メンソレータム フレディCC 膣錠A

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2017/03/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
作用・効能 膣カンジダの再発。 (以前に医師から、膣カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限る。)
成分・分量 1日量 1錠中
  〔有効成分〕       〔配合量〕
イソコナゾール硝酸塩     100mg

添加物として、乳糖水和物、セルロース、ステアリン酸Mgを含有する。
問い合わせ先 ロート製薬株式会社
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

次の量を膣深部にアプリケーターを用いて挿入してください。6日間毎日続けて使用してください。
 〔 年  齢 〕 成人(15歳以上60歳未満)
 〔1 回 量 〕 1錠
 〔1日使用回数〕 1回(できれば就寝前)

 〔 年  齢 〕 15歳未満及び60歳以上
 〔1 回 量 〕 使用しないこと
 〔1日使用回数〕 使用しないこと

ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けてください。

<用法及び用量に関連する注意>
(1)この薬は膣にのみ使用し、飲まないでください。
   もし、誤って飲んでしまった場合は、すぐに医師の診療を受けてください。
(2)途中で症状が消失しても、使用開始から6日間使用してください。
(3)生理中は使用しないでください。使用中に生理になった場合は使用を中止してください。また、治癒等の確認が必要であることから、医師の診療を受けてください。
(4)使用前にアプリケーターを必ず確認し、傷や破損等の異常がある場合は、使用しないでください。
※本剤は膣内に留まって効果を発揮し、徐々に体外に排泄されるため、白いかたまりやペースト状のものが出てくることがあります。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は使用しないでください。
 (1)以前に医師から、膣カンジダの診断・治療を受けたことがない人。
 (2)膣カンジダの再発を繰り返している人。(2ヶ月以内に1回又は6ヶ月以内に2回以上)
 (3)膣カンジダの再発かどうかよくわからない人。(おりものが、おかゆ(カッテージチーズ)状や白く濁った酒かす状ではない、嫌なにおいがあるなどの場合、他の疾患の可能性が考えられる)
 (4)発熱又は悪寒がある人。
 (5)吐き気又は嘔吐がある人。
 (6)下腹部に痛みがある人。
 (7)不規則な、又は異常な出血、血の混じったおりものがある人。
 (8)膣又は外陰部に潰瘍、水膨れ又は痛みがある人。
 (9)排尿痛がある人、又は排尿困難な人。
 (10)次の診断を受けた人。 糖尿病
 (11)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (12)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (13)60歳以上の高齢者又は15歳未満の小児。
2.本剤を使用している間は、次の医薬品を外陰部に使用しないでください。
  カンジダ治療薬以外の外皮用薬
3.一度使用したアプリケーターは再度使用できません。必ず捨ててください。

注意事項

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)授乳中の人。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
     膣    : 疼痛(ずきずきする痛み)、腫張感(はれた感じ)、発赤、
            刺激感、かゆみ、熱感
3.3日間使用しても、症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は使用を中止し、医師の診療を受けてください。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 手足の冷えが急にひどくなるときは

    手足の冷え・急に

    寒い時期になると手足が冷えてしまうことは多いものです。実際に私は冬になると急に手足の冷えを感じることがありました。そうなってしまうと中々改善をすることはありません。 そこで私は対処をするために体を温める成分を含む物を多く食べることにしました。まず最初に食べたのはしょうがです。そのまま食べるのは難しいので、すりおろして鍋に入れて食べまいた。それに加えてネギやニンニク、ニラを食べました、それらも鍋に…続きをみる
  • 極度の緊張と手足の冷えとの闘い

    手足の冷え・緊張

    子供の頃から、精神的に緊張すると、手足の冷えがひどくて耐えられなくことに気付いていました。小学校のとき、学芸会の演劇ではじめて主役を演じたときも、緊張のあまり、手足が自由に動かなくなって、声が震えていたのを覚えています。極度に緊張すると、体の血行が悪くなり、その結果として手足の冷えがでてくるのです。 普段の生活には、それほど支障がでることがないので、放ったらかしにしておいたのですが、大学3年生に…続きをみる
  • 更年期障害は病院でしっかり検査を受けるのが大事

    更年期障害・検査

    50代の前半のある時期会社での勤務中に動悸を感じ暫く安静にしていましたが、脈が速く乱れてきました。。 秘書にその旨伝え近くの総合病院に駆け込みました。担当医の問診を受け心臓のレントゲン、心電図、血液検査、等一通りの検査を受け、検査後担当医からは不整脈以外は問題なしの診断結果でした。 合わせて不整脈の原因に関しては心臓その物は異常が無く、私の年齢から考えて更年期障害の可能性が有る旨説明を受けま…続きをみる
  • 貧血の数値が正常値になりました

    貧血・数値

    娘が高校生の時、血液検査で貧血と診断されました。 ヘモグロビンは6gでかなり重い貧血とのことで、精密検査をしましたが特に大きな疾病が隠れている、ということは無いとの事で安心しました。 只本人は疲れやすく、階段を上るとドキドキしたり、爪がもろくなる、という症状があり、これらは皆貧血による症状と医師から告げられました。鉄剤が処方されお茶、コーヒーとは30分位あけて服用するように指導されました。 又レ…続きをみる

関連する病気のコラム