ルビーナ

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2017/04/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商品特長 ●ルビーナは、漢方処方「連珠飲」にもとづく製品です。
●血のめぐりを良くして体を温めたり、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整えたりすることで体全体のバランスを良くしていき、更年期障害やめまいなどを改善します。
●ほてり、のぼせ、冷え症、疲労倦怠感、めまい、頭痛、不眠、どうき、むくみ、肩こり、腰痛、便秘などの症状があらわれる更年期障害によく効きます。
●特有の香味をもった灰黄色~灰かっ色の錠剤です。
作用・効能 体力中等度またはやや虚弱で、ときにのぼせ、ふらつきがあるものの次の諸症:  更年期障害、めまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、貧血
成分・分量 9錠(1日服用量)中に次の成分を含有する。
連珠飲エキス散・・・・・・・・・3,150mg
〔トウキ・・・・・・・・・・1,500mg
 シャクヤク・・・・・・・・1,500mg
 センキュウ・・・・・・・・1,000mg
 ジオウ・・・・・・・・・・・・500mg
 ブクリョウ・・・・・・・・2,000mg
 ケイヒ・・・・・・・・・・1,500mg
 ソウジュツ・・・・・・・・1,500mg
 カンゾウ・・・・・・・・・・・500mg
             上記生薬より抽出〕

添加物:無水ケイ酸、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

<成分に関連する注意>
生薬を用いた製品なので、製品により錠剤の色調が多少異なることがありますが、効果にはかわりありません。
問い合わせ先 武田コンシューマーヘルスケア株式会社
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

次の量を、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用すること。
 〔 年  齢 〕 15歳以上
 〔1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 15歳未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
 用法・用量を厳守すること。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸の弱い人。
 (5)下痢しやすい人。
 (6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕             〔症  状〕
    皮 膚   : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐、胃部不快感、食欲不振、胃部圧迫感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
  下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 生理不順の治し方は生活習慣から

    生理不順・治し方

    生理不順の治し方としては、まずは婦人科にかかって相談してみるのがいちばんです。私が生理不順になったときには、「もしかして悪い病気なのでは?」「子宮に何かできていたらどうしよう」と不安が広がり、さらにストレスになったのがよくありませんでした。 不安に思っていても仕方ないので病院に行って診てもらったところ、女性のお医者さんで、「特に問題はないので、疲れやストレスを軽減するようにしてみて下さい」とアド…続きをみる
  • おりものの異変と子宮がん

    おりもの・子宮がん

    妊婦健診で、おりものの検査をしたときに血が混じっていると子宮がんの疑いがあるとテレビで観たことがあります。私は何度か子宮がんの検査をうけたことがありますが、その時には血が混じることもなく、医師から子宮がんを指摘されたこともありません。 しかし、ごくまれにですが普段のおりものがとても茶色く血液ではないかと疑ったことはあります。初期の生理かとも思ったのですが、生理の時期にしてはおかしいのでやはり血で…続きをみる
  • のぼせた時の治し方は?

    のぼせ・治し方

    私は最近同僚と温泉旅行に行ったのですが、そこで同僚がのぼせてしまいました。意識が朦朧としていた同僚に対して私は慌てるだけで、近くにいた人に助けてもらったのですが、そのときに教わったことをまとめました。 まずのぼせとは体が温まりすぎたことで血圧や血液循環が変化することでおこるもので、治し方はまず、動き回らせず、風通しのよいところで横にさせることです。動き回った場合血圧や血液循環が元に戻らず、余計に…続きをみる
  • 産後に更年期障害になった話

    更年期障害・産後

    28歳で子供を産んでしばらくすると様々な症状が現れました。 不眠や手足の火照り、喉が渇くなど、どれも耐えられないほどのものではありませんでしたが、静養していても症状が治まらないので病院を訪れました。 診断の結果は若年性更年期障害で、産後からホルモンバランスが崩れていることを告げられました。母乳も順調に出ていて、特に悩み事もないのに更年期障害とは意外でしたが、産後のホルモンバランスの変化に対する反…続きをみる

関連する病気のコラム