パブロン鼻炎カプセルSα

薬効分類
鼻・耳の薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 ◆パブロン鼻炎カプセルSαは、1日2回の服用ですぐれた効果を発揮する鼻炎内服薬です。
◆すばやく溶けて効き始める白色の顆粒と、ゆっくり溶けて後から効くオレンジ色の顆粒が、つらい鼻炎症状によく効きます。
作用・効能 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:  くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)
成分・分量 2カプセル中
 〔成  分〕 塩酸プソイドエフェドリン
 〔分  量〕 60mg
 〔はたらき〕 血管収縮作用により、鼻粘膜の充血・はれを抑制し、鼻づまりを改
        善します。

 〔成  分〕 マレイン酸カルビノキサミン
 〔分  量〕 6mg
 〔はたらき〕 抗ヒスタミン作用により、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりをおさえま
        す。

 〔成  分〕 ベラドンナ総アルカロイド
 〔分  量〕 0.2mg
 〔はたらき〕 分泌抑制作用により、鼻みずをおさえ、なみだ目を改善します。

 〔成  分〕 無水カフェイン
 〔分  量〕 50mg
 〔はたらき〕 鼻炎に伴う頭重感をやわらげます。

添加物:メタケイ酸アルミン酸Mg、白糖、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、セルロース、タルク、アンモニオアルキルメタクリレートコポリマー、ステアリルアルコール、トリオレイン酸ソルビタン、黄色5号、ゼラチン、ラウリル硫酸Na
問い合わせ先 大正製薬株式会社
業界カテゴリ

鼻炎用点鼻薬

用法・容量について

次の量を12時間ごとに水又はぬるま湯で服用してください。
 〔 年  令 〕 15才以上
 〔1 回 量 〕 2カプセル
 〔 服用回数 〕 1日2回

 〔 年  令 〕 15才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔 服用回数 〕 服用しないこと

<注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方
   カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

①次の人は服用しないでください
 (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (2)次の症状のある人。
     前立腺肥大による排尿困難
 (3)次の診断を受けた人。
     高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病
②本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
  他の鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)、塩酸プソイドエフェドリン又は硫酸プソイドエフェドリンを含有する内服薬、胃腸鎮痛鎮痙薬
③服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
 (眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります)
④長期連用しないでください

注意事項

①次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。
 (4)高齢者。
 (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (6)かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬等により、不眠、めまい、脱力感、震え、動悸を起こしたことがある人。
 (7)次の症状のある人。
     高熱、排尿困難
 (8)次の診断を受けた人。
     緑内障、腎臓病
 (9)モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩等)で治療を受けている人。
     (セレギリン塩酸塩は、パーキンソン病の治療に用いられます)
②服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐、食欲不振
    精神神経系 : めまい、不眠、神経過敏、頭痛、けいれん
    泌尿器   : 排尿困難
    その他   : 顔のほてり、異常なまぶしさ
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕急性汎発性発疹性膿疱症
 〔症   状〕高熱、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツ
        ブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、
        急激に悪化する。
③服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  口のかわき、眠気、便秘、目のかすみ
④5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は6ヵ月以内に服用してください。(品質保持のため)
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 鼻炎の検査をしました

    鼻炎・検査

    鼻炎で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。花粉の時期に症状が出て困っているという人は多いと思いますが、中には、悩む時期スギ花粉の時期とは異なっていたり、特に思い当たる節がなかったりして対策しようにも対策できないと困っている人もいることでしょう。 私は、毎年のように鼻水などの症状が出て困っていたのですが、症状が初めて出たのはスギ花粉が終わろうとしていた時期で、その後も季節に関係なくたびたび悩ま…続きをみる
  • 鼻づまりで酸欠になり頭痛と眠気に襲われる

    鼻づまり・眠気

    鼻づまりが酷い時は鼻呼吸できず口呼吸ばかりになってしまいます。私の場合この状態が続くと頭全体に十分な酸素が行かず、軽い酸欠のような状態になってしまいます。私はアレルギー性鼻炎が酷いため、けっこう頻繁にこのような状態が起こります。 長距離マラソンをした時と同じような感覚で、頭がぼんやりしてきて軽い眠気が襲ってきます。さらにひどい時などは熱が出た時と同じぐらい激しい頭痛になる時もあります。 このよう…続きをみる
  • アレルギーに対する考え方

    アレルギー性鼻炎・食べ物

    体の不快感、特に鼻炎は本当に辛いものです。自分がもともとのアレルギー体質で様々なアレルゲンにも反応してしまうので長年において悩まされています。 アレルギー性鼻炎に目の痒みなど、冬から春にかけて一番症状が重くなるので若い頃はくしゃみと鼻水が特に酷く、毎年病院通いで少しでも症状を和らげたいと注射や投薬など色々と試していました。 ですが数年が経ち自分の子供も同じ体質とわかった時、鼻炎症状も慢性化しつつ…続きをみる
  • 急性鼻炎と涙の関係?

    急性鼻炎・涙

    私の実家の母の話です。 母がアレルギー体質とは聞いたことはなかったのですが、祖母の古い家で、亡くなった祖母の荷物を片付けていたとき、目に見えるぐらい埃が舞って急性鼻炎になってしまったそうです。ハウスダストやダニにやられたのだと思います。マスクを持っていけばよかった、と悔やんでいました。くしゃみがとまらなくなり、目がかゆくなり、涙がにじみ出てきたそうです。目も赤くなっていました。 祖母の部屋から出…続きをみる

関連する病気のコラム