ハイテスターN

薬効分類
女性用の薬

最終更新日:2017/04/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商品特長 ●99%以上の正確さです。
●尿をかけるだけの簡単操作です。
●1分から判定可能です。
●判定結果が一目でわかります。

○妊娠の早期検査の重要性
妊娠している場合、次の生理予定日の頃には、ほぼ妊娠4週間目にあたり、既に胎児の脳や心臓などの諸器官が形成され始めています。このころから妊娠16週目の頃までは胎児の発育にとって主要器官が造られる重要な時期でもあり、また外からの影響を受けやすい時期でもあります。したがって、胎児の健全な発育と母体の健康にとっては、妊娠しているかどうかをできるだけ早く知り、栄養摂取や薬の使用に十分気をつけるとともに、飲酒・喫煙をさけ、風疹などの感染症や放射線照射などに注意することが大切です。
○検査の原理
妊娠すると、hCGと呼ばれるヒト絨毛性性腺刺激ホルモンが体内で作られ、尿中に排泄されるようになります。
ハイテスターNは、モノクローナル抗体を用いた免疫クロマト測定法により、尿中のhCGを検出する妊娠検査薬です。
この検査薬は妊娠しているかどうかを補助的に検査するものであり、妊娠の確定診断を行うものではありません。
作用・効能 【使用目的】 尿中のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の検出〔妊娠の検査〕
成分・分量 1テストスティック中
 ・マウスモノクローナル抗hCG抗体・・・・・・・・・・・・1.0μg
 ・マウスモノクローナル抗hCG抗体結合金コロイド・・・・・6.0μg

問い合わせ先 株式会社ミズホメディー
業界カテゴリ

女性用保健薬

用法・容量について

【使用方法】
○検査のしかた
生理予定日の約1週間後から検査できます。朝・昼・夜いつの尿でも検査できます。
①準備
 個包装を検査直前に開封し、テストスティックを取り出す。キャップをテストスティックの反対側にはめる。
  採尿部:ここに直接尿をかけるまたは尿につける
  判定窓:判定結果を示す
  終了窓:検査が正しく行われたことを示す
②尿をかける
 採尿部を下に向け、正面から採尿部全体に尿を5秒以上かける。
  ※判定窓や側面へ向けて尿をかけないでください。
 紙コップ等を使用する場合は、紙コップに尿を採り、採尿部全体がつかるように10秒間尿につける。
  ※採尿部以外はつけないでください。
③静置
 採尿部を下に向けたまま、キャップをかぶせ、平らな場所に置き1~3分待つ。
  ※10分を過ぎての判定は避けてください。
  ※一度尿をかけた(つけた)テストスティックに再度尿をかけない(つけない)でください。
  ※テストスティックの採尿部は、上に向けないでください。

○判定のしかた
最初に終了窓に赤紫色の終了ラインが出ていることを確認してください。
[陽性:妊娠反応あり 判定窓に赤紫色のラインが出た場合]
  妊娠している可能性があります。
  できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  薄くても判定窓に縦のラインが現れたら陽性です
[陰性:妊娠反応なし 判定窓に赤紫色のラインが出ない場合]
  今回の検査では妊娠反応は認められませんでした。
  その後も生理が始まらない場合は、およそ1週間後に再検査するか医師にご相談ください。

◆使用に際して、次のことに注意してください。
<採尿に関する注意>
 ●コップに尿を採って検査する場合、乾いた清潔な容器を用いてください。
 ●長時間放置した尿やにごりのひどい尿、異物が混じった尿は使用しないでください。
<検査手順に関する注意>
 ●操作は、定められた手順に従って正しく行なってください。
 ●キャップをテストスティックの反対側にはめる時、強く押し込まないようにご注意下さい。入れすぎると抜けなくなる場合があります。
 ●採尿部に尿をかけた後または採尿部に尿をつけた後は、採尿部を上方に向けないでください。終了ラインが出現せず判定ができない場合があります。
<判定に関する注意>
 ●判定の際は次のことに注意してください。
  ・反応途中は判定部全体が赤紫色になったり横しまの模様が現れたりします。この時点では判定しないでください。時間がたてば次第に消えていきます。尚、判定ラインは縦のラインとして現れます。
  ・尿量不足や尿のかけ方により1~3分では判定できないことがあります。その場合、約10分以内に終了ラインが出れば判定可能です。
  ・判定ラインは尿中に含まれるhCGの量によって薄かったり濃かったりすることがあります。色調の濃淡ではなく、判定窓内のラインの有無で判定してください。
  ・判定窓に赤紫色のライン(終了ライン)が全くでない場合は判定不能です。操作ミス等が考えられますので、新しいテストスティックを使用して検査をやり直してください。
 ●妊娠以外にも、次のような場合、結果が陽性となることがあります。
  ・閉経期の場合
  ・hCG産生腫瘍の場合(絨毛性上皮腫など)
  ・性腺刺激ホルモン剤(hCGを含んだ特定の排卵誘発剤)の投与を受けている場合
 ●予定していた生理がないときでも、次のような場合、結果が陰性となることがあります。
  ・生理の周期が不規則な場合
  ・生理予定日の日数計算を間違えた場合
  ・妊娠の初期で尿中hCG量が充分でない場合
  ・妊娠によるhCGが非常に多く分泌した場合
  (前回の生理より約2ヶ月以上経過した頃に大量にhCGが分泌されることがまれにあります)
  ・異常妊娠の場合(子宮外妊娠など)
  ・胎児異常の場合(胎内死亡、稽留流産など)
  ・胞状奇胎などにより大量のhCGが分泌された場合など
  ・正しく操作が行なわれなかった場合

