大正漢方胃腸薬アクティブ〈錠剤〉

薬効分類
胃腸薬

最終更新日:2019/09/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
商品特長 ◆大正漢方胃腸薬アクティブ〈錠剤〉は、年齢などによる胃のもたれ等に効く胃腸薬です。
◆安中散と四逆散の組み合わせにより、自律神経が乱れて低下した胃の機能を高め、胃を元気にして、胃もたれを改善します。
◆独自の製剤技術により、香り・風味が良い製剤を実現しました(芳香性健胃生薬配合)。
作用・効能 体力中等度、またはやや虚弱で、ときに胸腹部の重くるしさ、不安・不眠・いらだち等の症状がある方の次の諸症: 胃のもたれ、胃部不快感、胃痛、げっぷ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、胸つかえ、胸やけ、胃酸過多、腹痛、はきけ(むかつき、悪心)、神経性胃炎
成分・分量 4錠中
成分・・・分量・・・作用
安中散(下記生薬の混合粉末)(ケイヒ(桂皮) 200mg、エンゴサク(延胡索) 150mg、ボレイ(牡蛎) 150mg、ウイキョウ(茴香) 75mg、シュクシャ(縮砂) 50mg、カンゾウ(甘草) 50mg、リョウキョウ(良姜) 25mg)・・・700mg・・・衰えた胃腸のはたらきを活発にする作用があり、胃のもたれ、胃部不快感、胸やけ等の症状を改善します。
四逆散乾燥エキス(12錠中910mg)(下記生薬の抽出乾燥エキス)(サイコ(柴胡) 333.33mg(12錠中1000mg)、キジツ(枳実) 333.33mg(12錠中1000mg)、シャクヤク(芍薬) 333.33mg(12錠中1000mg)、カンゾウ(甘草) 166.67mg(12錠中500mg))・・・303.33mg・・・精神的な緊張状態をほぐす作用があり、神経性胃炎、胃痛、腹痛等の症状を改善します。

添加物:デキストリン、無水ケイ酸、リン酸水素Ca、クロスカルメロースNa、ステアリン酸Mg、硬化油

本剤は、生薬を用いた製剤ですから、製品により色が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。
問い合わせ先 大正製薬株式会社
業界カテゴリ

制酸薬

用法・容量について

次の量を食前又は食間に水又はぬるま湯で服用してください。
年齢・・・1回量・・・1日服用回数
成人(15才以上)・・・4錠・・・1日3回
15才未満・・・服用しないこと

食前の服用は、食事の前30分~1時間を目安にします
食間の服用は、食事の後2~3時間を目安にします

(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)ぬれた手等で触れた錠剤はびんに戻さないでください。(変色の原因となり、品質が変わることがあります)
(3)びんの中の包装紙に包まれた物は乾燥剤ですので服用しないでください。

注意事項

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(4)体の虚弱な人。(体力の衰えている人、体の弱い人)
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は6ヵ月以内に服用してください。(品質保持のため)
  • 薬情報(一般用医薬品)の取り扱いについてはこちら

関連する薬

関連する病気

関連する病気の相談

関連する病気の体験談

  • 安定剤の副作用で食欲不振になりました。

    食欲不振・安定剤

    以前、私が勤めていた会社は、残業が多く、休日は週に一度しかありませんでした。 新人だったこともあり、慣れない仕事に時間が掛かってしまったり、また、陰湿ないじめもありました。 日々の疲れとストレスで、心身ともに限界がきていました。 徐々に食事が喉を通らなくなり、ついには食欲不振に陥ってしまいました。苺を1粒食べるだけでも辛いのです。 体は目に見えて痩せていき、体力も落ち、めまいがするようになったの…続きをみる
  • 私の胃もたれに効いた漢方の薬

    胃もたれ・薬

    飲み会などが続くシーズンに胃もたれなどを感じることが多くあります。 若いころは全く意識することがありませんでしたが最近では胃腸の不調を感じる機会も増えてきました。 出来る範囲での対策として自分が行っている対策は暴飲暴食をしないように気をつける、寝る直前に食べない、辛いものや熱いものなど刺激物を避けることなどを実行しています。それでも胃もたれの症状が出る場合には胃薬を飲むようにしています。ドラッグ…続きをみる
  • 消化不良にならないために私がしている対策

    消化不良・対策

    わたしはときどき、胃が重くなって気持ち悪くなり吐いてしまったり、おなかが痛くなって下痢を起こすことがあります。消化不良の典型的な症状でしょう。 こうした症状の対策として最近は、まず寝る前に食べることをやめるようにしています。できるだけ就寝の二時間前までには夕食を終えるように心がけているのです。 またわたしはわりと早食いなのですが、食べる際にはよく噛む癖をつけようと頑張っています。面倒くさいとも思…続きをみる
  • 胸焼けしたらお茶に潰した梅干しを入れて飲みます

    胸焼け・梅干

    胃酸の分泌などによって、胃に刺激を与えることで起こる胸焼けは、だれでも体験したことのある症状ではないでしょうか。私も実際、食べ過ぎやストレスでよくなっています。薬で抑えることはできますが、一過性に過ぎずやはりなにかほかにいい方法はないかと思い、母親に聞いてみると・・・なんと、胸焼けには梅干しがいいそうです。 確かに、今思えば子供のころ胃が痛かったり食欲がないときはよく食べさせられていました。 そ…続きをみる

関連する病気のコラム