医師監修

光化学スモッグ障害とは

光化学スモッグはオゾン・アルデヒド・PAN(パーオキシアシルナイトレイト)等の総称であり、主成分を「オキシダント」といいます。このオキシダントによる、健康被害の事を「光化学スモッグ障害」といいます。夏の時期の日差しが強く風が弱い日等に、特に発生しやすく、呼吸器系の皮膚や粘膜を冒す等の、健康被害が報告されています。

光化学スモッグ障害の症状

光による化学変化でできたスモッグは、大気中の二酸化窒素や炭化水素に、太陽の紫外線があたると、複雑な反応を起こし、刺激性のある物質を作り出します。その為人体や植物に、様々な健康被害等を引き起こします。
光化学スモッグ障害の「症状」としましては、主に「眼がチカチカする・喉が痛くなる・視程障害を引き起こす」等のケースがみられます。視程障害とは、肉眼で物体がはっきりと確認できる、最大の距離に支障をきたす障害の事をいいます。
症状には、軽症例・中等症例・重症例とがあります。中等症例・重症例では、手足のしびれ感・頭痛・めまい・発熱・嘔吐等の症状が現れます。なかには、呼吸困難となり酸素吸入等を要する場合もあります。

光化学スモッグ障害の原因

光化学スモッグ障害の主な「原因」は、化学変化(もとの物質とは違う物質に変化する事)でできたスモッグによるものです。スモッグとは、大都市や工業地帯にしばしば発生する、塵埃(じんあい)や煤煙(ばいえん)の粒子が、凝結核となった霧の事です。これは、自然に発生する霧とは異なるものです。
大気汚染濃度が高い場合にも、スモッグといわれています。どちらも、人間の健康や植物の成長に、害を及ぼすものです。
日本では、戦後の工業化に伴い、1970年代前半に大気汚染のピークを迎えました。そこで政府は「大気環境基準の設定」・「自動車排ガス規制の導入」等により、工場やガソリン車からの汚染物質の排出の減少により、健康被害への発生件数も減少しました。

光化学スモッグ障害の治療法

光化学スモッグ障害の「予防」は、外出先から帰宅したら、眼を洗う事・手洗い・うがい等が基本となります。シャワーを浴びる等して、皮膚や髪の毛を洗浄する事も望ましいです。空気清浄機・空気洗浄機等を使用して、清浄な空気の中で安静にする事が、軽症例では必要です。

中等症例・重症例では、気道・肺を通じて血液中に入り、赤血球と反応して中枢神経にも作用して、麻痺させます。呼吸困難等の症状が現れた場合、酸素吸入が必要となりますので、内科の医療機関を受診する事が重要です。東京では、公害による健康被害の医療費(入院の場合)を、助成している自治体もあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

光化学スモッグ障害に関するコラム