朝起きると、夜中に起きて食べ物を食べ…続きをみる
  • かゆみを治して睡眠をしっかりと

    Doctors Me 不眠症体験談

    私は数年前から夜になると足のスネ等がかゆいことがありました。無意識にかゆいと掻いてしまい、ブツブツとなにかが出来てしまい、そこからかゆみが全身に広がっていくものでした。ただの乾燥だろうと様々なクリームを試したりしたがかゆいのは変らず、そのせいで不眠症になることもしばしば。 その後、このかゆみとは関係無くストレスによる不眠症になってしまい、心療内科で診察を受けて治療を始めました。最初に行ったクリニ…続きをみる

関連する病気のコラム