季節によって種類が違う!花粉症の時期を知って早めの予防対策をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

日本人のおよそ4人に1人に花粉によるアレルギーががあるということで、もはや国民病ともいえる花粉症

日本全国を見ても、花粉の影響が及ばないところはありません。では、花粉の時期やその特徴について見ていきましょう。

要チェック項目


□花粉症は季節によってアレルゲンが異なる
□都会には都市型のアレルギーがある
□花粉症を治すには体質改善が必要である

季節ごとの花粉の種類について:春


スギ


春と言えば言わずと知れたスギ花粉が飛ぶ時期です。全国的に見ると3月頃にピークを迎える傾向がありますが、特に関東地方はピークの時期が長く、2月の上旬ごろから4月の下旬ころまでスギ花粉のピークが続きます。

また、北海道といえどもスギ花粉と無縁ではありません。飛散する時期は他の地域よりも遅く、3月の中旬頃から5月の上旬頃に飛散が見られます。

ただ、花粉の量自体が少ないのと土地が広いため、罹患者の割合は他の場所よりも低い傾向があります。

ヒノキ


スギ花粉が落ち着いた頃に入れ替わるようにして現れるイメージがあるヒノキ花粉ですが、実際にはそのピークは重なっているようです。特に関東では3月上旬から4月の下旬がその最盛期となっています。

九州地方が一番ピークを迎えるのが早く、3月の上旬から四月の中旬にかけてピークを迎えます。北海道では4月の下旬から6月いっぱい頃まで飛散が見られますが、スギ花粉同様、被害はそれほど多くはありません。

季節ごとの花粉の種類について:夏


イネ


夏を迎える頃にピークを迎えるのがイネの花粉です。全国的に見ると、関東地方と東北地方が飛散量が多く、その他の地域ではそれほど飛散量は見られないということです。特に、東海地方が一番少ないようです。

関東地方では五月の上旬から6月の中旬にかけて、初夏の時期から梅雨入り前くらいまでの時期にピークを迎えます。東北地方ではピークがやや短く、5月の下旬から6月の上旬にかけてピークを迎えます。

シラカンバ


花粉症とは無縁と思われる北海道でも、初夏には花粉症に悩まされる人が現れます。そのアレルゲンとして有名なのが北海道特有のシラカンバです。東北の一部を除くとこの花粉は北海道でしか見られません。

北海道では四月の下旬から6月の中旬頃にピークを迎えます。東北地方でも5月下旬に一部の地域でピークを迎えます。また、北海道でも6月の下旬には少量ですがイネ花粉の飛散も見られます。

季節ごとの花粉の種類について:秋


ブタクサ


ブタクサ花粉もよく知られているアレルゲンです。そもそも、日本で最初に確認された花粉症が、ブタクサによる花粉症だということです。1960年代にアメリカ進駐軍が植林したことがそのきっかけとなったそうです。

ブタクサ花粉は北海道以外のほぼ全域で見られますが、特に飛散量が多いのが関東地方です。8月の終わりころから飛び始め、10月頃までピークを迎えます。また、東北地方の一部でも9月上旬の短い時期にピークが見られます。

ヨモギ


ヨモギは全国どこにでも自生していますが、やはり関東と東北で飛散量が多いことが知られています。ピークの時期は短く、9月の上旬から中旬頃がその時期にあたります。

カナムグラ


カナムグラハ北海道以外の全域で飛散が見られますが、とくに飛散量の多いのは関東地方です。9月の上旬ころから10月の下旬にかけてピークが見られます。その他の地域ではそれほど飛散量は多くないようです。

花粉症の原因って何ですか?

直接的原因


花粉症の直接的な原因はもちろん花粉です。アレルゲンを吸入することでそれを追いだそうとする体の免疫機能が働く訳ですが、それによってくしゃみや鼻水、咳といった現象が現れる訳です。

本当の原因


花粉症の本当の原因は花粉ではなく、私たちの体の方にあります。花粉が入った程度ではそれほど過剰に反応しなくても構わない免疫系に異常が生じ、必要以上に追い出そうと努めることで強い症状が現れます。

これには私たちの生活習慣が関与していると言われています。生活リズムが乱れ、自律神経のバランスが悪くなると、免疫機能に異常が生じ、鼻やのどをやられるという訳です。

花粉症を予防するにはどうしたらいいですか?


花粉から身を守る


花粉症を予防するにはまず、花粉を吸入しないようにすることが大事です。外出の際にはマスクやゴーグルをすると良いでしょう。ゴーグルが恥ずかしい人は、メガネをかけているだけでも何もしないよりはマシです。

また、外出から帰ってきたら家に入る前に服や髪に付着した花粉を落としましょう。洗濯物は外に干さないようにし、家の湿度を保ってこまめに掃除をするようにしましょう。

体質改善


花粉症になってしまうのは花粉だけではなく、自分の体にも原因があります。生活習慣を改め、自律神経の機能を高めるようにしましょう。カギとなるのは栄養と睡眠です。

花粉症を根本的に治すには体質改善を!

以前は花粉症というと、コップにたまった水があふれるように、体にたまった花粉が限界量を超えると発症すると思われていました。

ただ、その考え方だと老人はみな花粉症ということになり、理屈に合いません。

花粉症の本当の原因は体質にあります。規則正しい生活で花粉症を根本的に治しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎について