医師監修

ジクワット中毒とは

ジクワット中毒とは、除草剤の製品を服用することにより生じるものです。除草剤の製品であるパラコートの服毒自殺などが生じることになったため、毒性が低いジクワットを複合した除草剤が使われるようになりました。パラコートとの複合除草剤を服毒することにより生じるものです。

ジクワット中毒の症状

ジクワット中毒により生じる症状としては、口の中の粘膜のびらんや声が枯れるなどのものがあります。また、摂取してから数日後には、肝臓や腎臓に障害が生じます。症状が重い場合では、顔面の蒼白や血圧の低下といったショック症状を示します。

また、肺にも異常が生じ、肺水腫を引き起こす可能性があります。また、最小致死量に近い量を摂取した場合には、治療により肝臓や腎臓の低下した機能は戻っても、肺に肺線維症を引き起こす事から、時間をおいて死亡に至るケースが多いです。
これは、摂取による細胞膜の障害が、肺に特に顕著に現れることによるものです。ジクワット中毒は、パラコート単体の薬剤よりも病状は穏やかであるものの、それでも量によっては重大な症状を示します。

ジクワット中毒の原因

ジクワット中毒が起きる原因は、ジクワットを複合した除草剤を摂取することにより起こります。体内に除草剤の成分が入った場合、活性酸素が細胞膜脂質に障害を引き起こします。また、薬剤が触れた皮膚や粘膜を強く刺激し、腐食させるなどの問題を起こします。
ジクワット中毒による体内の臓器への障害は全般にわたります。またのその中でも肺に対する影響が大きく、少量であったとしても進行性の肺線維症をもたらす可能性が高いです。肺の細胞が繊維化することにより、やがて肺の機能が損なわれ死に至ります。このようなジクワットを複合した除草剤は、除草剤として散布する場合には問題がありません。しかし、誤飲したり、あるいは自殺を目的として摂取する可能性があります。

ジクワット中毒の治療法

ジクワット中毒に対する予防方法としては、ジクワットの除草剤を摂取しないということが何より大切です。また、肌に触れると腐食の症状を示すため、できるだけ触れないようにする必要があります。
もしジクワット中毒に陥った場合には、早急に医療機関を受診する必要があります。
摂取した除草剤を体外に吐き出せるため、胃洗浄や小腸洗浄を行います。ジクワット中毒には解毒薬はありません。
症状によっては、血液浄化療法やステロイド薬のパルス療法などを行い、改善に努めます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください