のびのびサロンシップS

薬効分類
肩こり・腰痛・筋肉痛の薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
商品特長 ●ここちよい冷感の〈微香性〉鎮痛消炎冷感シップ剤。
●シップの角を丸くする事で衣類に引っかからず、はがれにくくなりました。
●伸縮自在で、関節部位にもぴったりフィット。
●フィルムがはがしやすく、貼りやすいシップです。
●薬袋はシップが取り出しやすい横開けタイプ。乾燥を防ぐ「保湿チャック」付。
作用・効能 筋肉痛、筋肉疲労、打撲、ねんざ、肩こり、腰痛、関節痛、骨折痛、しもやけ
成分・分量 [成  分]        : [含量(膏体100g中)]
サリチル酸グリコール    :   1.25g         
l-メントール       :   1.00g    
ビタミンE酢酸エステル   :   1.00g
グリチルレチン酸      :   0.05g

添加物として、イソプロピルメチルフェノール、グリセリン、ケイ酸Al、香料、酸化チタン、ゼラチン、ポリアクリル酸部分中和物、
ポリビニルアルコール(部分けん化物)、その他3成分を含有します。
問い合わせ先 久光製薬株式会社
業界カテゴリ

外用鎮痛・消炎薬(貼付薬)

用法・容量について

1日1~2回患部に貼付してください。

(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)患部の皮膚は清潔にして貼ってください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)

1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
  薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、
  この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
 [関係部位] :  [症 状]
 皮 膚    :  発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、色素沈着
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、
  この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります)。
(4)開封後はチャックをしっかりしめて保存してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 歯痛から来る肩こり

    肩こり・歯痛

    肩こりのせいで歯痛まで起きることがあり、それで非常に困ったときがあり、今ではかなり気をつけています。 要するに肩から首、そして、頭まで影響があるわけです。実際に歯痛もそうですが、頭痛もひどかったです。 ですから、まずはしっかりと肩こりを治すことを考えて、マッサージをして、こりをほぐしたわけですが、これが実に効果的であったのです。それで歯痛まで治って、今ではまったく問題なく生活をしていますから、と…続きをみる
  • 肌に打撲の痕を発見したら念のためにレントゲン検査を受けよう

    打撲・レントゲン

    自転車で転倒して左手首の腫れが酷かったので医者に診察してもらいました。事故当時は気が動転していたせいか痛みもそれほどなかったのですが、1時間ほどすると全身を打撲していたらしく特に左腕の痛みは耐えがたいものがありました。 医師は診察するなりレントゲンが必要と判断しました。1時間以上普通に歩きまわれていたので骨折までしてることはないだろうと考えていました。レントゲンの結果は素人目にも骨折がはっきり写…続きをみる
  • 肩こりに効く漢方薬のススメ

    肩こり・漢方

    母がひどい肩こりで、貼り薬を使ってもなかなか改善されないため、近くの薬局に行った時の話です。 肩こりの薬としては、今まで本当に痛いときに痛み止めを飲んでいたのですが、薬局の方に「体質改善も含めて、漢方を飲んでみてはどうですか?」と勧められたそうです。 母は何となく漢方と聞いても、なかなか効かないようなイメージを持っていたようですが、薬局の方の説明を聞いていくうちに試してみようかなという気になった…続きをみる
  • 関節痛とその際に感じた悪寒について。

    関節痛・悪寒

    何年か前の話になりますが、、以前に関節痛と悪寒が一緒に来たことがありました。とにかくひざがすごく痛くて熱くなるような感じで、発熱がある時のような痛みにとても似ていました。その後すごく寒気がして、ブルブルと震えるような症状になり悪寒が止まらなかったのです。これは絶対におかしいと思い、すぐに病院に行きました。 そして検査をするとインフルエンザを患っていたことがわかりました。初めてインフルエンザにかか…続きをみる

関連する病気のコラム