ピロットA錠 40錠

薬効分類
アレルギーの薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 ピロットA錠は、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤(メキタジン)に、3種のビタミン
(ビタミンB2、ビタミンB6、ニコチン酸アミド)を配合したアレルギー用薬で、
鼻炎、しっしんによるかゆみなどに効果を発揮します。
作用・効能 鼻炎、湿疹・かぶれによるかゆみ、じんましん。
成分・分量 (4錠中)
 メキタジン             4mg:
  鼻炎やじんましんなどのアレルギー症状を改善します。
 リボフラビン(ビタミンB2)   12mg:
  皮ふ・粘膜の正常な働きを助けるビタミンです。
 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)30mg:
  湿疹・皮ふ炎の改善作用などを有するビタミンです。
 ニコチン酸アミド         60mg:
  湿疹・皮ふ炎の改善作用などを有するビタミンです。

添加物として乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、クロスカルメロースNa、硬化油、
酸化チタン、ステアリン酸Mg、セルロース、ヒプロメロース、マクロゴールを含有しま
す。

本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、これは本剤中のリボフラビン(ビタ
ミンB2)によるものですので、ご心配ありません。
問い合わせ先 全薬工業株式会社
業界カテゴリ

内服アレルギー用薬

用法・容量について

次の量を1日2回(朝・夕)服用してください。
 15才以上 : 2錠
 15才未満 : 服用しないこと

本剤は水又はぬるま湯で服用してください。     

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる。)

1.次の人は服用しないでください。
  本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
  他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、
  鼻炎用内服薬、乗物酔い薬等)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
  (眠気等があらわれることがある。)
4.服用前後は飲酒しないでください。
5.長期連用しないでください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。
 (4)高齢者。
 (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (6)次の症状のある人。
    排尿困難
 (7)次の診断を受けた人。
    緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止
  し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   ●皮   膚: 発疹・発赤、かゆみ
   ●消 化 器: 吐き気・嘔吐、食欲不振、腹痛
   ●精神神経系: 頭痛、ふらふら感
   ●泌 尿 器: 排尿困難
  ○まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診
   療を受けてください。
   ●ショック(アナフィラキシー):
    服用後すぐに皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、
    息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
   ●肝機能障害:
    発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、
    食欲不振等があらわれる。
   ●血小板減少:
    血液中の成分である血小板の数が減ることにより、鼻血、歯ぐきからの出血、青
    あざ等の出血症状があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見
  られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者
  に相談してください。
  口のかわき、眠気
4.5~6日服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他の注意

◇上記以外の記載内容◇

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)品質保持のため、錠剤をとりだすときはキャップにとり、手にふれた錠剤はビンに
   戻さないでください。
(5)ビンの中の詰め物(透明フィルム、クッション)は、錠剤の破損防止のために入れ
   てあります。開封後、透明フィルムはすててください。(開封後に詰め物を出し入
   れすると、湿気やホコリなどが入り込み、品質が低下する原因になる。)
(6)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 鼻づまりで酸欠になり頭痛と眠気に襲われる

    鼻づまり・眠気

    鼻づまりが酷い時は鼻呼吸できず口呼吸ばかりになってしまいます。私の場合この状態が続くと頭全体に十分な酸素が行かず、軽い酸欠のような状態になってしまいます。私はアレルギー性鼻炎が酷いため、けっこう頻繁にこのような状態が起こります。 長距離マラソンをした時と同じような感覚で、頭がぼんやりしてきて軽い眠気が襲ってきます。さらにひどい時などは熱が出た時と同じぐらい激しい頭痛になる時もあります。 このよう…続きをみる
  • アレルギー性鼻炎にレーザー治療で対処した人の体験談

    アレルギー性鼻炎・レーザー治療

    私は、13歳のころから花粉症です。主にスギとヒノキのアレルギーがひどく、春はあたたかくなるうれしさの反面、アレルギー性鼻炎のことを考えると憂鬱な季節です。花粉が猛威をふるうシーズン前に病院にかかり予防注射や飲み薬などをもらったりしたのですが劇的に効果があったというものはなく、この花粉症との付き合いは20年にもなります。最近、レーザー治療なるアレルギー性鼻炎に効果的な治療のことを耳にし、 治療を行…続きをみる
  • アレルギー性鼻炎で咳が出る

    アレルギー性鼻炎・咳

    咳が出るようになり、風邪を引いたかなと思っていましたが長引いてなかなか治らないので受診すると問診で他に異常を感じる事がないか、アレルギーなどを持っていないか聞かれ花粉症で鼻水が出たり、目がムズムズしますと答えるとアレルギー性鼻炎と診断され後鼻漏と言われました。 鼻水が喉に流れたり、喉の奥に鼻水が張り付くような感覚など後鼻漏の自覚症状もあったので納得し、治療を行う事になりました。 原疾患であるアレ…続きをみる
  • アレルギー性鼻炎でレーザー治療

    アレルギー性鼻炎・鼻血

    私は、小さいころから慢性的な鼻炎の症状で生活をしていました。一年中鼻がつまっていて、黄色・黄緑色の粘っこい鼻汁がよく出ていて、口呼吸ですし、いつも頭が重く疲れやすくて集中力のないそんな毎日をすごしていました。 中学生になってからは、鼻炎に加え花粉症のアレルギー性鼻炎にもなり、透明な鼻汁が大量に出て頻繁に鼻をかむせいか、鼻血を出したりたりして睡眠もとれず、本当に辛くて学校も行けない日もありました。…続きをみる

関連する病気のコラム