ヒリギレ軟膏

薬効分類
しもやけ・あかぎれ・ひび用薬

最終更新日:2018/09/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 あかぎれ・しもやけ治療薬
■ヒリヒリ切れとは?
冬になって寒くなると血行が悪くなり、皮脂腺からの油分の分泌量が減少します。
さらに、水仕事のとき、お湯や洗剤を使うことにより、角層内部の油分も失われやすくなり手荒れを進行させてしまいます。このような状態が続くと手の甲は柔軟性を失い、つっぱり、無数に細かく切れて赤く炎症を起こすようになってしまいます。
この炎症により、さらに角層内部の油分が失われ、ついには冬の間中、しつこく症状をくり返すようになります。これが水仕事のたびにヒリヒリしみて痛い「ヒリヒリ切れ」の正体です。
こうなると、ハンドケアなどで表面に油分を補うだけでは元の柔軟な肌に戻すことはできなくなります。
ヒリヒリ切れには医薬品のヒリギレ軟膏での治療が効果的です。
■手の甲などのヒリヒリ切れにトリプルリペア処方
ヒリヒリ切れを治療するには、まずは細かく切れた皮ふを修復、さらに皮脂腺からの油分の分泌を促進するとともに、炎症を抑えて角層内部の油分の減少を防ぐことが必要です。
1.切れ修復促進
【アラントイン】
【パンテノール】
2.油分分泌促進
【γ-オリザノール】
3.油分減少の原因となる炎症を抑制
【オウバク乾燥エキス】
作用・効能 あかぎれ、しもやけ、ひび
成分・分量 100g中
有効成分・・・分量・・・作用
アラントイン・・・0.2g・・・細かく切れた皮ふを修復します。
パンテノール(プロビタミンB5)・・・1.0g・・・肌細胞を元気にして修復を促進します。
γ-オリザノール・・・1.0g・・・皮脂腺からの油分の分泌を促進します。
オウバク乾燥エキス・・・0.5g・・・油分減少の原因となる炎症を抑えます。
トコフェロール酢酸エステル・・・0.5g・・・血行を促進し、患部の回復を早めます。
本剤にステロイド成分は配合されていません

添加物としてエデト酸Na、カルボキシビニルポリマー、グリセリン、ステアリルアルコール、ワセリン、1,3-ブチレングリコール、ベヘニルアルコール、ベヘン酸、グリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリン酸ソルビタン、ジイソプロパノールアミン、パラベンを含有します。
問い合わせ先 株式会社池田模範堂
業界カテゴリ

しもやけ・あかぎれ用薬

用法・容量について

1日数回、適量を患部に塗布してください。

(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合(充血や痛みが持続したり、涙が止まらない場合等)には、眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。
(4)本剤の色はオウバク乾燥エキスにより黄色になっています。衣服等に付着すると着色する場合があります。

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
(2)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明文書をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限(ケース及びチューブに西暦年と月を記載)をすぎた製品は使用しないでください。使用期限内であっても、品質保持の点から開封後はなるべく早く使用してください。
(5)使いやすいラミネートチューブです。破れにくい特長がありますが、強く押すと中身が飛び出す場合があります。チューブ尻から順次軽く押し出すようにして使用してください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • しもやけの早く治す方法ってあるの?

    しもやけ・早く治す

    昔から毎年冬になると、必ず両手足の指にしもやけができていました。大学生になって少しおさまったのですが、大人になってもできるときはあります。ひどいときは、指が切れてあかぎれになり、出血するので、大事なプリントが汚れてしまうこともあります。何より、寒いときは痛くて、部屋が暖かいとかゆくなるので、集中することができません。なので、冬になると、とにかく早く治すことを考えてきました。 もともと手足が冷え…続きをみる
  • かゆいかゆいしもやけ

    しもやけ・靴下

    雪国育ちの為、最近は毎冬しもやけになります。子どもの頃は冬、外で遊んでもスキーしてもぜんぜんならなっかたのに大人になってからいきなりしもやけになったんです。初めてなった時は本当に焦って、痒いし痛いしで寝れなくて「本当になんなのコレ?」って感じでした。 寒い廊下を靴下も履かないで素足でペタペタと歩いて油断してました。素足で冷たいところを歩く、それが一番の原因ですね。 必ず厚めの靴下を履くか、スリッ…続きをみる
  • しもやけと凍傷の違いって分かりますか?

    しもやけ・凍傷

    気温が低い時に外で手袋をつけずに作業にあたっていると、しもやけのような症状が現れて手がだんだんと痛くなってきました。その日は大したことは無いだろうと病院にも行かずに放置しておいたのですが、次の日になると手が真っ赤になっており、痛みも増してきたので病院に行くことにしました。実際に病院にいって皮膚科医に診てもらうと軽い凍傷であると診断されました。さほどひどくはなかったので家に帰ってお湯で手を温め続け…続きをみる
  • しもやけがひどくなり水ぶくれになった

    しもやけ・水ぶくれ

    私はスーパーの鮮魚コーナーで働いています。とても身体が冷えるので温かくしてるのですが冷凍物の仕事についていて気がつけば30分以上はとても寒い中いました。仕事が終わった後、足の指先に違和感があり腫れて痺れているような、でも感覚もない感じがありました。もしかして、しもやけかも?と思った時にはだんだん痛くなってきてジンジンし、まぁ放っておこうと思ったら次の日はしもやけに、大きな水ぶくれが出来ていました…続きをみる
  • あかぎれにステロイドは必要か否か

    あかぎれ・ステロイド

    あかぎれはとても辛いものです。ステロイドを使用すれば早急に回復しますが、副作用も気になるところ。重症化した場合には仕方ないですが、できるだけステロイドの使用は控えたいと思っています。 あかぎれの原因は乾燥ですから、とにかくその状態にならないように予防することが大切だと私は考えています。まず第一に、洗剤など肌に触れるものは洗浄力のきつい合成のものは避け、純せっけんや重曹などを活用します。洗浄力の強…続きをみる

関連する病気のコラム