新ビオフェルミンS錠

薬効分類
整腸薬

最終更新日:2017/04/01

現在この薬は、取り扱われておりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 *生きてはたらく乳酸菌
 3種乳酸菌(ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌)が生きたまま腸に届いて増え、整腸に役立ちます。
*のみやすい錠剤
 わずかに甘みがあり、小児から高齢者までのみやすい白色~わずかに淡黄かっ色の錠剤です。
作用・効能 整腸(便通を整える)、軟便、便秘、腹部膨満感 おなかの弱い方の整腸に おなかがはったときに 高齢者の整腸に 旅行など環境の変化でおなかの調子をくずしたときに
成分・分量 9錠(15歳以上の1日服用量)中
 〔成  分〕 コンク・ビフィズス菌末
 〔含  量〕 18mg
 〔はたらき〕 主に大腸にすみつき、乳酸と酢酸をつくり、整腸効果をたかめます。

 〔成  分〕 コンク・フェーカリス菌末
 〔含  量〕 18mg
 〔はたらき〕 主に小腸にすみつき、すばやく増えて乱れた腸内菌叢を整えます。

 〔成  分〕 コンク・アシドフィルス菌末
 〔含  量〕 18mg
 〔はたらき〕 主に小腸にすみつき、乳酸を多くつくり、有害菌を抑えます。

添加物として、トウモロコシデンプン、デキストリン、乳糖水和物、沈降炭酸カルシウム、アメ粉、白糖、タルク、ステアリン酸マグネシウムを含有する。
問い合わせ先 ビオフェルミン製薬株式会社
業界カテゴリ

整腸薬

用法・容量について

次の量を、食後に服用すること。
 〔 年  齢 〕 15歳以上
 〔1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 5歳~14歳
 〔1 回 量 〕 2錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 5歳未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。
(3)のどにつかえるといけないので、5歳未満の幼児には服用させないこと。

ポイント:食後にのむと、本剤の乳酸菌は胃酸の影響を受けることなく、生きて腸内に届き、すぐれた整腸作用をあらわします。

注意事項

1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談すること
  医師の治療を受けている人。
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
  1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

保管及び取扱上の注意

[ビン入り品、分包品について]
(1)小児の手の届かない所に保管すること。
(2)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
[ビン入り品について]
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること。
   (詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである。)
(3)服用のつどビンのフタをしっかりしめること。
   (他のにおいが移ったり、吸湿し品質が変わる。)
(4)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(5)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
(6)一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。
[分包品について]
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)1包を分けて服用した残りの錠剤は、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 1か月以上の軟便が続き血液検査をしたところ

    軟便・血液検査

    私は元々胃腸が弱く、ストレスや疲れが溜まったり、緊張状態が続くと、すぐにお腹を壊してしまいます。 以前勤めていた会社は、勤務時間が不規則で休日も週に一度と少なく、生活習慣が非常に乱れていました。 入社して2ヶ月程経った頃から、微熱や頭痛、胃痛や食欲不振、軟便や下痢、全身倦怠感といった症状が現れ始めました。 風邪かと思い薬を飲んで休んでいても、一向に良くなる気配がありません。 心配になり、病院を受…続きをみる
  • 腹痛で病院に運ばれ便秘の原因を知りました

    腹痛・便秘

    若いときからそうなんですが、便秘で悩むことが多々ありました。初めの頃は頻度も少なく症状もそれほど酷いものでもありませんでした。それが段々と酷くなり、それからはスッキリするといった感覚も忘れてしまうほどに続いてたんです。 主に改善をするためにと思い食事は気をつけていました。だけど体質なのか何なのかある日、急にお腹が痛くなり、それは我慢できるものでもなく、あまりの腹痛にそのまま救急車に乗せられ運ばれ…続きをみる
  • 軟便や下痢を繰り返す体質の改善に取り組み、体重が増加しました

    軟便・体重

    幼い頃から今に至るまでお腹が緩いということが大きな悩みとなっています。なにかを食べるとしばらくすると便に行きたくなり、多いときには一日に4回便を出すということもあります。しかも、食べ過ぎたりお腹を冷やしてしまいますと軟便になるということも珍しくありません。一回に出る量もかなり多いですので、それに伴って体重が減るということになります。 減るというよりも、体重が変化をしていなかったり少し減るというこ…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる

関連する病気のコラム