ラッパ整腸薬BF

薬効分類
整腸薬

最終更新日:2018/08/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 腹部膨満感・整腸に
おなかの調子を整え、おなかの不快感からあなたを守ります。

●消化管内にたまったガスの吸収と排出を促進します。
ジメチルポリシロキサンの消泡作用により、胃や腸管内で過剰にたまったガスの吸収と排出を促進します。
●3種類の乳酸菌が優れた整腸効果を発揮します。
ラクトミン(フェカリス菌とアシドフィルス菌)とビフィズス菌の3種類の乳酸菌がバランスよく配合されることにより小腸から大腸にかけて善玉菌が増え、乳酸や酢酸がつくられ、悪玉菌の増殖を抑え、優れた整腸作用を発揮します。
●のみやすい細粒です。
ラッパ整腸薬BFは、少し甘みのある、のみやすい白色細粒です。3才以上のお子様からお年寄りの方まで安心して服用していただけます。
●携帯に便利な分包(アルミ分包)です。

<こんな方に>
おなかがはる方に
軟便ぎみの方に
便秘ぎみの方に
おなかに不快感のある方に
作用・効能 整腸(便通を整える)、腹部膨満感、軟便、便秘
成分・分量 3包(成人の1日最大服用量)中、次の成分を含みます。
ラクトミン・・・18mg
(フェカリス菌:小腸ですばやく増え、軟便や便秘のときの乱れた腸内菌叢※の正常化に働きます。〔整腸作用〕)
(アシドフィルス菌:小腸で増え、乳酸をつくることにより悪玉菌の増殖を抑えて正常な腸内菌叢※の維持に働きます。〔整腸作用〕)
ビフィズス菌・・・24mg
(最も優勢な善玉菌として主に大腸にすみつき、乳酸と酢酸をつくることにより悪玉菌の増殖を抑えて優れた整腸効果を発揮します。〔整腸作用〕)
ジメチルポリシロキサン・・・180mg
(消化管内のガスの吸収と排出を促進し、腹部膨満感を解消します。〔消泡作用〕)

※腸内菌叢(ちょうないきんそう)とは・・・人間の腸内にすみついているおよそ100種類100兆個以上の細菌の集団のことをいいます。健康な時には腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスは良いのですが、下痢や便秘、食生活の乱れ、ストレス、加齢などにより悪玉菌が増え、腸内菌叢が乱れます。

添加物として、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、乳糖、白糖、メチルセルロース、ポリソルベート80、ソルビタン脂肪酸エステル、無水ケイ酸、タルクを含有します。
問い合わせ先 大幸薬品株式会社
業界カテゴリ

整腸薬

用法・容量について

次の量を食後(なるべく30分以内)に必ず水またはお湯といっしょに服用してください。
成人(15才以上)・・・1回量1包、1日服用回数3回
11才以上15才未満・・・1回量2/3包、1日服用回数3回
8才以上11才未満・・・1回量1/2包、1日服用回数3回
5才以上8才未満・・・1回量1/3包、1日服用回数3回
3才以上5才未満・・・1回量1/4包、1日服用回数3回
3才未満・・・服用しないでください

(1)定められた用法・用量を必ず守ってください。
(2)3才以上の幼小児に服用させる場合には、服用量のまちがいを起こさないように保護者の指導監督のもとに服用させてください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

次の方は服用しないでください。
今までに本剤によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみなど)を起こしたことがある方

注意事項

1.次の方は、本剤を服用する前に、医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けておられる方
(2)本人又は父母、兄弟姉妹がアレルギー体質の方
(3)薬や化粧品などによるアレルギー症状を起こしたことがある方
2.次の場合には、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
2週間位服用しても症状の改善がみられない場合
3.製品に関するご相談・お問い合わせは、お客様相談係へご連絡ください。

保管及び取扱上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器には絶対に入れかえないでください。
(3)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(4)使用期限の過ぎたものは服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返してなるべく湿気を防いで保管し、2日以内に服用してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 軟便や下痢を繰り返す体質の改善に取り組み、体重が増加しました

    軟便・体重

    幼い頃から今に至るまでお腹が緩いということが大きな悩みとなっています。なにかを食べるとしばらくすると便に行きたくなり、多いときには一日に4回便を出すということもあります。しかも、食べ過ぎたりお腹を冷やしてしまいますと軟便になるということも珍しくありません。一回に出る量もかなり多いですので、それに伴って体重が減るということになります。 減るというよりも、体重が変化をしていなかったり少し減るというこ…続きをみる
  • 暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

    胃痛・対処

    ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。 原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりス…続きをみる
  • 胸焼けからげっぷがたくさん出るようになった

    胸焼け・げっぷ

    私は少し前まで食事をした後などににげっぷが出て、同時に胸焼けがすることがありました。その時はただの生理現象だと思って軽く見ていて、特に何も対策はしませんでしたが、ある日どんどん胸焼けがひどくなっていることに気づき、普段よくいっている内科で診察をしてもらうことにしました。 診断結果は逆流性食道炎でしたが、しばらくは信じられませんでした。げっぷがよく出るというだけだと思っていたからでしたが、先生の話…続きをみる

関連する病気のコラム