してはいけないこと

●検査結果から、自分で妊娠の確定診断をしないでください。
 ○判定が陽性であれば妊娠している可能性がありますが、正常な妊娠かどうかまで判別できませんので、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
 ○妊娠の確定診断とは、医師が問診や超音波検査などの結果から総合的に妊娠の成立を診断することです。

注意事項

1.不妊治療を受けている人は使用前に医師に相談してください。
2.判定が陰性であっても、その後生理が始まらない場合、再検査するか医師に相談してください。

その他の注意

【検査時期に関する注意】
1.生理周期が順調な場合
  この検査薬では、生理の周期が順調な場合は、生理予定日のおおむね1週間後から検査ができます。しかし、妊娠の初期では、人によってはまれに尿中のhCGがごく少ないこともあり、陰性や不明瞭な結果を示すことがあります。このような結果がでてから、およそ1週間たってまだ生理が始まらない場合には、再検査するか又は医師にご相談ください。
2.生理周期が不規則な場合
  生理の周期が不規則な場合は、前回の周期を基準にして予定日を求め、おおむねその1週間後に検査してください。結果が陰性でもその後生理が始まらない場合には、再検査するか又は医師にご相談ください。

【破棄に関する注意】
●使用後のテストスティックは、プラスチックゴミとしてお住まいの地域の廃棄方法に従って廃棄してください。

保管及び取扱上の注意

●小児の手の届かない所に保管してください。
●直射日光をさけ、なるべく涼しい所に保管してください。
●使用期限の過ぎたものは使用しないでください。
●使用直前までテストスティックの個包装は破らないでください。
●品質を保持するために、他の容器に入れ替えないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 寒気が治らないなら更年期障害を疑って診察を受けよう

    更年期障害・寒気

    ゆっくりお風呂に入って寝ようと思ったのに、いざ布団に入っても、なかなか体が温まらず、寒気がして眠れないことがあります。もしかしたら、冷え性の症状がひどくなったのかもしれないと不安になりました。 そこで、同じような症状について悩んでいる人はいないだろうかと、健康に関する口コミサイトをチェックしてみました。すると、更年期障害でも、深刻な寒気を感じることが分かりました。友人や同僚も更年期障害で苦しんで…続きをみる
  • 手足の冷えと胃腸の関係

    手足の冷え・胃腸

    手足の冷えって痛いし、冷たくて辛いものです。温めてもすぐ冷たく硬くこわばります。インターネットでしらべたり、自己流で生姜湯飲んでみたりしたものの、なかなか効果のある改善策が見つかりませんでした。 子供が少しアトピーっぽかったので、アトピーには、ルイボスティーが効くという噂を聞いて、試そうと注文し、どのような効果があるのかみてみると、胃腸の調子を緩やかに整える。とありました。また冷え性にも効くと…続きをみる
  • 駅のホームで貧血で倒れること複数回

    貧血・倒れる

    年に一度受けている健康診断で貧血と診断されました。それまでも立ちくらみが起こったり、立ち上がった時に目の前がちかちかしたりすることはありましたが、診断されたのは初めてでショックでした。 そして、先日始めて貧血で倒れるという事態が起こってしまいました。仕事が忙しい時で寝不足が続いていて、昼間すごく眠くなってしまったので少し休憩しようとしてその場にうずくまっていました。しかし急いでやらないといけない…続きをみる
  • 貧血の治療は婦人科病院でも出来る!

    貧血・病院

    以前、献血をした時に「あなたの血液は、薄くて輸血には使えません。」と、言われた事が有りましたが日常の生活に困る事も無かったのでそのままにして居ました。その後、随分経ってからですが産婦人科で検診を受けた時に、かなり酷い貧血だとわかり長い間、病院に通う事になりました。薬を飲み続けて病院に行くたび血液検査をしてもらい、良くならないという結果を聞いてはがっかりして帰るという日々が続きました。私は食べ物の…続きをみる

関連する病気のコラム