抗菌アイリス使いきり

薬効分類
目薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 ◆抗菌アイリス使いきりは、四種の有効成分の働きにより、ものもらい・結膜炎の原因菌の繁殖を抑え、かゆみなどの炎症を鎮め、炎症で傷ついた目の状態を改善します。
◆独自技術を用いた製剤設計により、薬液が目の表面に長く留まります。
作用・効能 ものもらい、結膜炎(はやり目)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかゆみ 〔こんな目の症状に〕 ○ものもらい まつ毛の根もとやその付近に細菌が感染して炎症を起こしたもの。まぶたが赤くはれて、かゆみを伴います。 ○結膜炎(はやり目) プールなどで感染するケースが多く、結膜(白目、まぶたの裏)が充血して、かゆみを伴います。 ○眼瞼炎(まぶたのただれ) 細菌感染などにより、まぶたのふちのはれやただれ、かゆみなどの症状があらわれます。
成分・分量  〔成  分〕 スルファメトキサゾール
 〔分  量〕 4.0%
 〔はたらき〕 ものもらいや結膜炎の原因となる細菌に優れた抗菌作用をあらわします。

 〔成  分〕 グリチルリチン酸二カリウム
 〔分  量〕 0.25%
 〔はたらき〕 細菌感染などによる目の炎症を鎮めます。

 〔成  分〕 イプシロン-アミノカプロン酸
 〔分  量〕 1.0%
 〔はたらき〕 細菌感染などによる目の炎症を鎮めます。

 〔成  分〕 ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
 〔分  量〕 0.1%
 〔はたらき〕 目に栄養を与え、新陳代謝を促します。

添加物:ジェランガム、トロメタモール、クエン酸Na、エデト酸Na

<注意>
本剤の点眼後、口中に苦みまたは甘みを感じることがありますが、苦みは有効成分のスルファメトキサゾールによるもの、甘みは有効成分のグリチルリチン酸二カリウムによるものですから、ご心配ありません。
問い合わせ先 大正製薬株式会社
業界カテゴリ

一般点眼薬

用法・容量について

1日3~6回、1回2~3滴を点眼してください。

<注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶた、まつ毛にふれさせないでください。
   また混濁したものは使用しないでください。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(5)点眼用にのみ使用してください。
(6)無理にひっぱって開封しないでください。また、いきおいよく開封すると、薬液が飛び散ることがありますので注意してください。
(7)本剤は「1回使いきりタイプ」の点眼剤で、防腐剤を含有しておりませんので、使用後の残液は捨ててください。
※本剤は、滞留性のある製剤であるため、点眼後しばらく視野がぼやけることがありますので注意してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

長期連用しないでください

注意事項

①次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
    はげしい目の痛み
②使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
      目   : 充血、かゆみ、はれ
③3~4日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)本剤は光による薬液の変質を防ぐため、着色容器・着色袋を使用しておりますが、保存する場合は箱に戻すなど、光の当たらない所に保管してください。なお、冷蔵庫では保管しないでください。
(6)車のダッシュボード等高温下に放置しないでください。(容器の変形や薬液の品質が劣化することがあります)
(7)ズボンの後ろポケット等に製品を入れると、キャップがあくことがありますので、注意してください。
(8)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても開封後はなるべく早く使用してください。(品質保持のため)
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 眼精疲労に効く薬とは

    眼精疲労・薬

    25歳の頃に会社の仕事が忙しくなり、パソコンに向かう時間も長くなりました。そして目がとても疲れるようになり、耐えられなくなったので眼科を受診しました。日々の症状を伝えて先生に診察していただいたところ、眼精疲労ということが分かりました。また、目のアレルギーも発症していたことからかゆみも出ていました。これらの症状を改善するためには目を休ませることと、目薬を使用することを勧められました。目薬はコンタク…続きをみる
  • ドライアイは放置しちゃダメだった

    ドライアイ・放置

    私は大学生になってからパソコンとスマホを使う時間が長くなり、課題をこなすことから趣味のことまでほぼすべてのことをそれらでやっていました。ある日目がなんとなく疲れていると感じる時間が長くなってきました。しかしこのときはそれほど深刻にも考えずにパソコンなどを使い続けました。 しばらくして大学のレポートをパソコンで作成していると、画面にピントが合わなくなり、少し休憩してもまたすぐに目が疲れてしまうとい…続きをみる
  • 食物アレルギーは完治するのか

    アレルギー・完治

    卵や乳製品、小麦製品など食物アレルギーを持っている人は結構多いと思いますが、アレルギーによって食事を制限されるのは大変だと思います。管理が大変な食物アレルギーですが、一生付き合っていかなければならないものなのでしょうか。 その答えは「人によって様々」です。一般的に、食物アレルギーが発覚するのは幼少期です。そして、大人になるにつれて自然に治るものがほとんどだと言われています。 しかし、中には大人に…続きをみる
  • コーヒーはブラックでミルクや砂糖は花粉症に逆効果。

    花粉症 コーヒー

    出来れば私は普段だったらコーヒーを飲むっていう時にはお砂糖とミルクをたくさん入れて飲むっていうのが好きだったのですけれども、花粉症になっているっていう時にはこれらは絶対に入れて飲むのはよくないと母から強く言われました。 母も実は過去に花粉症になってしまったっていう時に、少量ではあったけれどもコーヒーの中にミルク遠さというを入れて飲んだのですが効果という効果が全然出てこなくて無意味だったらしくよく…続きをみる

関連する病気のコラム