ケラチナミンコーワ乳状液20 200g

薬効分類
かさつき・あれ用薬

最終更新日:2017/10/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 <止まらないかゆみ、くり返すかゆみを伴う乾燥肌>
乾燥によりバリア機能が低下した乾燥肌では、暖房や入浴などによる皮膚の温度変化や、衣類が触れただけのわずかな刺激でもかゆみが出やすくなっています。
さらに、かくことで症状が悪化するため、一度かゆみが出ると止まらない、くり返すなどの悪循環に陥りやすくなります。

<かゆみをもとからすばやく抑制し、くり返さない肌に改善>
ケラチナミンコーワ乳状液20は、かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみをすばやく抑え、抗炎症成分のグリチルレチン酸が炎症を鎮め、かゆみのもとの発生を抑えます。また、保湿成分の尿素が体内の水分を集めてうるおいを保ち、肌保護ベール(基剤成分)が皮膚表面をしっとり包みます。かゆみを抑えながら保湿することでかゆみをくり返さない肌に改善していきます。
作用・効能 かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症)
成分・分量 100g中
 〔成  分〕 尿素
 〔分  量〕 20.0g
 〔働  き〕 体内の水分を皮膚に取りこんで、皮膚をしっとりなめらかにします。

 〔成  分〕 ジフェンヒドラミン塩酸塩
 〔分  量〕 1.0g
 〔働  き〕 かゆみを鎮めます。

 〔成  分〕 グリチルレチン酸
 〔分  量〕 0.3g
 〔働  き〕 皮膚の炎症を鎮めます。

〔添加物〕ワセリン、ステアリルアルコール、オリブ油、グリセリン、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、スクワラン、ミリスチン酸オクチルドデシル、ポリソルベート60、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステアリン酸ソルビタン、エデト酸Na、DL-アラニン、グリシン、クエン酸、水酸化Na
問い合わせ先 興和株式会社
業界カテゴリ

皮膚軟化薬(乾燥性皮膚用薬)

用法・容量について

1日数回適量を患部に塗擦してください。

<用法・用量に関連する注意>
①用法・用量を守ってください。
②目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
③小児(15歳未満)には使用させないでください。
④外用にのみ使用してください。
⑤化粧品ではありませんので、効能・効果で定められた患部のみに使用し、基礎化粧等の目的で顔面には使用しないでください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

次の部位には使用しないでください
 (1)目のまわり、粘膜等。
 (2)引っかき傷等のきずぐち、亀裂(ひび割れ)部位。
 (3)かさぶたの様に皮膚がはがれているところ。
 (4)炎症部位(ただれ・赤くはれているところ)。

注意事項

①次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
②使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮  膚  : 発疹・発赤、かゆみ、刺激感(いたみ、熱感、ぴりぴり
            感)、はれ、かさぶたの様に皮膚がはがれる状態
③2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

①本剤のついた手で、目など粘膜に触れないでください。
②高温をさけ、直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
③小児の手の届かない所に保管してください。
④他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
⑤使用期限(外箱及び容器に記載)をすぎた製品は使用しないでください。
 なお、使用期限内であっても、開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 乾燥肌で困ってた黒ずみが消えた!無かったことに!

    乾燥肌・黒ずみ

    子どもの頃はオイリー肌でニキビに悩んでいたのですが、年齢が上がるとともに、乾燥肌になってきてしまいました。乾燥肌になってからは、きちんと肌に合った化粧品やクレンジングを使わないと、ニキビ以外にも肌荒れしてしまっていたのですが、これを使うことで、肌にも優しく、しかし、しっかり黒ずみを落とせるようになりました。 それは、「茶葉」・「はちみつ」・「小麦粉」を練ったものです。茶葉は、飲料用として使用した…続きをみる
  • 急に悪化する乾燥肌対策とは

    乾燥肌・急に

    私は若い頃は脂性肌で、すぐに顔がベタついていました。なので、化粧品は全て潤いのない、マットなものを冬でも使用していました。 ところが、35歳を過ぎたあたりからでしょうか、急に肌が乾燥するようになってきたのです。原因は若い頃にきちんと保湿ケアをしなかったからでした。脂性肌の人でも保湿ケアをしないと、水分不足で余計ベタついたり、ある年齢になると乾燥したりすると、今になって知りました。 冬はもちろ…続きをみる
  • 掌蹠膿疱症の痒み止め

    痒み・止め

    掌蹠膿疱症は非常に強い痒みを伴う場合があります。 原因は膿疱ができた時や膿疱が赤いかさぶたになった時、炎症が起きている時、皮膚が剥がれる時、乾燥した時などです。 自分でできることとしては、炎症が起きているなら治療薬(抗炎症剤を含むもの)を塗ったり、患部を冷やしたりすること、そして、乾燥しているなら、皮膚に水分を十分に含ませて保湿することで解消されやすくなります。 しかしそれでもやはり痒くてたまら…続きをみる
  • かゆみに効果てきめんのツボ「合谷」

    かゆみ・ツボ

    以前、アトピー性皮膚炎によるかゆみが辛かった時に効果的だったツボが「合谷」です。 手の親指と人差し指の骨を甲のほうへ辿っていき、交わるあたりのくぼみに合谷があります。もう片方の手の親指と人差し指で挟むようにして強めに押し込むと、ツーンとするような心地良い痛みがあります。 そして、指で刺激を与えるのももちろん良いのですが、お灸を据えるのはさらに効果的でした。最近は家庭で簡単に使用できるものや煙の出…続きをみる

関連する病気のコラム