アラセナSクリーム

薬効分類
口臭除去・口唇用薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2
  • 3
  • 3
  • 4
  • 4
  • 5
  • 5
  • 6
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長 アラセナSクリームは・・・
●抗ヘルペスウイルス成分ビダラビンを含有する口唇ヘルペスの再発治療薬です。
●口唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布することをおすすめします。
作用・効能 口唇ヘルペスの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)
成分・分量 1g中
 〔成  分〕 ビダラビン
 〔分  量〕 30mg
 〔働  き〕 ヘルペスウイルスの増殖をおさえます。

添加物として、ステアリン酸、パルミチン酸、セタノール、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、グリセリン、D-ソルビトール、水酸化Na、水酸化K、パラベン、その他3成分を含有します。
問い合わせ先 佐藤製薬株式会社
業界カテゴリ

口臭除去薬

用法・容量について

1日1~4回、患部に適量を塗布する。(唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布する)

・早期に使用すると治りが早く、ひどくなりにくいため、ピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら出来るだけ早く(5日以内)に使用を開始してください。
・使用時期は毎食後、就寝前を目安にご使用ください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)口に入れたり、なめたりしないでください。
(6)家族で初めて発症したと思われる人が誤って使用しないよう、十分注意してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください
 (1)医師による口唇ヘルペスの診断・治療を受けたことのない人。
    (医師による口唇ヘルペスの診断を受けたことのない人は、自分で判断することが難しく、初めて発症した場合には症状がひどくなる可能性がありますので、医師の診療を受けてください。)
 (2)患部が広範囲の人。(患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので、医師の診療を受けてください。)
 (3)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります。)
 (4)6歳未満の乳幼児。(乳幼児の場合、初めて感染した可能性が高いと考えられます。)
 (5)発熱、広範囲の発疹等の全身症状がみられる人。(発熱や広範囲の発疹など全身症状がみられる場合は、重症化する可能性がありますので、医師の診療を受けてください。)
2.口唇や口唇周辺以外の部位には使用しないでください
  (口唇ヘルペスは口唇やその周辺にできるものです。)
3.長期連用しないでください
  (本剤の使用により症状の改善がみられても、治るまでに2週間を超える場合は、重症か他の疾患の可能性があります。)

注意事項

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください
 (1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります。)
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
 (3)授乳中の人。(本剤と同じ成分を動物に注射したときに乳汁への移行が確認されています。)
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(薬などによりアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります。)
 (5)湿潤やただれがひどい人。(重症の口唇ヘルペスか、他の疾患の可能性がありますので、専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
 (6)アトピー性皮膚炎の人。(重症化する可能性がありますので、専門医に相談して指示を受ける必要があります。)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮  膚  : 発疹・発赤、はれ、かゆみ、かぶれ、刺激感
  (本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の刺激であると考えられ、このような場合、続けて使用すると症状がさらに悪化する可能性があります。)
3.5日間使用しても症状がよくならない場合又はひどくなる場合は使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
  (5日間使用しても症状の改善がみられないときは、重症か他の疾患の可能性がありますので、なるべく早く医師又は薬剤師にご相談ください。)

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)使用前後によく手を洗ってください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(5)使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は6ヵ月以内に使用してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 口臭が治らないという方へ

    口臭・治らない

    私は口臭がひどいと家族に指摘されるようになり、口臭を治そうと決心しました。 歯磨き粉を変えたり、歯をよく磨くようにしましたが、多少ましにはなったものの、なかなか根本的には治らない状態が長く続きました。 ある時、テレビで口臭がひどく、なかなか治らない人は、消化器に問題がある場合が多い、とやっていました。わたしはもともと太り気味ですし、大きな病気こそ経験がないものの、あまり健康的な生活をしているとは…続きをみる
  • 漢方で口臭が気になる時

    口臭・漢方

    自分の口臭に自分ではまったく無自覚でした。毎日きちんと歯磨きをしているつもりでしたし、息を綺麗にする効果があるとされる漢方も飲んでいました。 しかしある時、職場で同僚に近づき書類を見せながら話しかけた時、その相手がふと体を離すような動きをしました。さりげない動作でしたが、あれ?と不思議に思いました。それからよく注意していると、エレベーターにのった時、話しかけた相手が顔を遠ざけたり、ふと息をとめる…続きをみる
  • 口臭が完治するまで

    口臭・完治

    虫歯が多く、口の中にコンプレックスがあります。 おまけに、口臭も気になっています。つい、人と話すときは距離ととってしまったり、口に手を当てて臭いに気づかれないようにする癖がついていました。自宅で、よくうがい薬を使ったりしているのですが、なかなか臭いがなくなることはありませんでした。人から直接指摘されたことはありませんが、面と向かって人に臭いとは言えないと思い、ひとりで悩み続けていました。 そんな…続きをみる
  • 口臭は何科を受診すればよいか

    口臭・何科

    口臭の原因とは、そのほとんどが口の中にありますが、歯や舌磨き、水分補給による生理的な口臭ケアなどで改善しない場合には、医療機関で診察を受けて、原因を調べる必要があります。まずは口の中の病気の有無を調べることによって、治療方針がはっきりとし、改善へと向かうことができます。 しかし、何科で診てもらえばいいのかわからない人が多いと思います。まず最初に何科に行けばいいのかというと、歯科を受診しましょう。…続きをみる
  • 口の臭いをツボでおさえられた

    口臭・ツボ

    ある時私は家族に「口が臭い!歯磨きしてるの?」と言われたことがありました。当時私は思春期だったこともあり、身だしなみや臭いに敏感でしたので歯磨きも気を使ってしておりました。でも、口臭のことを指摘されると気になって仕方ありません。自分では気づかないだけでまわりの人は迷惑なんだろうかと徐々に不安になってきました。 その後私は自分なりにインターネット等を使っていろいろな口臭対策をしらべました。多い対策…続きをみる

関連する病気のコラム