神恵

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 神恵は・・・
●当帰・芍薬・川キュウ・地黄・猪苓の5つの生薬を組み合わせた四物湯(しもつとう)を配合し、めまい、のぼせ、耳鳴などの更年期の諸症状に効果をあらわします。
●末梢血管を拡張するトコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)とイノシトールヘキサニコチン酸エステルが血行を促進し、末梢血管障害、四肢冷感症、冷え性に効果をあらわします。
●神経を円滑に働かせるシアノコバラミンを配合し、肩こり、腰痛に効果をあらわします。
作用・効能 末梢血管障害、四肢冷感症、冷え性、しもやけ、しびれ感、月経困難症、動脈硬化による循環障害、肢端チアノーゼ、レイノー氏病 めまい・のぼせ・頭重・耳鳴・動悸・動脈硬化・全身倦怠・肩こり・腰痛・不眠等の更年期諸症状
成分・分量 3錠中
 〔成  分〕 イノシトールヘキサニコチン酸エステル
 〔分  量〕 120mg
 〔働  き〕 末梢の血管を拡張する働きがあり、四肢冷感症、しもやけなどに効
        果をあらわします。

 〔成  分〕 トコフェロールコハク酸エステルカルシウム
        (ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)
 〔分  量〕 105mg
 〔働  き〕 末梢の血行を改善し、末梢血管障害、四肢冷感症、肩こりなどに効
        果をあらわします。

 〔成  分〕 四物湯エキス
 〔分  量〕 96mg
 〔働  き〕 血行を促進し、体を温める働きがあり、めまい、のぼせ、頭重など
        の更年期の諸症状に効果をあらわします。

 〔成  分〕 シアノコバラミン(ビタミンB12)
 〔分  量〕 0.03mg
 〔働  き〕 神経細胞の機能を維持して神経を円滑に働かせることで、肩こり、
        腰痛に効果をあらわします。

 〔成  分〕 カンゾウエキス
 〔分  量〕 30mg
 〔働  き〕 甘草から抽出したエキスでグリチルリチン酸などを含みます。

添加物として、トウモロコシデンプン、バレイショデンプン、乳糖、CMC-Ca、ケイ酸Al、ヒドロキシプロピルスターチ、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、タルク、セラック、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、アラビアゴム、炭酸Ca、ゼラチン、酸化チタン、白糖、カルナウバロウ、赤色3号、黄色5号を含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

通常下記の1回服用量を1日2~3回服用します。
 〔 年  齢 〕 大人(15才以上)
 〔1回服用量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 2~3回

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1回服用量 〕 服用しないでください
 〔1日服用回数〕 服用しないでください

<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気、胃部不快感、食欲不振、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   便秘、下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 足が痛い原因は冷え性からだった

    冷え性・痛い

    冬場はもちろん、夏の冷房の室内にいると、足の痛みを感じることがよくあります。関節部分が痛いのはもちろん、ふくらはぎや太ももまでが痛いのでどうしたことだろうと心配していました。冬場はこたつに入っていることも多いし、冷え性なので夏場も毎日パンツスタイルで過ごしています。靴下も一定の厚さのものをはいているし、ケアはしているつもりでした。 ある晩、入浴しようとして足を触ってみたところ、意外な冷たさでした…続きをみる
  • 駅のホームで貧血で倒れること複数回

    貧血・倒れる

    年に一度受けている健康診断で貧血と診断されました。それまでも立ちくらみが起こったり、立ち上がった時に目の前がちかちかしたりすることはありましたが、診断されたのは初めてでショックでした。 そして、先日始めて貧血で倒れるという事態が起こってしまいました。仕事が忙しい時で寝不足が続いていて、昼間すごく眠くなってしまったので少し休憩しようとしてその場にうずくまっていました。しかし急いでやらないといけない…続きをみる
  • 手足の冷えて痛い事ってあります。

    手足の冷え・痛い

    これから寒くなってくるので、手足の冷えがひどくて痛いという事が多くなってきてしまいます。 部屋の温度も下がって、体温調節が難しくなってきますと末端に血液が通いづらくなり、手足の冷えが厳しく立つと痛いという事があります。 手も冷えてくると物を掴んだりすると電気が走って痛い事も多いです。 近年は、足下にヒーターを置いたりヒートテックのソックスなどで暖めても追いつかず、ぴりっと電気が走ってしまい、すぐ…続きをみる
  • 生理不順の治し方は生活習慣から

    生理不順・治し方

    生理不順の治し方としては、まずは婦人科にかかって相談してみるのがいちばんです。私が生理不順になったときには、「もしかして悪い病気なのでは?」「子宮に何かできていたらどうしよう」と不安が広がり、さらにストレスになったのがよくありませんでした。 不安に思っていても仕方ないので病院に行って診てもらったところ、女性のお医者さんで、「特に問題はないので、疲れやストレスを軽減するようにしてみて下さい」とアド…続きをみる

関連する病気のコラム