ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ

薬効分類
鼻・耳の薬

最終更新日:2017/12/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などによるつらい鼻水、鼻づまり、頭重に ソフトカプセル
『ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ』は、花粉・ハウスダストなどによる鼻水、鼻づまり、頭重といったアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎からくる様々な鼻炎症状に効果を発揮します。抗アレルギー作用と抗ヒスタミン作用を兼ね備え、かつ眠くなりにくい成分「メキタジン」に加えて鼻水、鼻づまり、頭重に働きかける合計6つの有効成分を配合した効き目を求める方におすすめの鼻炎内服薬です。

副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎に6つの有効成分が、これら全ての症状に効く!!
アレルギー症状の抑制・・・メキタジン(眠くなりにくい成分)

○鼻粘膜の腫れ 息苦しさ(鼻づまり)
〈鼻粘膜血管収縮成分〉塩酸プソイドエフェドリン dl-メチルエフェドリン塩酸塩
〈生薬成分〉シンイエキス
○ネバネバ鼻水 鼻水が喉に垂れる(鼻水)
〈鼻汁分泌抑制〉ベラドンナ総アルカロイド
○頭がぼーっとする(頭重)
〈頭重抑制〉無水カフェイン
作用・効能 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和: くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)
成分・分量 1日量3カプセル中
有効成分・・・分量
メキタジン・・・4mg
塩酸プソイドエフェドリン・・・75mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩・・・75mg
シンイエキス・・・24mg
ベラドンナ総アルカロイド・・・0.4mg
無水カフェイン・・・110mg

添加物として、ポリソルベート80、グリセリン脂肪酸エステル、サラシミツロウ、中鎖脂肪酸トリグリセリド、ゼラチン、コハク化ゼラチン、グリセリン、酸化チタン、黄色5号を含有する。
問い合わせ先 ロート製薬株式会社
業界カテゴリ

鼻炎用点鼻薬

用法・容量について

次の量を食後に、水又はお湯で服用してください。
年齢・・・1回量・・・1日服用回数
成人(15才以上)・・・1カプセル・・・3回
15才未満・・・服用しないこと

(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方/上図のようにカプセルのはいっているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)

1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)次の症状のある人
前立腺肥大による排尿困難
(3)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,甲状腺機能障害,糖尿病
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)、胃腸鎮痛鎮痙薬
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがある)
4.長期連用しないでください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者。
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬等により、不眠、めまい、脱力感、震え、動悸を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。 高熱、排尿困難
(8)次の診断を受けた人。 緑内障、腎臓病
(9)モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩等)で治療を受けている人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
関係部位・・・症状
皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ
消化器・・・吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系・・・めまい、不眠、神経過敏、頭痛、けいれん
泌尿器・・・排尿困難
その他・・・顔のほてり、異常なまぶしさ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称・・・症状
ショック (アナフィラキシー)・・・服用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
急性汎発性発疹性膿疱症・・・高熱、皮ふの広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮ふ上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。
肝機能障害・・・発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
血小板減少・・・血液中の成分である血小板の数が減ることにより、鼻血、歯ぐきからの出血、青あざ等の出血症状があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
口のかわき、眠気、便秘、目のかすみ
4.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。
なお、使用期限内であっても一度内袋を開封した後はなるべく早くご使用ください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 花粉症で口の中がかゆいと感じました。

    花粉症 口 かゆい

    私はの花粉症の症状は主に目がかゆいと感じることと、鼻水がたらたらとたれることです。以前友達と花粉による被害の話をしていて、その子は耳がかゆくなったり口の中がかゆくなったりすることがあると言っていました。その話を聞いてとてもびっくりしたのを覚えています。 今年の4月にスギ花粉が舞っている頃、とうとう私も口の中がかゆいと思うことがありました。その時に以前友達が同じことを言っていたと思いだし、とても懐…続きをみる
  • アレルギー性鼻炎にレーザー治療で対処した人の体験談

    アレルギー性鼻炎・レーザー治療

    私は、13歳のころから花粉症です。主にスギとヒノキのアレルギーがひどく、春はあたたかくなるうれしさの反面、アレルギー性鼻炎のことを考えると憂鬱な季節です。花粉が猛威をふるうシーズン前に病院にかかり予防注射や飲み薬などをもらったりしたのですが劇的に効果があったというものはなく、この花粉症との付き合いは20年にもなります。最近、レーザー治療なるアレルギー性鼻炎に効果的な治療のことを耳にし、 治療を行…続きをみる
  • 鼻水や涙が止まらない場合の対処方法

    鼻水・涙・止まらない

    突然、鼻水や涙が止まらない状態が続いたのでほ、本当に困りました。ティッシュで鼻をかんでも、まったく症状が治まりません。早く解消したかったので、インターネットで調べてみました。 すると、鼻水や涙が止まらない時は、アレルギーの可能性があるので原因となる物質を取り除くことが大事だと判明しました。自分が何のアレルギーなのか、原因を突き止めるために、耳鼻咽喉科で検査を受けることを決意しました。自宅の近くに…続きをみる
  • 花粉症の血液抗体検査にかかった費用

    花粉症 検査 費用

    1年程前、鼻水が止まらなくなり、花粉症になったのかと思い病院で検査を受けることにしました。血液抗体検査、パッチテスト、鼻の粘膜の3種類がありました。血液抗体は血液の採取、パッチテストは皮膚をひっかいて薬品を乗せ、肌が赤くなる範囲で判断し、鼻の粘膜は鼻の中に綿棒を突っ込むという痛そうなものでした。なので、一番無難な方法の血液抗体検査を受けることにしました。 採取される血液の量も少なくて、痛みもない…続きをみる

関連する病気のコラム