ガスター10 S錠

薬効分類
胃腸薬

最終更新日:2016/10/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 ・本剤は胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬で、胃痛・もたれなどにすぐれた効果を発揮します。
・胃の不快な症状の原因となる胃酸の出過ぎをコントロールし、胃粘膜の修復を促します。
・携帯にも便利なPTP包装です。
・口の中の水分を含むと速やかに溶け、水なしでも服用できる口中速溶タイプです。
作用・効能 胃痛、もたれ、胸やけ、むかつき (本剤はH2ブロッカー薬を含んでいます) <効能・効果に関連する注意> 効能・効果に記載以外の症状では、本剤を服用しないで下さい。
成分・分量 本剤は、白色の錠剤で、1錠中に次の成分を含有しています。
 〔成  分〕 ファモチジン
 〔分  量〕 10mg
 〔はたらき〕 胃酸の出過ぎをコントロールします。

添加物:エチルセルロース、セタノール、ラウリル硫酸Na、トリアセチン、シクロデキストリン、香料、l-メントール、D-マンニトール、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、アメ粉、ステアリン酸Ca
問い合わせ先 第一三共ヘルスケア株式会社
業界カテゴリ

制酸薬

用法・容量について

胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきの症状があらわれた時、次の量を、口中で溶かして服用するか、水又はお湯で服用して下さい。
 〔 年  齢 〕 成人(15歳以上、80歳未満)
 〔1 回 量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 2回まで

 〔 年  齢 〕 小児(15歳未満)
 〔1 回 量 〕 服用しないで下さい。
 〔1日服用回数〕 服用しないで下さい。

 〔 年  齢 〕 高齢者(80歳以上)
 〔1 回 量 〕 服用しないで下さい。
 〔1日服用回数〕 服用しないで下さい。

・服用後8時間以上たっても症状が治まらない場合は、もう1錠服用して下さい。
・症状が治まった場合は、服用を止めて下さい。
・3日間服用しても症状の改善がみられない場合は、服用を止めて、医師又は薬剤師に相談して下さい。
・2週間を超えて続けて服用しないで下さい。

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)本剤は口腔内で容易に崩壊しますが、口腔の粘膜から吸収されることはないので、口中で溶かした後、唾液で飲み込むか、水又はお湯で飲み込んで下さい。通常の錠剤と同様、そのまま水やお湯で服用しても効果に変わりはありません。
(3)本剤を服用の際は、アルコール飲料の摂取は控えて下さい。
   (薬はアルコール飲料と併用しないのが一般的です)

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないで下さい。
 (1)ファモチジン等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ)を起こしたことがある人
 (2)医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人
    血液の病気、腎臓・肝臓の病気、心臓の病気、胃・十二指腸の病気、ぜんそく・リウマチ等の免疫系の病気、ステロイド剤、抗生物質、抗がん剤、アゾール系抗真菌剤
    (白血球減少、血小板減少等を起こすことがあります)
    (腎臓・肝臓の病気を持っている場合には、薬の排泄が遅れて作用が強くあらわれることがあります)
    (心筋梗塞・弁膜症・心筋症等の心臓の病気を持っている場合には、心電図異常を伴う脈のみだれがあらわれることがあります)
    (胃・十二指腸の病気の治療を受けている人は、ファモチジンや類似の薬が処方されている可能性が高いので、重複服用に気をつける必要があります)
    (アゾール系抗真菌剤の吸収が低下して効果が減弱します)
 (3)医師から赤血球数が少ない(貧血)、血小板数が少ない(血が止まりにくい、血が出やすい)、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある人
    (本剤が引き金となって再び血液異常を引き起こす可能性があります)
 (4)フェニルケトン尿症の人(本剤はL-フェニルアラニン化合物を含んでいます)
 (5)小児(15歳未満)及び高齢者(80歳以上)
 (6)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい。
    他の胃腸薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。

