タミナスA錠

薬効分類
アレルギーの薬

最終更新日:2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商品特長 タミナスA錠は、アレルギーによる鼻炎やじんましん、かゆみなどに効果のある
クロルフェニラミンマレイン酸塩、グルコン酸カルシウム水和物およびアスコルビン酸散を
配合した内服のアレルギー用薬です。
作用・効能 鼻炎、じんましん、湿しん、かぶれ、かゆみ
成分・分量 〔成  分〕 グルコン酸カルシウム水和物
〔分量(21錠中)〕 1,400mg
〔はたらき〕 じんましん、湿しんの症状をしずめます。

〔成  分〕 アスコルビン酸散(アスコルビン酸として57mg)
〔分量(21錠中)〕 58mg
〔はたらき〕 皮膚や粘膜を正常に保つのに必要なビタミンで、皮膚炎、かゆみに効果があります。

〔成  分〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
〔分量(21錠中)〕 8.75mg
〔はたらき〕 抗ヒスタミン作用により、かゆみや炎症をおさえます。

添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、バレイショデンプン、クエン酸、
エチルセルロース、ヒドロキシプロピルスターチ、ショ糖脂肪酸エステルを含有します。
問い合わせ先 湧永製薬株式会社
業界カテゴリ

内服アレルギー用薬

用法・容量について

1回下記量を食前に、水又はお湯と一緒に服用してください。
〔年 齢〕    大人(15才以上)
〔1回量〕    7錠
〔1日服用回数〕 3回

〔年 齢〕    11才以上15才未満
〔1回量〕    5錠
〔1日服用回数〕 3回

〔年 齢〕    8才以上11才未満
〔1回量〕    4錠
〔1日服用回数〕 3回

〔年 齢〕    8才未満
服用させないでください

(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)

1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
   他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬、
   乗物酔い薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
   (眠気等があらわれることがあります。)
3.長期連用しないでください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (4)次の症状のある人    排尿困難
 (5)次の診断を受けた人   緑内障
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、
  この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 〔関係部位〕 皮膚
 〔症   状〕 発疹・発赤、かゆみ
 〔関係部位〕 消化器
 〔症   状〕 吐き気・嘔吐、食欲不振
 〔関係部位〕 泌尿器
 〔症   状〕 排尿困難
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔関係部位〕 再生不良性貧血
 〔症   状〕 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、
         息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
 〔関係部位〕 無顆粒球症
 〔症   状〕 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた
  場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して
  ください。
    口のかわき、眠気
4.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、
  薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)ビンの詰め物は、輸送中の内容物の破損を防ぐためのものです。
   開封後は不要となりますので、取りのぞいてください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • かゆくてたまらない湿疹

    湿疹・かゆい

    かゆみの激しい慢性的な皮膚炎は小さい子供から最近では成人の患者も増えてきています。 かゆみを伴う皮膚疾患は様々な種類があります。その代表的なのがアトピー性皮膚炎です。 遺伝的にアトピー体質の人はアレルギーを起こしやすいため皮膚がかゆいといった症状や湿疹が出ます。原因としては、肌の乾燥や部屋のハウスダストや、他にも動物の毛による環境要因としての場合があります。。そして、先程も述べたようなアトピー体…続きをみる
  • アレルギー、何科に行けばいい?

    アレルギー・何科

    食物、金属、薬、もしくはアトピーといったアレルギーがおこった場合、何科に行けばいいのか迷った経験はありませんか? 症状がでた「身体の部位」に着目することで何科に行けばいいのかおおよその検討がつきます。たとえば、食べ物を食べて腕や顔、もしくは全身の皮膚に発疹が出た場合は皮膚科に行きます。喘息で咳が止まらなくなった場合は呼吸器内科、花粉で目がかゆくなったときは眼科に行きます。例外として、子供の場合は…続きをみる
  • アレルギーに対する考え方

    アレルギー性鼻炎・食べ物

    体の不快感、特に鼻炎は本当に辛いものです。自分がもともとのアレルギー体質で様々なアレルゲンにも反応してしまうので長年において悩まされています。 アレルギー性鼻炎に目の痒みなど、冬から春にかけて一番症状が重くなるので若い頃はくしゃみと鼻水が特に酷く、毎年病院通いで少しでも症状を和らげたいと注射や投薬など色々と試していました。 ですが数年が経ち自分の子供も同じ体質とわかった時、鼻炎症状も慢性化しつつ…続きをみる
  • 鼻炎で赤い炎症が

    鼻炎・赤い

    私は、毎年2月後半から5月頃にかけて、季節性の鼻炎に悩まされています。この症状が現れると、何も手につかなくなるほど集中力が欠如してしまうので、日常生活に支障をきたしてしまいます。主に、鼻や目がかゆくなったり、くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、鼻がつまったりして苦しいのですが、かゆみの症状に耐えられなくて鼻や目をこすってしまうので、鼻や目が赤い炎症をおこしてしまうこともあります。 そうすると…続きをみる

関連する病気のコラム