神恵

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 神恵は・・・
●当帰・芍薬・川キュウ・地黄・猪苓の5つの生薬を組み合わせた四物湯(しもつとう)を配合し、めまい、のぼせ、耳鳴などの更年期の諸症状に効果をあらわします。
●末梢血管を拡張するトコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)とイノシトールヘキサニコチン酸エステルが血行を促進し、末梢血管障害、四肢冷感症、冷え性に効果をあらわします。
●神経を円滑に働かせるシアノコバラミンを配合し、肩こり、腰痛に効果をあらわします。
作用・効能 末梢血管障害、四肢冷感症、冷え性、しもやけ、しびれ感、月経困難症、動脈硬化による循環障害、肢端チアノーゼ、レイノー氏病 めまい・のぼせ・頭重・耳鳴・動悸・動脈硬化・全身倦怠・肩こり・腰痛・不眠等の更年期諸症状
成分・分量 3錠中
 〔成  分〕 イノシトールヘキサニコチン酸エステル
 〔分  量〕 120mg
 〔働  き〕 末梢の血管を拡張する働きがあり、四肢冷感症、しもやけなどに効
        果をあらわします。

 〔成  分〕 トコフェロールコハク酸エステルカルシウム
        (ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)
 〔分  量〕 105mg
 〔働  き〕 末梢の血行を改善し、末梢血管障害、四肢冷感症、肩こりなどに効
        果をあらわします。

 〔成  分〕 四物湯エキス
 〔分  量〕 96mg
 〔働  き〕 血行を促進し、体を温める働きがあり、めまい、のぼせ、頭重など
        の更年期の諸症状に効果をあらわします。

 〔成  分〕 シアノコバラミン(ビタミンB12)
 〔分  量〕 0.03mg
 〔働  き〕 神経細胞の機能を維持して神経を円滑に働かせることで、肩こり、
        腰痛に効果をあらわします。

 〔成  分〕 カンゾウエキス
 〔分  量〕 30mg
 〔働  き〕 甘草から抽出したエキスでグリチルリチン酸などを含みます。

添加物として、トウモロコシデンプン、バレイショデンプン、乳糖、CMC-Ca、ケイ酸Al、ヒドロキシプロピルスターチ、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、タルク、セラック、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、アラビアゴム、炭酸Ca、ゼラチン、酸化チタン、白糖、カルナウバロウ、赤色3号、黄色5号を含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

通常下記の1回服用量を1日2~3回服用します。
 〔 年  齢 〕 大人(15才以上)
 〔1回服用量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 2~3回

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1回服用量 〕 服用しないでください
 〔1日服用回数〕 服用しないでください

<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気、胃部不快感、食欲不振、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   便秘、下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 40代からの生理不順

    生理不順・40代

    私は40歳の誕生日を迎えてから、1回目の生理がダラダラと続きました。 仕事でもストレスが溜まっていたので、ホルモンバランスの崩れなのかと思いしばらく様子をみていたのですが、やっと止まった生理もその1週間後にまた始まり、そして生理の量も普段とは違い、多かったり少なかったりという生理不順の状況が続きました。 年齢も40代となったため、更年期障害なのか?閉経前なのか?と色々と考えたのですが、不安でいて…続きをみる
  • 貧血に効果的な飲み物とは

    貧血・飲み物

    私はすごく低血圧で良く貧血を起こしていました。なにかに肘をぶつけたり学校の集会で立っているだけで貧血を引き起こし倒れてしまうこともありました。私の家系は母も祖母も貧血持ちだったため、相談したところ鉄分の入った飲み物をとると良いと教えてもらいました。それから、コンビニやスーパーで売っている鉄分の含まれた飲み物を意識して購入するように心がけ、朝は鉄分豊富なほうれん草を含むお手製のドリンクを飲むように…続きをみる
  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • のぼせて頭痛になる…

    のぼせ・頭痛

    小学生の頃からよく頭が痛くなる体質でした。 頭痛もちの人は体を温める方がいいのか、もしくは首のあたりを冷やすのがいいのか、頭痛の種類によって違うようですが、私の場合はその時々の頭痛で違いました。もうすぐ頭が痛くなるという感覚が自分で分かるようになり、本格的に痛くなる前にどうにかしようと思い、いろいろ試してみました。今回は温めた方がよさそうだと自分の勘にたよって、お風呂に入ったこともありますが、逆…続きをみる

関連する病気のコラム