注意事項

1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人又は他の医薬品を服用している人
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (3)高齢者(65歳以上)
    (一般に高齢者は、生理機能が低下していることがあります)
 (4)次の症状のある人
    のどの痛み、咳及び高熱(これらの症状のある人は、重篤な感染症の疑いがあり、血球数減少等の血液異常が認められることがあります。服用前にこのような症状があると、本剤の服用によって症状が増悪し、また、本剤の副作用に気づくのが遅れることがあります)、原因不明の体重減少、持続性の腹痛(他の病気が原因であることがあります)
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ、はれ
    循 環 器 : 脈のみだれ
    精神神経系 : 気がとおくなる感じ、ひきつけ(けいれん)
    そ の 他 : 気分が悪くなったり、だるくなったり、発熱してのどが痛
            いなど体調異常があらわれる。
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
 〔症状の名称〕ショック(アナフィラキシー)
 〔症   状〕服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。

 〔症状の名称〕皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、
        中毒性表皮壊死融解症
 〔症   状〕高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲
        の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。

 〔症状の名称〕横紋筋融解症
 〔症   状〕手足・肩・腰等の筋肉が痛む、手足がしびれる、力が入らない、こ
        わばる、全身がだるい、赤褐色尿等があらわれる。

 〔症状の名称〕肝機能障害
 〔症   状〕発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、
        全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。

 〔症状の名称〕腎障害
 〔症   状〕発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛
        (節々が痛む)、下痢等があらわれる。

 〔症状の名称〕間質性肺炎
 〔症   状〕階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しく
        なる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続
        したりする。

 〔症状の名称〕血液障害
 〔症   状〕のどの痛み、発熱、全身のだるさ、顔やまぶたのうらが白っぽくな
        る、出血しやすくなる(歯茎の出血、鼻血等)、青あざができる
        (押しても色が消えない)等があらわれる。
3.誤って定められた用量を超えて服用してしまった場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
4.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
   便秘、軟便、下痢、口のかわき

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
   (誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 私の胃もたれに効いた漢方の薬

    胃もたれ・薬

    飲み会などが続くシーズンに胃もたれなどを感じることが多くあります。 若いころは全く意識することがありませんでしたが最近では胃腸の不調を感じる機会も増えてきました。 出来る範囲での対策として自分が行っている対策は暴飲暴食をしないように気をつける、寝る直前に食べない、辛いものや熱いものなど刺激物を避けることなどを実行しています。それでも胃もたれの症状が出る場合には胃薬を飲むようにしています。ドラッグ…続きをみる
  • なぜか同時に感じる食欲不振と空腹感

    食欲不振・空腹感

    私はよく食欲不振にみまわれるのですが不思議なことに、その際しっかり空腹感があるということがあります。 お腹が空いてるのに食べたくないという奇妙なことがよく起きます。一般的には空腹感=食欲あり、だと思うのですが私の場合はそうとは限りません。 おそらく血糖値は下がってしまっているのでしょうが、口を動かしたくない、食べると疲れると感じてしまうのです。そのような時は野菜ジュースや牛乳などで、とりあえず空…続きをみる
  • 胸焼けからげっぷがたくさん出るようになった

    胸焼け・げっぷ

    私は少し前まで食事をした後などににげっぷが出て、同時に胸焼けがすることがありました。その時はただの生理現象だと思って軽く見ていて、特に何も対策はしませんでしたが、ある日どんどん胸焼けがひどくなっていることに気づき、普段よくいっている内科で診察をしてもらうことにしました。 診断結果は逆流性食道炎でしたが、しばらくは信じられませんでした。げっぷがよく出るというだけだと思っていたからでしたが、先生の話…続きをみる
  • 胃痛、胸焼けの症状が酷く、初めて胃カメラの検査を実施

    胸焼け・胃カメラ

    1ヶ月ほど前から、胃痛や胸焼けの症状があり、徐々に食欲も落ちていきました。 胃潰瘍や慢性胃炎なのではないかと思い、胃腸科を受診したところ、胃薬を処方して頂き、暫く様子をみることになりました。 しかし、症状は改善するどころか、益々悪化していった為、内視鏡検査(胃カメラ)を実施することになりました。 胃カメラの検査をするのは初めてで不安でしたが、鼻からカメラを挿入することで苦痛もなく、5分程度で検査…続きをみる

関連する病気のコラム