ガストール細粒

薬効分類
胃腸薬

最終更新日:2019/04/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 胃腸薬

●胃酸は食物の消化に必要なものですが、ストレスや飲み過ぎなどにより必要以上に分泌されると、胃粘膜を攻撃し、胃痛・胸やけ・むかつき・胃もたれなどのつらい胃の症状を引き起こします。
●ガストール細粒は、M1ブロッカーと制酸剤を配合。制酸剤が出過ぎてしまった胃酸を中和、そして、M1ブロッカーが過剰な胃酸分泌を抑制することで、つらい胃の症状に優れた効果を発揮します。
作用・効能 ○胃痛、胸やけ、胃酸過多、胸つかえ、げっぷ ○胃もたれ、胃重、胃部不快感、胃部膨満感 ○はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、飲み過ぎ ○食べ過ぎ、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、消化促進、食欲不振
成分・分量 3包(1日量)中
成分・・・分量・・・作用
ピレンゼピン塩酸塩水和物(M1ブロッカー/ピレンゼピン塩酸塩無水物として45mg)・・・47.1mg・・・出過ぎる胃酸の分泌を抑えます。
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム・・・900mg・・・胃酸を中和するとともに胃粘膜を保護します。
炭酸水素ナトリウム・・・1200mg・・・胃酸をすみやかに中和します。
ビオヂアスターゼ2000・・・30mg・・・食物の消化を促します。

添加物:無水ケイ酸、セルロース、乳糖、ステアリン酸Mg、l-メントール
問い合わせ先 エスエス製薬株式会社
業界カテゴリ

制酸薬

用法・容量について

次の1回量を1日3回、毎食後に水又はぬるま湯で服用してください。
年齢・・・1回量
成人(15才以上)・・・1包
15才未満・・・服用しないこと

○用法・用量を厳守してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)

1.次の人は服用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)透析療法を受けている人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください
胃腸鎮痛鎮痙薬、乗物酔い薬
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)
4.長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)授乳中の人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。 排尿困難
(6)次の診断を受けた人。 緑内障、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ
消化器・・・吐き気、胃部膨満感
循環器・・・動悸
泌尿器・・・排尿困難
その他・・・目のかすみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称・・・症状
アナフィラキシー様症状・・・服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ等があらわれる。
無顆粒球症・・・突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
口のかわき、便秘、下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限をすぎたものは服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 胃もたれはストレスが原因でした。

    胃もたれ・ストレス

    食べ過ぎてしまったときには、そのすぐに胃もたれになったり次の日になるということが多くあります。お腹が減っていても減っていなくても食べ過ぎてはよくないということはわかっているのですが、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。特に脂っこいものやお酒が大好きですのでこの症状についてはかなりのストレスとなっています。仕事にも最悪響いてしまいますので、どうにかして対策をとりたい問題となっています。市販の胃…続きをみる
  • 夕食の量や食べる時間は胃もたれに関係あるのか

    胃もたれ・夕食

    私の実家では、一日の内で一番豪華な食事は夕食と決まっていました。大人になって一人暮らしを始め、自分で料理を作るようになってからも、その傾向はありました。 ある日、胃もたれすることが続いたのですが、特に思い当たることはありませんでした。原因を知りたいと思い、近くの図書館で健康に関する本を借りてきて読むことにしました。すると、一日の内で一番豪華な食事をするなら昼食にすべきという記述を見つけました。寝…続きをみる
  • なぜか同時に感じる食欲不振と空腹感

    食欲不振・空腹感

    私はよく食欲不振にみまわれるのですが不思議なことに、その際しっかり空腹感があるということがあります。 お腹が空いてるのに食べたくないという奇妙なことがよく起きます。一般的には空腹感=食欲あり、だと思うのですが私の場合はそうとは限りません。 おそらく血糖値は下がってしまっているのでしょうが、口を動かしたくない、食べると疲れると感じてしまうのです。そのような時は野菜ジュースや牛乳などで、とりあえず空…続きをみる
  • 胃痛、胸焼けの症状が酷く、初めて胃カメラの検査を実施

    胸焼け・胃カメラ

    1ヶ月ほど前から、胃痛や胸焼けの症状があり、徐々に食欲も落ちていきました。 胃潰瘍や慢性胃炎なのではないかと思い、胃腸科を受診したところ、胃薬を処方して頂き、暫く様子をみることになりました。 しかし、症状は改善するどころか、益々悪化していった為、内視鏡検査(胃カメラ)を実施することになりました。 胃カメラの検査をするのは初めてで不安でしたが、鼻からカメラを挿入することで苦痛もなく、5分程度で検査…続きをみる

関連する病気のコラム