神恵

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 神恵は・・・
●当帰・芍薬・川キュウ・地黄・猪苓の5つの生薬を組み合わせた四物湯(しもつとう)を配合し、めまい、のぼせ、耳鳴などの更年期の諸症状に効果をあらわします。
●末梢血管を拡張するトコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)とイノシトールヘキサニコチン酸エステルが血行を促進し、末梢血管障害、四肢冷感症、冷え性に効果をあらわします。
●神経を円滑に働かせるシアノコバラミンを配合し、肩こり、腰痛に効果をあらわします。
作用・効能 末梢血管障害、四肢冷感症、冷え性、しもやけ、しびれ感、月経困難症、動脈硬化による循環障害、肢端チアノーゼ、レイノー氏病 めまい・のぼせ・頭重・耳鳴・動悸・動脈硬化・全身倦怠・肩こり・腰痛・不眠等の更年期諸症状
成分・分量 3錠中
 〔成  分〕 イノシトールヘキサニコチン酸エステル
 〔分  量〕 120mg
 〔働  き〕 末梢の血管を拡張する働きがあり、四肢冷感症、しもやけなどに効
        果をあらわします。

 〔成  分〕 トコフェロールコハク酸エステルカルシウム
        (ビタミンEコハク酸エステルカルシウム)
 〔分  量〕 105mg
 〔働  き〕 末梢の血行を改善し、末梢血管障害、四肢冷感症、肩こりなどに効
        果をあらわします。

 〔成  分〕 四物湯エキス
 〔分  量〕 96mg
 〔働  き〕 血行を促進し、体を温める働きがあり、めまい、のぼせ、頭重など
        の更年期の諸症状に効果をあらわします。

 〔成  分〕 シアノコバラミン(ビタミンB12)
 〔分  量〕 0.03mg
 〔働  き〕 神経細胞の機能を維持して神経を円滑に働かせることで、肩こり、
        腰痛に効果をあらわします。

 〔成  分〕 カンゾウエキス
 〔分  量〕 30mg
 〔働  き〕 甘草から抽出したエキスでグリチルリチン酸などを含みます。

添加物として、トウモロコシデンプン、バレイショデンプン、乳糖、CMC-Ca、ケイ酸Al、ヒドロキシプロピルスターチ、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、タルク、セラック、ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート、アラビアゴム、炭酸Ca、ゼラチン、酸化チタン、白糖、カルナウバロウ、赤色3号、黄色5号を含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

通常下記の1回服用量を1日2~3回服用します。
 〔 年  齢 〕 大人(15才以上)
 〔1回服用量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 2~3回

 〔 年  齢 〕 15才未満
 〔1回服用量 〕 服用しないでください
 〔1日服用回数〕 服用しないでください

<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気、胃部不快感、食欲不振、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   便秘、下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 寒気が治らないなら更年期障害を疑って診察を受けよう

    更年期障害・寒気

    ゆっくりお風呂に入って寝ようと思ったのに、いざ布団に入っても、なかなか体が温まらず、寒気がして眠れないことがあります。もしかしたら、冷え性の症状がひどくなったのかもしれないと不安になりました。 そこで、同じような症状について悩んでいる人はいないだろうかと、健康に関する口コミサイトをチェックしてみました。すると、更年期障害でも、深刻な寒気を感じることが分かりました。友人や同僚も更年期障害で苦しんで…続きをみる
  • 手足の冷えと胃腸の関係

    手足の冷え・胃腸

    手足の冷えって痛いし、冷たくて辛いものです。温めてもすぐ冷たく硬くこわばります。インターネットでしらべたり、自己流で生姜湯飲んでみたりしたものの、なかなか効果のある改善策が見つかりませんでした。 子供が少しアトピーっぽかったので、アトピーには、ルイボスティーが効くという噂を聞いて、試そうと注文し、どのような効果があるのかみてみると、胃腸の調子を緩やかに整える。とありました。また冷え性にも効くと…続きをみる
  • 駅のホームで貧血で倒れること複数回

    貧血・倒れる

    年に一度受けている健康診断で貧血と診断されました。それまでも立ちくらみが起こったり、立ち上がった時に目の前がちかちかしたりすることはありましたが、診断されたのは初めてでショックでした。 そして、先日始めて貧血で倒れるという事態が起こってしまいました。仕事が忙しい時で寝不足が続いていて、昼間すごく眠くなってしまったので少し休憩しようとしてその場にうずくまっていました。しかし急いでやらないといけない…続きをみる
  • 貧血の治療は婦人科病院でも出来る!

    貧血・病院

    以前、献血をした時に「あなたの血液は、薄くて輸血には使えません。」と、言われた事が有りましたが日常の生活に困る事も無かったのでそのままにして居ました。その後、随分経ってからですが産婦人科で検診を受けた時に、かなり酷い貧血だとわかり長い間、病院に通う事になりました。薬を飲み続けて病院に行くたび血液検査をしてもらい、良くならないという結果を聞いてはがっかりして帰るという日々が続きました。私は食べ物の…続きをみる

関連する病気のコラム