イソジンのどフレッシュ

薬効分類
口・のどの薬

最終更新日 2016/10/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 7
商品特長 イソジンのどフレッシュは,ポビドンヨードを有効成分とする「のど用治療薬」です。
のどにすぐれた殺菌・消毒効果が広がります。

●有効成分ポビドンヨードが,ヨウ素を遊離し,各種の細菌,真菌,ウイルスなど広範囲の微生物に対して迅速な殺菌・消毒効果を発揮します。
●イソジンのどフレッシュは,のどの炎症が気になるとき,有効成分ポビドンヨードをのどの患部に直接噴射する「のど用治療薬」です。
●携帯に便利な大きさと,使いやすいオーバーキャップを採用しています。
作用・効能 のどの炎症によるのどのあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ
成分・分量 1mL中 ポビドンヨード4.5mg(有効ヨウ素として0.45mg)

添加物として l-メントール,プロピレングリコール,D-ソルビトール液,グリセリン,エタノール,香料,その他1成分含有しています。

<成分・分量に関連する注意>
●本剤の使用により,銀を含有する歯科材料(義歯など)が変色することがあります。
問い合わせ先 ムンディファーマ株式会社
業界カテゴリ

口腔内殺菌消毒薬

用法・容量について

1日数回 適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。

<用法・用量に関連する注意>
●定められた用法・用量を厳守してください。
●ノズルをのどの患部にむけて,アーッと声を出しながら2~3回直射してください。
 (息を吸いながら使用すると,液が気管支や肺に入ることがあります。)
●小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
●本剤はのどの患部への噴射塗布のみに使用し,キズややけどへの使用や,内服はしないでください。
●目に入らないようにご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用がおこりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください
  本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人
2.長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください
 (1)妊婦または妊娠していると思われる人
 (2)授乳中の人
 (3)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
 (4)次の症状のある人 口内のひどいただれ
 (5)次の診断を受けた人 甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹・発赤,かゆみ
      口   : あれ,しみる,灼熱感,刺激感
    消 化 器 : 吐き気
    そ の 他 : 不快感
 まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。
 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕ショック(アナフィラキシー)
 〔症   状〕使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,
        のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁などがあらわれる。

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当らない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変化します。)
(4)衣服などに付着すると着色しますのでご注意ください。
   なお,付着した場合にはすぐに水でよく洗い落としてください。
(5)火気に近づけないでください。
(6)ノズルの先端を針などで突くと折れたときに大変危険ですので,絶対にやめてください。
(7)本剤を使用していると最後に噴射しきれずに容器内に薬液が残りますが,表示された内容量を噴射できるよう考慮した量を入れてあります。
(8)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 声が出ない原因は急性喉頭炎だった

    急性喉頭炎・声が出ない

    ある朝、起きたら声が出ないことに気づきました。その前に唾を飲み込もうとしたら強い痛みを覚えたんですが、いつも家族や職場の同僚相手に喋ってる時の喉の具合とは違うと感じられたんです。その場で試しにあいうえおと声を出そうとしたんですが、かすれてしまい出ませんでした。私は小さい頃から風邪を引きやすく、何度かこじらせて声が出ない状態になったことがあります。最初はそれかと思ったんですが、とりあえず職場に電話…続きをみる
  • 「声が枯れる」思いもしなかった病気とその処置

    声が枯れる・処置

    歌手や声優、普段から声の仕事にしてる方々には多いと思いますが、わたしの場合「声が枯れる」症状が出たのは、声を酷使することなどない小学生2年生の時だったので唖然としました。最初は何か喉に詰まった感じをがしましたが、やがて空気の雑音が混ざった声になり、文字通り「声が枯れる」状態になりました。当然のことながら風邪などではなく、木枯らしのように「ぜーぜー」発するだけになりました。自分の驚きよりも、両親の…続きをみる
  • 咽頭痛から鼻水の症状に移れば風邪の治りかけ

    咽頭痛・鼻水

    自分の場合、通常風邪の症状が出る場合、咽頭痛から来ます。これは初期段階で、喉が少し腫れていて痛いだけで、咳が出たり、鼻水が出たりといった症状は出ません。ただ、パターン化してきているので、ここで対策を打たないと肺にまで菌が行ってしまい、咳が出て場合によっては発熱を伴い、重い症状になってしまいます。 咽頭痛の異変を感じたら、まずこの段階で医療機関(内科)を受診し、細菌の感染や炎症を抑える薬を処方して…続きをみる
  • 咽頭痛になると耳痛を感じます

    咽頭痛・耳痛

    咽頭痛は、のどが痛くなる時に感じます。特に、風邪をひいたときに痛くなります。耳痛を感じたら、まずは風邪をうたがい、休むようにしています。 ただ、咽頭痛があるからといって、必ずしも風邪をひいているとは限りません。花粉症などのアレルギーがある場合、のどが痛くなると、耳の痛みを日常的に感じることがあります。 どうして耳が痛いのか、本当は耳に炎症があるのではないかと心配になって耳鼻科で調べてもらったこと…続きをみる

関連する病気のコラム