ベンザブロックのどスプレー

薬効分類
口・のどの薬

最終更新日:2017/04/01

現在この薬は、取り扱われておりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 ●セチルピリジニウム塩化物水和物(口腔内殺菌成分)の、のどスプレーなので、シュッとスプレーすることで、のどの炎症による のどの痛み・ハレを抑えます。
●無色澄明な液で、服や手などが汚れるのを気にせずに、どこでもお使いいただけます。
●キャップ付の容器なので、衛生的で持ち運びにも便利です。
●ほのかなメントール味がし、口の中がスッキリとします。
作用・効能 のどの炎症による のどの痛み・のどのはれ・のどのあれ・のどの不快感・声がれ
成分・分量 20mL中
    〔成  分〕                 〔含  量〕
 セチルピリジニウム塩化物水和物            60mg

添加物:D-ソルビトール、l-メントール、ハッカ油、香料、ポビドン、リン酸二水素Na、エタノール、グリセリン、プロピレングリコール
問い合わせ先 武田薬品工業株式会社
業界カテゴリ

口腔内殺菌消毒薬

用法・容量について

1日数回、適量をのどの粘膜面に噴射塗布すること。

<用法・用量に関連する注意>
(1)口を開けてできるだけ口元に容器を近づけ、のどの患部に噴射口を向けて、軽く息をはきながら、1回3~4噴射・1日3~6回を目安として使用すること。
(2)噴射の際には、薬液が目に入るのを防ぐために、目を軽く閉じること。
   万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けること。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
   (小児(15歳未満)の臨床試験は行われていない)。
(4)のどの患部への噴射塗布にのみ使用し、内服用としては使用しないこと。
(5)用法・用量を厳守すること。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

長期連用しないこと

注意事項

1.次の人は使用前に医師、歯科医師または薬剤師に相談すること
 (1)医師または歯科医師の治療を受けている人。
 (2)本人または家族がアレルギー体質の人。
 (3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の症状のある人。
    口内のひどいただれ
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談すること
 (1)使用後、次の症状があらわれた場合
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮 ふ   : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 胃部不快感、はきけ
 (2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、使用を中止し、医師または薬剤師に相談すること
  口の刺激感

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓(容器の首の部分をしっかりしめる)して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。 ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処…続きをみる
  • 咽頭痛と下痢がひどかった風邪

    咽頭痛・下痢

    去年の秋に風邪を引いた時は大変でした。咽頭痛と下痢に苦しめられました。 咽頭痛はのど全体が痛いので夜も良く眠れませんでした。のどの入り口だけでなく奥の方まで痛みました。食べ物を飲み込む時にも痛いので、固形物をほとんど食べられませんでした。もっとも食べられたとしても下痢がひどいのであまり意味はなかったかもしれません。 家にあった風邪薬を飲んではみたものの、症状はちっとも治まりませんでした。それどこ…続きをみる
  • 喉の痛みと体のだるさの症状について

    喉の痛み・体のだるさ

    喉の痛みと体のだるさが続き、風邪をひいたのだと思い市販の薬を飲んでいました。 しかし一週間ほど飲み続けても全く効果はなく、日に日に痛みが増していき、声が出せない状態になりました。なにか深刻な病気が隠されていると確信した私は、内科を受診しました。すると喉の検査を主に行うことになったのですが、その場で扁桃腺炎になっていることが判明しました。扁桃腺に細菌が侵入した結果痛みの症状を引き起こしているので…続きをみる
  • 声が枯れると飲む頼りになる漢方薬

    声が枯れる・漢方

    私はもともと喉が弱いのか、大きな声で長時間話したり、カラオケに行った次の日などは、必ず声が枯れるのがお約束です。もう慣れっこになっており、すぐにいつもの声が取り戻せる漢方薬を常備しています。 その漢方薬は、クラブ歌手をしている友達に教えてもらったもので、即効性があるので愛用しているとのことでした。プロの歌手が使っているのだから、効くに決まっているという先入観もあったからか、声が出にくいなと思った…続きをみる

関連する病気のコラム