コートfレグケア

薬効分類
かさつき・あれ用薬

最終更新日:2018/09/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 コートfレグケアは、有効成分の尿素が余分な古い角質を取り除くとともに、
肌の奥まで浸透して内側から保湿。粉をふきにくい状態に導く治療薬です。
作用・効能 ひざ・くるぶし・かかと・ひじの角化症、さめ肌、手指のあれ、老人の乾皮症
成分・分量 成分(1g中)
[成  分]尿素
[含  量]200mg
[はたらき]水分保持量増加作用により、体内からの水分を適度にとりこみます。

[成  分]グリチルリチン酸二カリウム
[含  量]5mg
[はたらき]皮膚の炎症を抑えます。

[成  分]トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)
[含  量]5mg
[はたらき]皮膚の血行を改善し、荒れた皮膚の再生を助けます。

添加物:プロピレングリコール、グリセリン、セタノール、ステアリン酸、ミリスチン酸イソプロピル、
流動パラフィン、パラフィン、白色ワセリン、ジメチルポリシロキサン、ポリオキシエチレンベヘニルエーテル、
ステアリン酸ポリオキシル、ステアリン酸グリセリン、エデト酸Na、グリシン、塩化アンモニウム、パラベン、
ジイソプロパノールアミン
問い合わせ先 ジャパンメディック株式会社
業界カテゴリ

皮膚軟化薬(乾燥性皮膚用薬)

用法・容量について

1日数回、適量を患部に塗擦してください。

(1)用法・用量を厳守してください。
(2)本剤のついた手で、目など粘膜にふれないでください。
   万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
   なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)外用にのみ使用してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)引っかき傷等の傷口、亀裂(ひび割れ)部位。
(3)かさぶたの様に皮膚がはがれている部位。
(4)炎症部位。(ただれ・赤くはれている部位)

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、
  この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
〔関係部位/症状〕
皮膚/発疹・発赤、かゆみ、はれ、刺激感(痛み、熱感、ぴりぴり感)、かさぶたの様に皮膚がはがれる
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は
  登録販売者に相談してください。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • ただの指のかゆみと侮っていました

    指・かゆみ

    私は20代の頃花屋で働いていたのですが、その頃手の特に指にかゆみをおぼえるようになりました。水仕事の多い職種ですし、その影響からだとあまり気にもとめていませんでしたが、時が経つに連れ善くなるどころか症状は悪化していったのです。 まず、赤い発疹のようなものが手のひら側にも甲側にもできてきて、かゆくてかいていると水疱のようなものができていきました。それが潰れて、また広がっていく感じがして自然と治る気…続きをみる
  • 急に悪化する乾燥肌対策とは

    乾燥肌・急に

    私は若い頃は脂性肌で、すぐに顔がベタついていました。なので、化粧品は全て潤いのない、マットなものを冬でも使用していました。 ところが、35歳を過ぎたあたりからでしょうか、急に肌が乾燥するようになってきたのです。原因は若い頃にきちんと保湿ケアをしなかったからでした。脂性肌の人でも保湿ケアをしないと、水分不足で余計ベタついたり、ある年齢になると乾燥したりすると、今になって知りました。 冬はもちろ…続きをみる
  • かゆみを伴う乾燥肌でできたあざが消えません

    かゆみ・あざ

    わたしはからだ全体が乾燥肌で、年中肌にかゆみがあります。特に、冬の乾燥シーズンには、無意識にかきむしってしまうため、常に爪を短くしています。 なんども同じところをかいてしまうため、わたしの背中と脇腹のあたりには、爪で引っかいたようなあざができています。そのため、恥ずかしくて、友人と温泉に行くことができません。なんとか、あざだけでも消したいので、レーザー治療も考えています。 毎年、皮膚科の医院でか…続きをみる
  • 栄養不足で、体はかゆみを感じる!?

    かゆみ・栄養

    26歳の頃に仕事が忙しく、ストレスをとても感じる日々が続いていました。食生活も不規則になり、栄養バランスも崩れているのを実感していました。そんなある日、体全体にかゆみを感じるようになりました。仕事中でも気になり、集中できないようになり、不思議に思ったので皮膚科を受診しました。その原因として言われたのが、ストレス過多と、食生活の乱れでした。どちらも当てはまっていました。仕事を一度休職することにしま…続きをみる

関連する病気のコラム