ヒューゲン(分包)

薬効分類
咳・たんの薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7
商品特長 ◆ヒューゲン(分包)は、せき・たんの症状を改善するために考えられた生薬配合の鎮咳去痰薬です。
◆ヒューゲン(分包)のカロニン・キョウニン・ゴミシ・サイシン・シャゼンシ・ノスカピンなどは“せき”を止めるように働き、カンゾウ・シャゼンシとともに“たん”を除きます。ショウキョウ・ハンゲはゴミシなどの鎮咳効果を助けます。さらにソヨウ・チンピ・カンゾウ・クロルフェニラミンマレイン酸塩は“せき・たん”の原因となるアレルギー症状に対応し、呼吸器疾患における“せき・たん”の病状回復を早めるように作用します。
作用・効能 せき、たん
成分・分量 3包(3.0g)中
カロニンエキス25mg、キョウニンエキス40mg、ゴミシエキス50mg、サイシンエキス45mg、シャゼンシエキス25mg、ソヨウエキス100mg、チンピエキス450mg、ハンゲエキス50mg、カンゾウ末900mg、ショウキョウ末100mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩9mg、ノスカピン45mg

バレイショデンプン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム
問い合わせ先 剤盛堂薬品株式会社
業界カテゴリ

鎮咳去たん薬

用法・容量について

次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:1包:3回
11歳以上15歳未満:大人の2/3包:3回
8歳以上11歳未満:大人の1/2包:3回
5歳以上8歳未満:大人の1/3包:3回
3歳以上5歳未満:大人の1/4包:3回
3歳未満:服用しないこと

(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)

1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないこと
 他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと
(眠気等があらわれることがある。)

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)高齢者。
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (5)次の症状のある人。
  高熱、排尿困難
 (6)次の診断を受けた人。
  緑内障

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。

[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 口のかわき、眠気

4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

5.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 経験者から、咳で寝れない人へアドバイス

    咳・寝れない

    私は風邪を引いたりアレルギー症状が出るとき、咳が止まらなくなることがよくあります。 子供の頃に喘息を患っていましたが大人になってほとんど症状がでなくなったと思っていましたが、どうやら気管支が弱いことには変わりないことが分かりました。 風邪を引いているときは夜寝れないほど咳き込むことも多くあり、仰向けになっているのが辛いときは座ったまましばらく休むこともあります。すこし喉が楽になってきて症状が治…続きをみる
  • 突然の咳はカビアレルギーが原因かも。

    咳・アレルギー

    妊娠中から、寝入りばななどに突然咳き込むようになりました。コンコンと発作のような感じで声を出すのが難しい時もありました。日中は平気なのですが、布団を敷くと症状がでました。 産後は掃除をしたり、日ごろ使っていなかった箪笥を開けたときなどにも咳き込むようになりました。最初はほこりのせいかと思っていたのですが、原因はどうやら「カビ」にあったようです。そのとき住んでいた部屋は湿気が多くて、布団を敷いてい…続きをみる
  • 風邪が治った後でも長続きする咳

    咳・風邪

    最初に異変を感じるのは喉です。喉がイガイガしていて、飲食物を飲み込むと若干の痛みを生じます。なんのケアもしないでそのままにしていると数日後にはゴホゴホと咳を出し始めます。そこからはもうなし崩し的に高熱が出始め、体の節々が痛くなり、吐き気、悪寒、頭痛などいわゆる風邪の状態に陥ります。 そこからはもう横になって、安静にしたり、薬を服用したりします。そうすることで2,3日ぐらいには体調はほぼほぼ良くな…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い場合は要注意

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化した…続きをみる
  • 夜に咳が止まらない、または酷くなるのは喘息の可能性

    咳・止まらない・夜

    私はもともと気管支が弱く、呼吸器が強くなるときいていた水泳に幼少期は両親が通わせてくれていました。そのおかげか、19歳までは特に呼吸器系の大病をすることもなかったのですが、ある日を境に夜になると咳が止まらないという症状が出始めました。 最初は風邪をこじらせてしまったのだろうと、市販薬で抑えていましたが、日に日に悪化する一方で、必ずと言っていいほど咳が酷くなり止まらないのは夜から朝方に掛けてでした…続きをみる

関連する病気のコラム