ブチスコミン

薬効分類
整腸薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 ブチスコミンは・・・
●鎮痛・鎮痙作用にすぐれたブチルスコポラミン臭化物を配合しています。
●急な胃痛、つらい腹痛・さしこみにすぐれた効果をあらわします。
●服用しやすい白色の糖衣錠で、1回1錠でよく効きます。
作用・効能 胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛、癪)、胃酸過多、胸やけ
成分・分量 3錠中
 〔成  分〕 ブチルスコポラミン臭化物
 〔分  量〕 30mg
 〔働  き〕 副交感神経に働き、胃や腸のけいれんをやわらげ、胃痛、腹痛、さ
        しこみの痛みを鎮めます。また、胃酸の分泌を抑えますので胃酸過
        多や胸やけにもすぐれた効きめをあらわします。

添加物として、乳糖、トウモロコシデンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、マクロゴール、ポリビニルアルコール(部分けん化物)、炭酸Ca、酸化チタン、白糖、ポピドン、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、カルナウバロウを含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

整腸薬

用法・容量について

下記の1回服用量を服用します。服用間隔は4時間以上おいてください。
 〔 年  齢 〕 大人(15才)以上
 〔1回服用量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 3回を限度とします

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1回服用量 〕 服用しないでください
 〔1日服用回数〕 服用しないでください

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
   錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は服用しないでください
   本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
   他の胃腸鎮痛鎮痙薬、ロートエキスを含有する他の胃腸薬、乗物酔い薬
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
   (目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)高齢者。
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (5)次の症状のある人。
     排尿困難
 (6)次の診断を受けた人。
     心臓病、緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
    精神神経系 : 頭痛
    泌 尿 器 : 排尿困難
    そ の 他 : 顔のほてり、異常なまぶしさ

  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕ショック(アナフィラキシー)
 〔症   状〕服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   口のかわき、便秘、目のかすみ
4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 1か月以上の軟便が続き血液検査をしたところ

    軟便・血液検査

    私は元々胃腸が弱く、ストレスや疲れが溜まったり、緊張状態が続くと、すぐにお腹を壊してしまいます。 以前勤めていた会社は、勤務時間が不規則で休日も週に一度と少なく、生活習慣が非常に乱れていました。 入社して2ヶ月程経った頃から、微熱や頭痛、胃痛や食欲不振、軟便や下痢、全身倦怠感といった症状が現れ始めました。 風邪かと思い薬を飲んで休んでいても、一向に良くなる気配がありません。 心配になり、病院を受…続きをみる
  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 空腹時の胃痛…放置すると一日中苦しむかも?

    胃痛・空腹時

    私は、空腹時やそのまま放置すると胃が痛くなったり、ガスが溜まってしまうことがあります。 この症状を一番強く感じた瞬間は、大学生の頃に行った研修中のときです。お昼の時間に移動をしていたため、遅い昼食になってしまいました。しかし胃の中が空っぽの状態で、いきなり食べ物を胃の中に入れたため、胃痛と腸内にガスが溜まってしまいました。身体がびっくりしてしまったのでしょうか。その一日は痛みが続き、苦しい思いを…続きをみる
  • 妊娠初期の胸焼けが辛かったです

    胸焼け・妊娠初期

    子供が1歳9カ月の女の子と、2人目を妊娠中の主婦です。 1人目の妊娠中、全くつわりがなかったのですが、今回の2人目の妊娠においては、初めてつわりを経験しました。妊娠初期の2ヶ月~3ヶ月の頃、ひどい胸焼けの症状に悩まされました。朝目が覚めた時にはすでに気持ちが悪く、少し食事をとると一度落ち着くのですが、夕方再び気持ちが悪くなり、ひどい時は横になっていないと我慢できないほどでした。上の子が小さく、ま…続きをみる

関連する病気のコラム