花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の体験談

雨が降っているときは花粉症が気になりにくいです

医師確認済み

雨が降っているときは花粉症が気になりにくいです

花粉症になるまでは花粉のことを意識することもなく、テレビで騒がれているときも他人事のようでまったく気にすることもありませんでした。
しかし、発症してしまってからは、花粉が多い時期に出かけることのつらさを実感しています。花粉が多くて風が強い日などは、マスクなどの対策をしないといけません。目がかゆくなったり、鼻水が止まらないなど軽い症状ではあるのですが、それがずっと続くのは地味にきついものでした。
花粉症になってから考えるようになったことが天気の重要性です。晴れた日と比べて、雨の日は花粉による症状が発生しにくいことを実感しています。雨が降ることによって、花粉が空気中に舞う量が減るということがポイントになっていることに気が付きました。花粉が多い時期は出かけたいと思っても、花粉が気になって臆病になってしまうものです。しかし、雨の日なら花粉が飛びにくく、症状も発生しにくいので、思い切って遠くに出かけることもできるようになりました。

雨なのに花粉症の症状がひどい理由がわかりました

私は年々花粉症の症状がひどくなり、毎年今年が一番ひどいと感じていますが、日々の生活の中でも雨の日が一番辛く感じます。よく、そのような日は花粉が飛ばないので体がとても楽だと言われていますが、私の場合はそれとは全く逆で晴れている日よりも過ごしにくいのです。くしゃみの回数は増え、目はかきむしりたくなるほどかゆく、鼻水はかんでもかんでも出てくるので、頭がぼーっとして思考能力がゼロになってしまいます。
何でこんなにも辛くなるのか病院の先生に聞いたところ、前の日に飛んだ花粉が地面に落ち、雨が降ることで花粉が地面から舞い上がるために、そのような日でも花粉症の症状が出ると言われました。
私だけがおかしいのかと少し考えてしまっていたので、そうではないということが判明し、先生にあなただけではないですから大丈夫ですよと、声をかけてもらったことで憂鬱ではなくなりました。雨の日でも症状は出ますが、病院の先生に相談すると今まで気になっていたこともすんなりと受け入れられるので不思議です。

花粉症が雨の日にひどくなるのは意外な原因だった

花粉症もちの私は晴れている日よりも、どちらかというと雨の日のほうが症状がひどくなることが多くありました。
いつもの様に花粉症の処方をしてもらうために病院にいき、そのことを伝えると、どうやら気圧が関係しているからそうなるのだと医師から教えてもらいました。晴れている日は気圧が高いので、ヒスタミンの分泌もそこまで多くはないのですが、雨の日になると気圧が下がるため、ヒスタミンの分泌が多くなり、アレルギーを抱えている人はその症状がひどくなってしまうと言うメカニズムを教えてくれました。ですから気候が変化するときにはマスクなどを装着する以外にも生活リズムを一定に保つようにしてストレスをためないことが一番だと医師から指示を受けました。雨の日は花粉が飛ぶ量が少ないと思われがちですが晴れている日と同じように花粉が飛んでいるので油断は出来ません。花粉症を持っている方はぜひ気候に合わせた対策方法をとるようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!

花粉症とは、主に植物の花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などを引き起こす病気です。

花粉症を起こす代表的な植物としてスギがありますが、そのほか、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギなども花粉症を起こします。花粉が飛ぶ時期が毎年決まっており、スギ花粉であれば2月末~5月初めにさまざまな症状が出ます。いまや日本人の3人に1人が花粉症といわれているくらい、患者数が多い病気です。

ご自身の花粉症についてチェックしましょう。

1 /15

春または秋に、目がかゆくなる

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の他の体験談

アレルギー疾患の体験談

  • アレルギーで肌や目がかゆい

    アレルギー・かゆい

    私の場合、多くの方が悩んでいるアレルギーの花粉症のように鼻水が出るといったわかりやすい形ではなく、なんとなくかゆいということからアレルギーに気が付きました。はじめは何となく目に不快感を感じていたのですが、そのうちはっきりしたかゆみになって前が見えないほどになります。毎年同じ時期に、ちょうど花粉症と同時期に起こるので、花粉によるアレルギーだと思います。目だけではなく、肌にかゆみを感じることもありま…続きをみる
  • アレルギー、何科に行けばいい?

    アレルギー・何科

    食物、金属、薬、もしくはアトピーといったアレルギーがおこった場合、何科に行けばいいのか迷った経験はありませんか? 症状がでた「身体の部位」に着目することで何科に行けばいいのかおおよその検討がつきます。たとえば、食べ物を食べて腕や顔、もしくは全身の皮膚に発疹が出た場合は皮膚科に行きます。喘息で咳が止まらなくなった場合は呼吸器内科、花粉で目がかゆくなったときは眼科に行きます。例外として、子供の場合は…続きをみる
  • 食物アレルギーは完治するのか

    アレルギー・完治

    卵や乳製品、小麦製品など食物アレルギーを持っている人は結構多いと思いますが、アレルギーによって食事を制限されるのは大変だと思います。管理が大変な食物アレルギーですが、一生付き合っていかなければならないものなのでしょうか。 その答えは「人によって様々」です。一般的に、食物アレルギーが発覚するのは幼少期です。そして、大人になるにつれて自然に治るものがほとんどだと言われています。 しかし、中には大人に…続きをみる
  • アレルギーがひどくなる時期

    アレルギー・時期

    子どもの時から花粉症などのアレルギーに悩まされてきました。特に時期は春先がひどく、マスクをしても花粉症に効く薬を飲んでもほとんど効果を感じられなく、皮膚科に行ってもあまり意味がないと思っていました。今は1年中、時期を問わず、アレルギー体質の人専用の薬や治療法がたくさん出ていますが、一人ひとりに合ったものは殆どないと思います。 大切なことは生活面で神経質になり過ぎないことです。少しぐらいの病気には…続きをみる
  • アレルギーによる腫れが続く

    アレルギー・腫れ

    それまで何ともなかったのに急にアレルギー体質になってしまう事があります。私は20歳ごろまではどのような貴金属を身につけても問題なく、シルバーやゴールド、プラチナなど様々なアクセサリーを身に着けて楽しんでいたのです。 しかし20歳すぎたぐらいにゴールドのネックレスをつけてお酒を飲んでいたら、しばらくしたらそのネックレスをつけている部分が赤く腫れてきてしまったのです。くっきりと綺麗にネックレスの形に…続きをみる
健康チェック画像

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!
健康チェックする