医師監修

トイレ・パイプ洗浄剤中毒とは

トイレ・パイプ洗浄剤中毒とは、トイレなどのパイプの洗浄剤を服毒することにより起こる病気です。パイプの洗浄剤は、強い酸性やアルカリ性の性質を持っています。それを体内に取り入れた場合、口や食道、胃などの消化器系の各種の組織を破壊し、潰瘍や穿孔といった大きな問題が生じさせます。

トイレ・パイプ洗浄剤中毒の症状

トイレ・パイプ洗浄剤中毒での症状としては、パイプの洗浄剤を飲んだ直後に、吐き気や嘔吐、さらに、口の中の灼熱感が襲ってきます。

さらに、胸部や腹部に強い傷みが生じます。また、バイプの洗浄剤が持つ腐食作用により、口腔内や食道、胃や十二指腸などに対して、潰瘍が生じます。潰瘍部分からは出血し、吐血として病状に現れます。

消化器官の潰瘍部分が深い場合には、さらに穿孔が生じる可能性があります。その結果として、縦隔炎や腹膜炎を引き起こします。

また、消化器官の患部の浮腫が大きくなると、体液の偏りが生じ、強いショック症状が起きます。トイレ・パイプ洗浄剤中毒による症状が重い場合には、死に至るケースも少なくありません。

トイレ・パイプ洗浄剤中毒の原因

トイレ・パイプ洗浄剤中毒が起きる原因は、トイレなどの洗浄に用いる薬剤を誤って、あるいは故意で服用することにより生じるものです。パイプの洗浄剤が持つ強い酸性やアルカリ性は、人間の組織に潰瘍や穿孔を引き起こす強い作用をもたらします。

そのため、口から体内にパイプ洗浄剤が入った場合には、その通過経路となる口やのど、食道や胃、さらに十二指腸などの部分に問題が生じます。

パイプの洗浄剤の酸やアルカリの影響が治療により和らいだとしても、消化器官に重大な傷害が残ることも少なくありません。潰瘍部分が塞がったとしても、患部に狭窄などが起きることもあります。トイレ・パイプ洗浄剤中毒が原因となる病状は、重大な結果を及ぼしがちです。

トイレ・パイプ洗浄剤中毒の治療法

トイレ・パイプ洗浄剤中毒の予防方法としては、薬剤が体内に入ることを防ぐことが重要です。そのため、誤って体内に取り込んだり、あるいは自殺などで服毒しないようにし、子どもなどからは手が届かないよう厳密な管理を必要とします。

トイレ・パイプ洗浄剤中毒が起きた場合には、酸やアルカリの影響をできるだけ和らげるための応急処置が必要です。
ただし、水を飲ませるなどの方法はかえって状況を悪くすることもあり、対処は難しいです。
早急に受診するようにしましょう。
体の状態の改善のため、薬液や抗生物質の投与を患者に対して行います。消化器系に穿孔が生じた場合には、手術により治療を行う事が必要です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください