メンソレータム ADボタニカル乳液

薬効分類
かさつき・あれ用薬

最終更新日:2018/09/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 鎮痒消炎薬
乾燥などが原因でかゆみが生じ、一度かきむしってしまうとかゆみを引き起こす物質が放出され、ますますかゆくなります。かゆみを感じたらまずは医薬品でかゆみをしっかりしずめ、かゆみがこれ以上広がらないようにすることが大切です。
「メンソレータム ADボタニカル乳液」は、広範囲のかゆみも心地よくケアできるよう、香りと処方にこだわった、しっとり乳液タイプのかゆみ治療薬です。
○心やすらぐヒーリングハーブの香り
・天然植物由来オイル配合
ラベンダー油(香料) ユーカリ油(清涼化剤) アルモンド油(製剤の軟化剤)
○6つのこだわり処方
非ステロイド 弱酸性 無着色 尿素フリー 防腐剤フリー アルコールフリー
○ADボタニカル乳液のはたらき
Wのかゆみ止め成分とWの抗炎症成分配合で、すばやくかゆみを抑えながら、かゆみの起きにくい正常な肌に修復していきます。
ジフェンヒドラミン:かゆみの原因であるヒスタミンの作用を止めます。
リドカイン:かゆみ神経の働きを弱めます。
グリチルレチン酸:炎症をしずめ、かゆみのもとを抑えます。
アラントイン:傷ついた肌の修復を促進し、患部の治りを助けます。
○こんなかゆみに かゆみを感じたら、すぐのご使用がおすすめです。
お風呂あがりや寝る前のがまんできないかゆみ
衣服やストッキングなどのこすれ・しめつけによるかゆみ
寝ている間のムズムズするかゆみ
作用・効能 かゆみ、皮フ炎、かぶれ、じんましん、虫さされ、しっしん、ただれ、あせも、しもやけ
成分・分量 1g中
成分・・・分量
ジフェンヒドラミン・・・10mg
リドカイン・・・5mg
グリチルレチン酸・・・2mg
アラントイン・・・2mg
ステロイド成分を配合していません。

添加物として、グリセリン、1,3-ブチレングリコール、流動パラフィン、アルモンド油、ユーカリ油、ラベンダー油、ワセリン、ステアリン酸グリセリン、パルミチン酸イソプロピル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリルアルコール、乳酸ナトリウム液、乳酸、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、エデト酸Na、香料を含有する。
問い合わせ先 ロート製薬株式会社
業界カテゴリ

皮膚軟化薬(乾燥性皮膚用薬)

用法・容量について

1日数回、適量を患部にぬってください。

(1)目に入らないようご注意ください。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の部位には使用しないでください。
(1)目や目の周囲、口唇などの粘膜の部分等
(2)傷のあるところ

注意事項

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
関係部位・・・症状
皮フ・・・発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、一度開封した後はなるべく早くご使用ください。
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • かゆみを伴う乾燥肌でできたあざが消えません

    かゆみ・あざ

    わたしはからだ全体が乾燥肌で、年中肌にかゆみがあります。特に、冬の乾燥シーズンには、無意識にかきむしってしまうため、常に爪を短くしています。 なんども同じところをかいてしまうため、わたしの背中と脇腹のあたりには、爪で引っかいたようなあざができています。そのため、恥ずかしくて、友人と温泉に行くことができません。なんとか、あざだけでも消したいので、レーザー治療も考えています。 毎年、皮膚科の医院でか…続きをみる
  • 急に悪化する乾燥肌対策とは

    乾燥肌・急に

    私は若い頃は脂性肌で、すぐに顔がベタついていました。なので、化粧品は全て潤いのない、マットなものを冬でも使用していました。 ところが、35歳を過ぎたあたりからでしょうか、急に肌が乾燥するようになってきたのです。原因は若い頃にきちんと保湿ケアをしなかったからでした。脂性肌の人でも保湿ケアをしないと、水分不足で余計ベタついたり、ある年齢になると乾燥したりすると、今になって知りました。 冬はもちろ…続きをみる
  • ストレス性の肌荒れに対する私の対策方法

    肌荒れ・ストレス

    数年前の春、私はストレスで肌荒れに悩まされました。日頃から肌の状態は良く、ニキビは一切なかったため、当初原因は季節の変わり目によるものだと考えていました。最初、目の周りがかゆくなったとき、季節の変わり目か花粉症思い込んでいたため、そのままひたすらかゆみと赤みが引くのを我慢していました。我慢してもなかなか収まらないかゆみに苛立ちを感じていると、頬、額、顎と広がり、顔全体が熱を持っていきました。皮膚…続きをみる
  • 栄養不足で、体はかゆみを感じる!?

    かゆみ・栄養

    26歳の頃に仕事が忙しく、ストレスをとても感じる日々が続いていました。食生活も不規則になり、栄養バランスも崩れているのを実感していました。そんなある日、体全体にかゆみを感じるようになりました。仕事中でも気になり、集中できないようになり、不思議に思ったので皮膚科を受診しました。その原因として言われたのが、ストレス過多と、食生活の乱れでした。どちらも当てはまっていました。仕事を一度休職することにしま…続きをみる

関連する病気のコラム