リドベートGX液

薬効分類
かゆみ・虫さされ・虫よけ用薬

最終更新日:2018/06/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 鎮痒消炎薬
かゆみ・虫さされに

◎リドベートGX液は、アンテドラッグステロイドを配合したお薬で、11の成分が虫さされのしつこいかゆみや湿疹、かぶれなどにしっかりと効きます。
◎アンテドラッグステロイドとは
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは、患部で優れた抗炎症作用を発揮しその後、体内に吸収されると作用の弱い物質に分解される特性があります。

・抗炎症成分:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、グリチルリチン酸二カリウム、サリチル酸グリコール
・かゆみ止め成分:ジフェンヒドラミン塩酸塩、クロタミトン、リドカイン
・肌の修復成分:パンテノール
・血行促進成分:トコフェロール酢酸エステル
・殺菌成分:イソプロピルメチルフェノール
・清涼感成分:l-メントール、dl-カンフル
作用・効能 虫さされ、かゆみ、湿疹、皮膚炎、かぶれ、じんましん、あせも
成分・分量 100mL中
成分・・・分量・・・作用
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(アンテドラッグステロイド剤 PVA)・・・0.15g・・・湿疹、皮膚炎等の炎症を鎮めます。
ジフェンヒドラミン塩酸塩・・・2.0g・・・抗ヒスタミン作用により、かゆみの発生を抑えます。
クロタミトン・・・5.0g・・・かゆみを鎮めます。
グリチルリチン酸二カリウム・・・0.3g・・・炎症を鎮めます。
l-メントール・・・3.5g・・・清涼感を与え、かゆみを鎮めます。
dl-カンフル・・・1.0g・・・清涼感を与え、かゆみを鎮めます。
リドカイン・・・2.0g・・・局所麻酔作用により、かゆみをすばやく鎮めます。
イソプロピルメチルフェノール・・・0.1g・・・殺菌作用があります。
パンテノール・・・1.0g・・・はれ、赤みをおびた肌の修復を促進させます。
サリチル酸グリコール・・・1.0g・・・皮膚の炎症を鎮めます。
トコフェロール酢酸エステル・・・0.1g・・・血行を良くして皮膚の新陳代謝を高め修復を助けます。

添加物:プロピレングリコール、BHT、ジプロピレングリコール、エタノール、八アセチルしょ糖、pH調節剤を含有します。

本剤はアルコールを含んでいるので、塗布時にしみることがあります。
問い合わせ先 協和薬品工業株式会社
業界カテゴリ

かゆみ・虫さされ用薬

用法・容量について

1日数回、適量を患部に塗布してください。

(1)キャップをとりはずし、スポンジ部分を肌に数回軽く押し当てて、スポンジに薬液をしみ込ませてから使用してください。スポンジ面に薬液が十分しみ込んでいない状態で使用すると、スポンジが破損する場合があります。
○同じ部位に他の軟膏・クリーム剤を併用するとスポンジを傷めることがあります。
(2)定められた用法・用量を守ってください。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用してください。
(6)塗布後、その部位をラップフィルム、絆創膏などの通気性の悪いもので覆わないでください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の部位には使用しないでください
(1)水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)創傷面、目の周囲、口唇、粘膜等。
2.顔面には、広範囲に使用しないでください
3.長期連用しないでください

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感
皮膚(患部)・・・みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して立てて保管してください。(容器を横向きなどで保管すると振動などにより薬液が出過ぎたり、液漏れの原因となる場合があります)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わるのを防ぐため)
(4)火気に近づけないでください。また、使用後は火中に投じないでください。
(5)揮発性がありますので、使用後はキャップをしっかり締めてください。
(6)本剤のついた手で、目や粘膜に触れないでください。
(7)メガネ、時計、アクセサリーなどの金属類、衣類、プラスチック類、皮革製品、床や家具などの塗装面などに付着すると変質又は変色する場合がありますので、付着しないように注意してください。
(8)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。また、開封後は使用期限内であっても、なるべく速やかに使用してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 虫刺され跡は布団のダニが原因だった!?

    虫刺され・布団

    朝起きたら、全身がかゆくて仕方ありませんでした。そこで、体のあちこちを点検してみたところ、虫刺されのように赤く腫れている部分を見つけました。 一体、何が原因なのだろうと気になりましたので、皮膚科を訪れてみることにしました。なぜなら、今の季節ならば、蚊が出ないからです。皮膚科で虫刺されの痕を見せたら、布団にダニが大量に発生している可能性が高いので、点検した方が良いとアドバイスをされましたので、本当…続きをみる
  • 虫刺されの原因はベッドにあった

    虫刺され・ベッド

    夜、ベッドに入って眠っていると、プーンと音がしました。 「蚊がいる!!」 とっさに音がする方向で、蚊を捕らえようとして、パチン!と両手を合わせました。しかし、すぐに逃げられてしまったため、ベッドの周りで蚊は自由に飛び回っています。 私は虫刺されで毎年大変な思いをします。 体温が高いのか、汗かきだからか、蚊のいるところに行けば、やたらに刺されてしまい、体中に虫刺されの跡が。 色が白いことや、皮膚が…続きをみる
  • 肌荒れした時は皮膚科へ早く行こう

    肌荒れ・皮膚科

    人間関係のストレスから、30代前に酷い肌荒れを起こしてしまいました。吹き出物が出続けて、消えてはまた出来ての状態でした。そこで思い切って皮膚科で診てもらうことにしました。美容皮膚科だったのですが、先生もやはり年齢的なホルモンバランスの変化とストレスとおっしゃって、とにかくしっかりと洗顔することと、肌のターンオーバーを促進しましょうということでピーリングとイオン導入に数回通いました。 はじめのうち…続きをみる
  • ストレス性の肌荒れに対する私の対策方法

    肌荒れ・ストレス

    数年前の春、私はストレスで肌荒れに悩まされました。日頃から肌の状態は良く、ニキビは一切なかったため、当初原因は季節の変わり目によるものだと考えていました。最初、目の周りがかゆくなったとき、季節の変わり目か花粉症思い込んでいたため、そのままひたすらかゆみと赤みが引くのを我慢していました。我慢してもなかなか収まらないかゆみに苛立ちを感じていると、頬、額、顎と広がり、顔全体が熱を持っていきました。皮膚…続きをみる

関連する病気のコラム