ベリーA錠

薬効分類
アレルギーの薬

最終更新日:2016/06/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 7
商品特長  じんましん等の皮膚疾患をはじめとしたアレルギー疾患は、抗原の刺激によって体内に遊離されたヒスタミン等の化学物質が原因となっており、外用剤だけでは治りにくい場合があります。
 ベリーA錠は、飲んで効くアレルギー用薬で、アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンマレイン酸塩や炎症を抑え、解毒を助ける働きのあるグリチルリチン酸二カリウムをはじめ、ビタミンやカルシウムが配合してあり、じんましんや湿疹・かぶれによるかゆみ、鼻炎に効果をあらわします。
作用・効能 じんましん、湿疹・かぶれによるかゆみ、鼻炎
成分・分量 9錠中
 〔成 分 名〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
 〔分   量〕 12mg
 〔作   用〕 じんましんや鼻炎などのアレルギー症状を改善します。

 〔成 分 名〕 グリチルリチン酸二カリウム
 〔分   量〕 153mg
 〔作   用〕 炎症をおさえます。

 〔成 分 名〕 リボフラビン
 〔分   量〕 9mg
 〔作   用〕 皮膚の代謝に関与するこれらのビタミンにより、代謝の不調を改
         善します。

 〔成 分 名〕 ピリドキシン塩酸塩
 〔分   量〕 36mg
 〔作   用〕 皮膚の代謝に関与するこれらのビタミンにより、代謝の不調を改
         善します。

 〔成 分 名〕 ニコチン酸アミド
 〔分   量〕 90mg
 〔作   用〕 皮膚の代謝に関与するこれらのビタミンにより、代謝の不調を改
         善します。

 〔成 分 名〕 グルコン酸カルシウム水和物
 〔分   量〕 1650mg
 〔作   用〕 じんましん、湿疹の症状をしずめます。

添加物:糖水和物、CMC-Ca、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、セルロース、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、カルナウパロウ

<成分・分量に関連する注意>
本剤に配合されているリボフラビンにより、尿が黄色くなることがあります。
問い合わせ先 小林薬品工業株式会社
業界カテゴリ

内服アレルギー用薬

用法・容量について

次の量を、水又はぬるま湯で食後服用してください。
 〔 年  齢 〕 成人(15才以上)
 〔1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 11才~14才
 〔1 回 量 〕 2錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 8才~10才
 〔1 回 量 〕 1錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 8才未満
 〔1 回 量 〕 服用しないでください。
 〔1日服用回数 〕服用しないでください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)

1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないこと
  他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬、乗物酔い薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
  (眠気等があらわれることがある。)
3.長期連用しないこと

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)高齢者。
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (5)次の症状のある人。
    むくみ、排尿困難
 (6)次の診断を受けた人。
    心臓病、高血圧、腎臓病、緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気・嘔吐、食欲不振
    泌 尿 器 : 排尿困難
 まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
 〔症状の名称〕偽アルドステロン症、ミオパチー
 〔症   状〕手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、
        筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。

 〔症状の名称〕再生不良性貧血
 〔症   状〕青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、
        疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があ
        らわれる。

 〔症状の名称〕無顆粒球症
 〔症   状〕突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   口のかわき、眠気
4.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)水分が錠剤に付着しますと、表面の一部が溶けて斑点を生じることがありますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手でふれないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 繰り返しのテープかぶれによって残った跡

    かぶれ・跡

    以前お腹の手術をしたのですが、しばらく傷口まわりをガーゼを固定しておかなければならない状況の時期がありました。固定はメディカル用の肌に優しいといううたい文句のテープで行っていたのですが、元々皮膚が弱い体質なのかテープかぶれが酷く苦労をしました。 テープを貼った下が赤く腫れたようになって、酷いときは水ぶくれのようになって皮が剥けてしまうのです。いったん皮が剥けるとひりひりしてとても痛いので、テープ…続きをみる
  • アレルギーに対する考え方

    アレルギー性鼻炎・食べ物

    体の不快感、特に鼻炎は本当に辛いものです。自分がもともとのアレルギー体質で様々なアレルゲンにも反応してしまうので長年において悩まされています。 アレルギー性鼻炎に目の痒みなど、冬から春にかけて一番症状が重くなるので若い頃はくしゃみと鼻水が特に酷く、毎年病院通いで少しでも症状を和らげたいと注射や投薬など色々と試していました。 ですが数年が経ち自分の子供も同じ体質とわかった時、鼻炎症状も慢性化しつつ…続きをみる
  • 下着の圧迫にる蕁麻疹の腫れあがる赤みの経験

    蕁麻疹・赤み

    以前に血液検査をした時には、原因となり易い食べ物や植物などにはアレルギーがないと言われています。なのに体調を崩したりすると、体中に赤みが出てとっても痒くなります。その前後に食べたものや触れたものなどで思い当たるようなものはありません。皮膚科で相談をしたところ、これも蕁麻疹である、とのことでした。 蕁麻疹のイメージとして、何かしらの原因があり、それを避けていれば発症しないと思っていたのですが、先生…続きをみる
  • 鼻づまりが原因のめまいについて

    鼻づまり・めまい

    毎年、2月の末あたりから、花粉症のせいで体が風邪の罹り始めのように、すごくかったるくなり、嫌な季節が来た事を実感してました。 今年の花粉は、杉の生育状態がいいというニュースを聞いていたので、事前に耳鼻科クリニックに行って予防薬を処方してもらおうと思っていたら、仕事が忙しくて中々行けずに、花粉症の時期に突入してました。 外出の時はマスクをして、市販の飲み薬と点鼻薬で対策を立ててましたが、鼻水で鼻づ…続きをみる

関連する病気のコラム