ルビーナ

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2017/04/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商品特長 ●ルビーナは、漢方処方「連珠飲」にもとづく製品です。
●血のめぐりを良くして体を温めたり、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整えたりすることで体全体のバランスを良くしていき、更年期障害やめまいなどを改善します。
●ほてり、のぼせ、冷え症、疲労倦怠感、めまい、頭痛、不眠、どうき、むくみ、肩こり、腰痛、便秘などの症状があらわれる更年期障害によく効きます。
●特有の香味をもった灰黄色~灰かっ色の錠剤です。
作用・効能 体力中等度またはやや虚弱で、ときにのぼせ、ふらつきがあるものの次の諸症:  更年期障害、めまい、立ちくらみ、どうき、息切れ、貧血
成分・分量 9錠(1日服用量)中に次の成分を含有する。
連珠飲エキス散・・・・・・・・・3,150mg
〔トウキ・・・・・・・・・・1,500mg
 シャクヤク・・・・・・・・1,500mg
 センキュウ・・・・・・・・1,000mg
 ジオウ・・・・・・・・・・・・500mg
 ブクリョウ・・・・・・・・2,000mg
 ケイヒ・・・・・・・・・・1,500mg
 ソウジュツ・・・・・・・・1,500mg
 カンゾウ・・・・・・・・・・・500mg
             上記生薬より抽出〕

添加物:無水ケイ酸、カルメロースCa、ステアリン酸Mg

<成分に関連する注意>
生薬を用いた製品なので、製品により錠剤の色調が多少異なることがありますが、効果にはかわりありません。
問い合わせ先 武田コンシューマーヘルスケア株式会社
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

次の量を、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用すること。
 〔 年  齢 〕 15歳以上
 〔1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 15歳未満
 〔1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
 用法・用量を厳守すること。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸の弱い人。
 (5)下痢しやすい人。
 (6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕             〔症  状〕
    皮 膚   : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐、胃部不快感、食欲不振、胃部圧迫感、腹痛
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
  下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること(詰め物を再びビンに入れると湿気を含み品質が変わるもとになる。詰め物は、輸送中に錠剤が破損するのを防止するためのものである)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は、品質保持の点から開封日より6ヵ月以内を目安になるべくすみやかに服用すること。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 冷え性でかゆい

    Doctors Meの冷え性体験談 30代女性

    何年か前から、洋服を脱いで肌が外気に触れた途端に体の表面がたまらなくかゆいと感じる日々が続きました。夏よりも冬にその症状は頻繁に出ていました。かゆいので肌が傷になるほどに掻きむしってしまい、いつも家族に体が傷だらけだよと言われていました。かゆい辛さよりも痛みの方がまだ我慢できるため、痛くなるまでかくのです。 この症状が長年にわたり悩まされている冷え性と関係があるのではないかと思い、出来ることはな…続きをみる
  • 更年期障害は病院でしっかり検査を受けるのが大事

    更年期障害・検査

    50代の前半のある時期会社での勤務中に動悸を感じ暫く安静にしていましたが、脈が速く乱れてきました。。 秘書にその旨伝え近くの総合病院に駆け込みました。担当医の問診を受け心臓のレントゲン、心電図、血液検査、等一通りの検査を受け、検査後担当医からは不整脈以外は問題なしの診断結果でした。 合わせて不整脈の原因に関しては心臓その物は異常が無く、私の年齢から考えて更年期障害の可能性が有る旨説明を受けま…続きをみる
  • 妊娠初期におりものが増えました。

    おりもの・妊娠初期

    4回の妊娠を経験しています。4回の経験でいえることはごく最初の妊娠初期にはおりものがけっこう増えました。これは個人差がありますのでどの女性も経験するということはないようですが、少なくとも私の場合はそうでした。 生理前にも無色透明のおりものが多くなり、生理がくる準備をしているなと自分では考えていました。私は10年以上前から基礎体温をつけていますので、おりものを見ずとも排卵日や生理日、または妊娠した…続きをみる
  • 貧血に効果的な飲み物とは

    貧血・飲み物

    私はすごく低血圧で良く貧血を起こしていました。なにかに肘をぶつけたり学校の集会で立っているだけで貧血を引き起こし倒れてしまうこともありました。私の家系は母も祖母も貧血持ちだったため、相談したところ鉄分の入った飲み物をとると良いと教えてもらいました。それから、コンビニやスーパーで売っている鉄分の含まれた飲み物を意識して購入するように心がけ、朝は鉄分豊富なほうれん草を含むお手製のドリンクを飲むように…続きをみる

関連する病気のコラム