パンセダン

薬効分類
鎮静薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 パンセダンは・・・
●鎮静作用に効果の高い生薬を配合した植物性の静穏薬です。
●人前で緊張しやすい方、試験や会議の緊張感、禁煙中やダイエット中のいらいら感やそれにともなう頭重・疲労倦怠感の緩和におすすめの淡緑色のフィルムコーティング錠です。
作用・効能 いらいら感・緊張感・興奮感の鎮静、 上記にともなう頭重・疲労倦怠感の緩和
成分・分量 4錠中
 〔成  分〕 パッシフローラエキス
 〔分  量〕 160mg
 〔働  き〕 南米原産のつる性の植物で、茎及び葉を薬用に用い、鎮静作用をあ
        らわします。

 〔成  分〕 セイヨウヤドリギエキス
 〔分  量〕 40mg
 〔働  き〕 ブナ、カシの樹上に寄生する常緑低木で、枝、葉及び梢を薬用に用
        い、鎮静作用をあらわします。

 〔成  分〕 カギカズラエキス
 〔分  量〕 90mg
 〔働  き〕 日本、中国に自生するつる性の植物で、通例とげを薬用に用い、鎮
        静作用をあらわします。

 〔成  分〕 ホップ乾燥エキス
 〔分  量〕 36mg
 〔働  き〕 欧州原産で日本でも栽培されているつる性の植物で、成熟した果穂
        を薬用に用い、鎮静作用をあらわします。

添加物として、リン酸水素Ca、CMC、乳糖、セルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール、銅クロロフィリンNaを含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

鎮静薬

用法・容量について

下記の服用量を服用します。
 〔 年  齢 〕 成人(15才以上)
 〔1回服用量 〕 2錠
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1回服用量 〕 服用しないでください
 〔1日服用回数〕 服用しないでください

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
   錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。
   (誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
   他の鎮静薬
2.長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
  (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気・嘔吐、食欲不振
3.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

  • アガラン錠

    緊張による疲れの緩和に神経の緊張をしずめるカノコ草エキスなどの天然生薬5種類を配合した人前で話す時の緊張をしずめる生薬… 続きを読む

  • メチオンパール

    メチオンパールは生薬製剤で植物生薬のみを5種類配合した鎮静薬です。慢性的な精神神経系の疲れをやわらげ、緊張感、いらいら… 続きを読む

  • ドキシン錠

    ●主成分のメトカルバモールは、神経の反射をおさえ、筋肉の異常な緊張やこりを除いて痛みをやわらげます。●痛みをしずめるエ… 続きを読む

  • イララックa

    ●イララックは、高ぶった神経を落ち着かせ、気持ちをおだやかにする医薬品です●植物由来の生薬エキスがイライラ感や神経の高… 続きを読む

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 漢方で睡眠障害を克服した友人

    睡眠障害・漢方

    人生の3分の1を占めるといわれている睡眠ですが、何かしらのトラブルを抱えている人も多いと思います。睡眠障害には、なかなか眠れない・眠りが浅い・いったんは眠れるものの短時間で起きてしまい、そのあと眠れない等の症状が挙げられます。でも不眠症で悩んでいても睡眠導入薬などの西洋薬には頼りたくないという声もよく聞かれます。そのような場合には漢方薬を試してみるのもいいかもしれません。 漢方薬は睡眠障害を完治…続きをみる
  • 何科?睡眠障害を受診するには

    睡眠障害・何科

    全く眠れない日が2週間も続いていました。睡眠障害になったのかな?と思いましたが、病院は何科へ受診しに行けばいいのかわかりませんでした。そもそも、睡眠障害になった理由が全く分かりませんし、元々、寝つきがよくないので、寝るまでに時間がかかります。 「寝つきが悪い」というのも睡眠障害になった理由とすれば、「寝つきが悪い」という事の相談は何科へ行けばいいか考えました。 友人に「睡眠障害は何科に受診したら…続きをみる
  • 「治らない…」長年染みついた睡眠障害

    睡眠障害・治らない

    筆者も長年、ひどい睡眠障害が治らないことに悩まされています。ネットで検索しても、睡眠障害は治らないとか治りにくいとか言う情報が多いので、完治してほしいとは思っていますが、半ばあきらめています。入眠障害や中途覚醒とも簡単に治らない睡眠障害ですが、睡眠時間や生活時間がずれてしまったような睡眠障害は、それ以上に治らない、または治す良い方法が少ないようです。 ただここ数年で、睡眠導入剤も以前のものと比べ…続きをみる
  • 深刻な睡眠障害の自覚症状

    睡眠障害・自覚症状

    私が体験した睡眠障害の自覚症状は、寝つきが悪い、途中で目が覚めてまた眠ろうとしてもなかなか寝付けないなどといったものでした。寝ても悪夢をずっと見ているせいか朝起きてもしっかり眠ったという感覚は無く、体がだるく頭の中がすっきりしないため、昼間は眠くて仕事もはかどりませんでした。 睡眠障害の中でも一番きつかった自覚症状は夜中、食べ物を食べてしまうという行動でした。朝起きると、夜中に起きて食べ物を食べ…続きをみる

関連する病気のコラム