パートスS錠

薬効分類
アレルギーの薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
商品特長 抗ヒスタミン剤マレイン酸クロルフェニラミンを主剤とし、
グりチルリチン、ビタミンB2、ビタミンB6を配合した抗アレルギー用薬です。
花粉症などの鼻炎にもお奨めできます。
作用・効能 じんましん、湿疹・かぶれによるかゆみ、鼻炎
成分・分量 成人1日量(6錠)中に次の成分を含んでいます。

クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・12mg
リボフラビン酪酸エステル・・・・・・12mg
ピリドキシン塩酸塩・・・・・・・・・15mg
グリチルリチン酸二カリウム・・・・110mg

添加物として乳糖、トウモロコシデンプン、セルロース、ヒドロキシプロ
ピルセルロース、CMC-Ca、ステアリン酸Mgを含有します。
問い合わせ先 ゼネル薬工粉河株式会社
業界カテゴリ

内服アレルギー用薬

用法・容量について

下記の量を1日3回食後に服用して下さい。
〔年 齢〕 成人(15歳以上)
〔1回量〕 2錠

〔年 齢〕 8歳以上15歳未満
〔1回量〕 1錠

〔年 齢〕 8歳未満の小児
〔1回量〕 服用しないで下さい

(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて
   下さい。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)

1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないで下さい。
   他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(かぜ薬、鎮咳去痰薬、
   鼻炎用内服薬、乗物酔い薬)

2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい。
  (眠気があらわれることがあります。)

3.長期連用しないで下さい。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
    むくみ、排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
   心臓病、高血圧、腎臓病、緑内障

2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に
  相談して下さい。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合。

  〔関係部位〕 皮膚
  〔症  状〕 発疹・発赤、かゆみ

  〔関係部位〕 消化器
  〔症  状〕 悪心・嘔吐、食欲不振

  〔関係部位〕 その他
  〔症  状〕 排尿困難

  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合には直ちに医師
  の診療を受けて下さい。

  〔症状の名称〕 偽アルドステロン症
  〔症   状〕 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、
          手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる

(2)5~6日間服用しても症状がよくならない場合。

3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が
  見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
   口のかわき

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
   (誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して
   保管し、2日以内に服用して下さい。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • アレルギーに対する考え方

    アレルギー性鼻炎・食べ物

    体の不快感、特に鼻炎は本当に辛いものです。自分がもともとのアレルギー体質で様々なアレルゲンにも反応してしまうので長年において悩まされています。 アレルギー性鼻炎に目の痒みなど、冬から春にかけて一番症状が重くなるので若い頃はくしゃみと鼻水が特に酷く、毎年病院通いで少しでも症状を和らげたいと注射や投薬など色々と試していました。 ですが数年が経ち自分の子供も同じ体質とわかった時、鼻炎症状も慢性化しつつ…続きをみる
  • 両方の辛い鼻づまりの原因とは

    鼻づまり・両方

    鼻水がぐずぐずと出ることがあり、両方の鼻が同時に詰まってしまうことがありました。 このような鼻づまりが起きた時には、とにかく耐えるしかなく、口呼吸で口が乾燥してしまうという負の連鎖が起きている状態でした。この不快な鼻の症状は、夜寝る前に起こることが多く、朝方になると治っているということがほとんどでした、病院に行くほどの体の異常でもなかったので、ネットでこの症状に対する対処法を調べていくと、うな…続きをみる
  • 湿疹ができやすい時期とは

    湿疹・時期

    湿疹はもともと肌が弱い人やアレルギー体質の人がなりやすいものですが、さまざまな原因によって起こります。湿疹ができやすい時期として、春は草花も開花し花粉も飛びやすくアレルギーを起こしやすい時期なので、アレルギー体質の人は注意が必要でしょう。花粉症と湿疹を併発する人もいます。 梅雨時期は、じめじめとした湿気からカビやダニが繁殖しやすくなります。皮膚の敏感な人は、そういった菌に反応を起こして湿疹が出る…続きをみる
  • 鼻炎の検査をしました

    鼻炎・検査

    鼻炎で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。花粉の時期に症状が出て困っているという人は多いと思いますが、中には、悩む時期スギ花粉の時期とは異なっていたり、特に思い当たる節がなかったりして対策しようにも対策できないと困っている人もいることでしょう。 私は、毎年のように鼻水などの症状が出て困っていたのですが、症状が初めて出たのはスギ花粉が終わろうとしていた時期で、その後も季節に関係なくたびたび悩ま…続きをみる

関連する病気のコラム